カテゴリ:ぶつぶつ( 212 )

フェアな立ち位置で暮らしてみる。

c0053898_08352434.jpg
90年代前半に中学生だったわいは、出る杭は打たれるという言葉が
ピッタリ当てはまるようなブラックシープだったと思う。

訳の分からない校則と権力に(???)日々がクエスチョンマーク満開で、
人間的に尊敬できるような先輩はおらず、ただただ、訳の分からない時代の基準で図られた
体育会系の先輩や顧問の"しごき”や"生活指導"というのが、全く理解できなかった。
冒頭の写真のように、常にモヤがかかったようなそんなすっきりしない日々を過ごしていた。

ただ単に多感な思春期で、両親は見放さずに育ててくれたので、とてもありがたかったのだが、
この時から、都合だけで話をする公平ではない大人、一人の人として認めて欲しい承認欲求、
社会感には疑問を覚えていたのを今でも覚えていて、14歳の時の自分の根底にあるものと、
ほぼ全ての事を懐疑的に見てから考えるというスタンスは25年経った今もあまり変わっていない。

その当時、今から考えると大変失礼なのだが、(かなり上から目線で申し訳ない)
同じ年頃の子達とは話が合わない、と思っていたので、
そこまで仲良くなれる友達はいなかったし、中学時代は本当に息苦しくて、
心底早く卒業したい、と思っていた。中学の友達で連絡を今でも取るのは、
一人か二人ほど。

そんな中、同じ位置で話せる人達がいて、今で言う、"ギーク(おたく)"的な
世間からはいわゆる、ダサイと言われているような人達だったと思うけど、
色んな事を見聞できるいい機会だったので、あの人達がいてくれてよかったと思う。
っていうか、きっとわいも“ギーク”なんだと思う。それを無理して、
クラブは体育会系じゃないと、ダサイ的な訳の分からんプレッシャーに負けて、
そこに無理やりフィットしないといけないと思っていたから、苦しかったんだと思う。
今思えばわいは小学生の時から演奏会等音楽が大好きやったので、文化系なのだ、元々。

多分当時は両親もわいという問題児にいっぱいいっぱいだったと思う。が、どっかの
専門家等にちょっとしたアウトソースをして、どっかで誰かが、違う視点で見てくれて
アドバイスをしてくれてたら、もう少し人生変わっていたのかもな、
と今になって思うが、それは過ぎた事でどうしようもできない。

でもルーがもしそんな風に行き詰まったら、世間からは(???)と
理解されないような事でも、一緒の目線になって、一人の人間として話をしてやりたいし、
家族は交換が効かないのだから、忙しい忙しいと大事な事から目をそらせないようにしようと思う。
生きているだけで丸儲けなのだ、本当に。感謝せねば。


c0053898_08352429.jpg
話がそれた。
ま、そんなわいの事はいいとして、そんな自分の経験上、基本今でもフェアな横の関係というものを好む
縦の権力行使的な繋がりほど、意味の分からない繋がりはないと思っている。
わいにとっては、そういうものは時代遅れのナンセンスなものでしかない。

誰しもが憧れというものをもつのだが、憧れ、という時点で上下関係が出来てしまう。
憧れている人>自分 すでにその人が上で、自分は下になってしまっている。
他に、自分が一緒にいて(あーーー疲れるなーーーー。)と思うような人はきっと立ち位置が違う。
話しが咬み合わないなーー、この人。と思う時は大抵、フェアな立ち位置ではないから、
身を引くか、やっぱり段々フェードアウト気味に会わなくなってくるものだ。

憧れのそういう人に会った場合等にそう感じた場合は、
(わいの修行がまだ足りんねんな、切磋琢磨しよう。)と思う事にしている。
それでまた将来会った時にしっくりきて、、、と実際そういう風になった人達もいるし、
そこから繋がる何かもあると思う。
c0053898_08352494.jpg
そんな自分にめちゃくちゃしっくりきてて、自分の中で今一番ホットやなーーーと思うのが、
ソーシャルエンタープライズ(社会的企業)と呼ばれる団体様御一行。

なんじゃらほい?な人はWIKIPEDIAに詳しく書いてあるので、
そちらを参照してもらったらいいのだけれど、
社会問題の解決を目的として収益事業に取り組む事業体の事
乱暴な言い方をすれば、社会問題が解決したら社会がよくなるからその問題解決に
時間やお金を投資しようという試みであって、慈善事業とは違ってとてもフェアな関係だと思う。

慈善事業や世界的な経済援助なんかも個人的な意見で言えば、かなり上から目線で、
(私達が救ってあげなきゃ、あなた達生きられないでしょう?)的な負の永久スパイラルが出来上がっている気がする。
あなたには、自分で立て直せる能力がないでしょう?と個の可能性を否定したような
過小評価も甚だしい上下関係が見え隠れするので、なんとなく自分には合わないなーと感じている。

その点、営利起業という形でのソーシャル・エンタープライズだと、
それぞれが思う社会問題に焦点をあてて取り組み、必要であれば、
あなたに足らないスキル(技術)は◯◯だから、うちで勉強してって!
っていう明朗会計&透明性、将来への希望があるので、見ていてとても気持ちがいい。

孤立しないで、人と繋がりながら自分のステージを上げていくっていうのは、
本当に素晴らしい事だし、将来そんなソーシャル・エンタープライズな仕事が
できたらなーと思ったりもしつつ、今自分ができる事を日々切磋琢磨したいと思う。

c0053898_08450218.jpg
以前上げたStreatやKinfolk(↑)は機会があればいつでも行きたいが、
RACVという日本でいうジャフみたいな団体が発行した DEC/JAN 16の雑誌に載っていた
こういう社会的起業カフェリストがあったので、参考のために載せておきます。
メルボルンの方々でこういうのに興味があれば是非。

わいも最近なかなかリッチモンドとか、フィッツロイまで足を運べる事がないのですが、
近所に行ったら、勇んでそういうカフェを利用したい!これまた、わいはこういうものにも
フェアな関係を求めるので、笑 食べ物&コーヒーが美味しいところじゃないと、ですが。
CAFES THAT LEND A HAND (ソース:RACV DEC/JAN 16)
  • Streat Cafe, Five outlets, visit: streat.com.au
  • Feast of Merit, 117 Swan St, Richmond
  • Long Street Coffee, 45 Little Hoddle st, Richmond
  • Charcoal Lane, 136 Gertrude St, Fitzroy
  • Shebeen, 36 Manchester Lane, Melbourne
  • Kinfolk, 673 Bourke St, Melbourne
  • Lentil as Anything, Five Outlets, visit lentilasanything.com
  • Scarf, scarfcommunity.org
Shebeenはcityにあるみたいだけど、行ったことないので、行ってみたい!




[PR]
by ponzu_77 | 2016-03-08 09:10 | ぶつぶつ | Comments(0)

40手前って?!

c0053898_22165821.jpg
40歳を一ヶ月前に控えた友達が、「めっちゃ一人旅に出たいねんけど、
歳相応の旅ってどんなんさー?どこ行くんよ?って思うんよね。」とつぶやいた。

「。。。」

。。。確かにそうだ。

彼女も同じ事を言っていて、昔は“若気の至り”という名の下、ある程度無茶をして、
やばそうな地域のホステルに一晩US$1で泊まろうが、
US$5で1800kmほどを南北にバス移動しようが、痛くも痒くもなんともなかった。
噛まれたのはダニと砂浜の蟹ぐらい。笑 ただ、今それをやれ。と言われたら、
んーーー。って悩むと思う。同じラインには立てないわね。

(わいって今、どんな旅がしたい??)

ルーがいるから、っていうのもあるけれど、結婚して16年、
自分の好きなようにしてよい。っていう感覚が
ほぼ0に等しかったような、そんな気がしてならない。
結婚したから、、、一応相手が優先順位高で、と考えていた。

スー、すなわち赤の他人(だった人)と一緒に住み始めて、
共同生活をするとなれば、少なからず、相手を気遣えるパートナー、
共同体としての自分の立ち位置、というものの方が大きかったような気がする。
もう半分オージー化しているし、(日本人的な視点で見ると)わいのキャラが強烈なので、
全くそんな風には見えないだろうが、その辺はちょっと古風に【内助の功】の如く
保守的な考え方をしていたのかもな。と、この友達の歳相応の旅って?発言には、
結構考えせられるものがあった。
c0053898_22175681.jpg
活躍されているアラフォーぐらいの女性陣をインスタグラム等で見ると、
わいも行ってみたいなーと思っているカフェやレストランなんかに、
ジェットセットでビューンっと色んなところに飛んでいき、夜はお洒落して
ディナーに行くような感じで、一瞬見ていて、羨ましいと思う半面、
(いや、これは単なる暮らしの一面。水面下必死に漕いではる人もおりはるやろし。)
(わいってこういうのがしたいのか?)と自分に問いかけてみたり。
先月のシドニーの旅でも、自分が行ってみたかったお店は、全滅だった。

これは旅の話だからどんな旅がしたい?と書いてみたが、
どんな事がしたい?と言い換えると、個人主義で考えられるスペースが頭中には
全くなかった事に気がついた。だが、個人主義100%だったら、結婚生活もここまで
続いたのだろうか。でもある意味、それはただの言い訳なのか?と自問自答してみたりもする。

年齢が年齢だけに、最近では周りの友達にもそれぞれの色んなドラマがある。
それぞれが色々悩んで日々頑張って、自分達のベストを過ごしているわけで、
わいもきっとその例に漏れていないんだけど、40間際って深〜く考えた事がなかったけど、
なーるほどな、蓋が開いてみりゃー考えさせられる事結構ようけあるわ。。。と納得した次第であり。

でもそれは昨日、今日、と連チャンでヨガに行け、ちょっと内側を意識したから、
ぶわっと湧き上がってきた感情なのかもしれないな。
見ぬふりしてけど、おー。。。閉じてた蓋開けてみました?わい?みたいな。

何が言いたいねん、ちみは。と言われたら、はい、それまーーでぇよーーーなんやけど、
わい、という個人であり、母であり、妻であり、日本人であり、なんやそれを全部ひっくるめて
わい、なんやけど、なんなんや、この言い尽くされへんモヤモヤ感は。的な消化不良状態。
多分、察するに全く何も考えないで、自分の取捨選択の機会をもっと持ちたい?!!?の、か?!?

おかんらの世代を見てると、育児、母としての自分達の役回りは終了したからなのか、
そういう事には一切気にしていないように見えて、(旦那は置いといて)どこどこの友達と一緒に
どこどこ行くねんー♬と、個人主義を謳歌している方々が多いので、60を過ぎると、
そうなってくるのかなーと思いつつ。
(女性はこうして元気でも、退職してから自分の趣味がない旦那さん達はヤヴァイよね。)(;´∀`)


まーなにはともあれ考えるいい機会でした、友達のこの一言。
全く何も考えずに、いきなりボーン!とこの40事変が来て、一気にKOされたら、
ダメージすごすぎるやろし、徐々にこういう事を小出し小出しで、
うじうじやりながら、40を迎える準備っていう感じなんでしょうね。
って後まだ1.5年ほどありますが。

[PR]
by ponzu_77 | 2016-03-05 22:18 | ぶつぶつ | Comments(0)

誘われる内が花 大阪婦人会 イン メルボルン

c0053898_16502428.jpg
めっちゃ久しぶりに女子会で夜出掛けた時の一枚。
夕日がキレイで、なんとなく幸先良さそう、あーきっとこれから楽しいんやわ、と希望が
もてた日なのでした。

この日はおかんらが来る当日。笑 でもそれを逃すと次は3月末だったので、
この際もう一気にやってまおう!と決行。メルボルンで、
またおもろいご縁が増えました。笑 女子4人だったのですが、
予約の時点、登場の仕方から突っ込みどころ満載の会合で、
久々にあんなおしっこちびりそうなぐらい笑った夜でした。

ツッコミのてんぽとか、そういうところは、ほんま同郷一緒で、
しかも参加者一人は実家がチャリで3分弱という超ご近所さんで、
同じメルボルンに住んでおかん業をしているのが不思議です。

c0053898_16502475.jpg
おかんが来る前にヘベレケでお迎えは出来ないと思い、
メルボルンの韓国料理屋にはかなりの確率でおいてあるというカルピス風飲料を。
めっちゃ懐かしい銭湯で飲んでたような味がしました!




昨日は14年目のつきあいになる、共同体のような親戚みたいな、
来メルボルン時に一緒に英語学校に通っていた友達家族4組と
晩ごはん会で死ぬほど笑って、やっぱり気心の知れた友達っていいなーと
思った今日このごろなのでした。Eちゃんがその英語学校時代から話してた、
トムキャットで盛り上がって一晩。笑 当時はまたこの子ー言うてるわー言うて、
流してましたが、このバンドをしらなくて、昨日初めてyoutube見てバカウケ!!!
ダイナマイッって終わる歌どうよ?!みたいな。笑

2月おかんら帰って寂しいですが、周りの友達がありがたいです♡
がんばるどー。。。


[PR]
by ponzu_77 | 2016-02-21 17:08 | ぶつぶつ | Comments(0)

英語という言語へのズレ

c0053898_10063702.jpg
昨日からメルボルンでは新学期。友人らのSNSページでは、
今日から小学校!の微笑ましい写真が多数アップされていて、
子供の成長って本当に早いものだなーーーーと、感慨深く見ている。

おぎゃー!と最初の一年は(これか?あれか?あーそうか。)と
手探りで面倒を見ていたら、3年後には大体の意思の疎通が出来て、
5年後には社会デビューを果たすんだから、それは目覚ましい成長の記録で、
見る度に、(お母さん、お父さん、本当によく頑張ったねー。)と思わず
顔がほころんでしまう。^^



日本では4月から新学期、良い季節だと思う。
その新学期に向けてか、よくネットの広告等で、留学しよう!とかが出てきて、
よく目にするのが、米英語と英語は違います。とか、ある意味、
どっちでもええがな!というもの。

そんな事を若者達に強調するよりかは、あなたは(今)何をしたいのか?
いう事を、留学希望であればそういう事を一緒に導き出してやる事を
一番の念頭に置いてやるのがいいのでは?と思ってしまう。
この英語習得への感覚のズレって一体。。。。なんでそこにフォーカスを当てるのか、
不思議でしょうがない。もし自分が留学カウンセラーだったら、
絶対一番のポイントはそこに絞る。

正直、ネイティブの人から見たら英語を話すか、米語を話すのか、
南アフリカ英語なのか、はたまたシンガーポール英語、アイルランド英語なのか、
ウェルシュ英語なのか、ピジョン英語訛りなのか、とか(あ、この人の文化背景/環境なのね)的には
ふと思うかもしれないけれど、そんな英語の違いって、ほぼ意識していないことのように思える。

今、留学人口とかって減っていて、冒険する若者達が減ったっていうニュースもよく見るけど、
結局はそんな次元にフォーカスを当てているから、行ったとしても見えない事への不安からつまずいちゃったり、
自分で考えて、こういう事がしてみたい。っていう意識が少ない人達が減っていくんじゃないだろうか。
もっとビッグ(としちゃん。笑)なスケールで物事見ましょうよーって思っちゃう。


[PR]
by ponzu_77 | 2016-01-29 10:15 | ぶつぶつ | Comments(3)

2015年最後のご挨拶

今年最後の日になりました。
以前ほど更新もできないままですが、
覗きに来て下さる方がいて大変感謝しております。

2015年を振り返ってみると、ルーが1歳だった時と比べて、
身体の風邪の引き具合なんかもそんなになく、
【弱っている】と感じる事も少なくなってきたので、良かったんですが、
メンタル的に辛い日々が多かった気がします。

自分軸がグラグラ揺らされた一年だったように思います。
よく考えると前代未聞な勢いなほど、対人関係がすごく大変でした。(-_-;)
特に上半期。

自分の感性や経験から、良かれと思ってやってみても、相手にとっては
全くそう思っている事がなかったりで、一人で空回りしてみたり、
そんな事がめちゃくちゃ多くて、精神的に疲れて、ある日突然、
ぷつっと糸が切れたように、やる気がなくなって、自分は自分、
人は人、と割りきれるように、昔から知っている親しい最小限の人としか会わなくなったりして、
仕事と家族だけに専念しようと心入れ替えた上半期でした。

(???)な理解できない事(英語の問題とかじゃなくて)を平気で言ってくる人達や、
常識が違う人達とも何人か出会って、今迄出会って来てた人達のドンピシャ感は
どういった巡りだったんだ。と過去を振り返ってみたり。笑

年齢もアラフォーだけに、自分が若かった頃はこんな風に振る舞っていたんだろうか。的に考えさせられる事も
多かったりして、年末最後の方は【なるようにしかならない。その日自分ができることだけを精一杯やる】と無理やり
結論づけていたりもしました。

でも2016年はもっときっちり自分が心地いい事に取捨選択が
迫られるようなので、きっとこれもそういう流れだったんだな、と
今になってやっとそう思えます。

イケダハヤトさんのブログ経由で知った、はあちゅうさんという方が書かれたのを見て、
少し気持ちがすーっとしました。【人】に振り回されまくりましたが、
来年の人との出会いは無理せずに、で行きます。それこそ、必要な時に
会うべき必要性のある人が出てくるんだろうということで。
(前略)
人と人との関係は、ただ会うこと自体や会う回数にはそれほど価値はなくて、対等な立場で話した時に、同じ目標を見ていたり、心から理解し合えたりすることに、初めて価値と喜びがあるのだと思います。
そして、お互いの人生に必要な人とは、無理をしなくても然るべきタイミングで会え、会った時には心から「この人だ!」とお互いに思うはずです

大人のいいところは、一回会うだけでも、親友になれること。心の位置が同じ人をかぎ分ける能力が成長とともに備わっていくのだと思います。
だから、「会いたい人に会えるようになる」ことは、自分の努力が実った時のご褒美の一つだと思っています。

そのようなので、来年も無理せず自分ペースでじっくり物事見極めてやっていけるように頑張ります!
こんなブログですが、来年もよろしくおねがいします。

[PR]
by ponzu_77 | 2015-12-30 22:44 | ぶつぶつ | Comments(0)

運気低迷モヤモヤ中(だと思う)&夢のお話

運気低迷モヤモヤ中っぽいです、わたくし、最近。
鬱々していて気分が晴れないんです。

が、夢の世界はちょっと充実しておりまして、
しかも不思議とこの2,3ヶ月の内に毎回必ず出てくるお店があるんです。
インド人オーナーのフリッツ屋(フライドポテト)。何故か。笑
キューバとかシンガーポールにありそうな、壁のペンキがはがれたような、
コロニアル調のカオス感溢れるビルの路地に佇むこの角のお店。小道を挟んだ向かいには、
ショッピングセンターに続く入り口があります。

昨日見た夢で3度目の登場でした。しかも起きてもすごくビビッドに
印象が残っていて、はたまた将来行くお店なのかなんなのか。

昨日はなんとけだまちゃんとガッツリ夢の中で遊んでいて、
最後にけだまちゃんが、このフリッツ屋のカウンターの後の床に
潜んでいた(昨日初めて知った。笑)地下に続く階段へ進んでいって、
ちょっと待ってーーーーーーーというところで、目が覚めました。

なんじゃらほい。びっくりぽん。笑

こうも同じところばかり出てくるので、なんか意味があるのかなー、
フライドポテト食べたいんか?いや、それかポテト屋に就職するんか?何なのか。です、ほんまに。

c0053898_21000069.png

先日、このインターステラーという映画を見ました。
SFが大好物なわいにはもう、やっばいぐらいツボで、多分ここ数年見た映画の中で
一番好きだった映画!!久々にめっさ泣いたし、映画見て。

ブラックホールやらワームホール、宇宙、タイムスリップの過去のお話とか、
この手のお話が嫌いな人には、絶対に相性悪そうな映画ですが、
このフリッツ屋も同じような関連で、何か伝えたい事があるんだろうか。
気づいてない何かがあるんだろうか。とかふと思ったりしました。

久しぶりに怪しいーーースピリチャル方面に進んだもろてん。ですが、笑
ま、ちょっと内観する期間に入っているのかな、と。(何だこのもやもやは。)と
思う事も多かったりして、先日同じような彼女のもやもやを経験した友達と、
モヤモヤ会でも作ろうか?とか冗談で話していましたが、このもやもやっていう表現法を言い出した人、天才!
本当にこのもやもやっていう晴れない気持ち、的確にあらわしてますね。

でもとどのつまり、色々考えてもどーにもならなかったりすることなので、メキシコスピリット的に
明日には明日の風が吹くで一日過ごすことに集中して暮らそうと思います。




[PR]
by ponzu_77 | 2015-10-22 21:21 | ぶつぶつ | Comments(0)

40ドル分のメッセージ。

あり得ないほどのポカ続き。しかも二日連チャン。

一昨日は仕事お休み+ルー保育園の日。一ヶ月に一度の一人の時間。
朝から髪切に行って、気になるとこにランチ行って、
友達とお茶して、〆は久しぶりに好きなアーティストのエキシビションと
盛りだくさんの内容。でも帰り際に、あーmyki落としたーーーー。
しかもそんな時に限ってめっちゃ久しぶりに20ドル分チャージした〜みたいな。
とほほ。

そして本日は1時間居残りミーティング後、電車遅れてる、やばい、
お迎え時間が迫っている。ぬぉー!リミットの30分前に家について、
さーはよ行かなーーーと思った瞬間に家の鍵を忘れた事に気づき、
プランA&Bの合鍵2つとも全滅。(/_;) 駅でタクシー拾って迎えに行って、痛い出費。
20ドルタダ働きでしたがな、みたいな。とほほ。

て両方20ドルというのがキーワードっていうのが、なんなんだ。みたいな。笑

結局ルー、最後の一人での居残りでしたが、意外に朝の寝そべって駄々こねしてた時とは
えらい違いで機嫌よくて、よかった。これで一人寂しそうにショボーンだったら、
母ちゃんまで余計ショボーンだったよ。(-_-;)

本来5分遅れおきに10ドルチャージされるものの、保育所到着が
6時1分とかだったので、父の日映画ナイトで集まっていた両親達の手前上もあるのか、
「今日、今日だけは(二回言われた。笑)チャージなしにしてあげるわー。」と言われ、
ありがたかった。しかもルーがタクシーに乗れて嬉しそうだったので、
まーよかった。運転手さんもいい人だったし。ごめんね、こんな近距離で。
また列に並ばなきゃいけなくてすまん。とほんの少しだけ心づけ。

スーが帰ってくるまで、お隣さんが招いてくれて、お夕飯時なのに
お邪魔させていただき、スーが帰ってくるまでには、
眼から鱗的なぐらいの為になるお話が聞けたので、
40ドル分はそのレッスン代だった、という風に考えるようにする。
今迄????どうやってやってんだ????とここ数年考えていた事が解決したので、
40ドルは安かった。笑 って詳しく知っている人が一番近所にいたなんて、
と灯台下暗し。その彼が「今日は鍵忘れる運命やってんって、きっと。」と。なーるほど。笑

それにしても注意散漫。自分のエネルギーがあちこちに飛び散っております。
正確には飛び散らされていたので、またすいーっと一つにまとめなきゃ。
2度ある事は3度あるかもしれないので、気を引き締めていかねば。
まずは合鍵をまたお隣さんに預けにいかなきゃー。

親しい人達を見たら、なんとなくみんな新しい出口に向かって【動】な感じで、
色々やっているので、そういう時期なのかもなー。
なんか年末辺りにパラダイムシフトの可能性がある、とか色々言われているのを
よくネットでちらほらみるので、みんなその準備か。
と怪しい方面に思いを馳せてみたりする。笑

しかし先週と比べたらココロ晴れ晴れ。

同じ誕生日の友達とどうよ?最近、とメッセージ送ったりしてたら、
あ、あなたも同じの見ていたのね、と真剣には読まなかったけど、
昨日また久々にじっくり読んでみたらビックリ。

乙女座 2015/9/7-9/13の空模様。

今週末13日、貴方の星座で日食が起こります。日食は「特別な新月」で、大事な、少し不思議な「はじまり」を象徴します。今週から来週にかけて、大きなことを始める人もいるでしょう。あるいは、ほんのささやかな決断からだんだんに未来に向かって驚くほど大きな樹木が育っていくのかもしれません。ドラマのようなターニングポイントを経験する人もたぶん、いるだろうとおもいます。私たちは、物事がうまくいかないときつい、自分を責めたり、だれかを責めたりして「もっとうまくいくはずなのに」と嘆息します。もし、今のあなたがそうした状態にあるなら今週、その状態から抜け出せるでしょう。自他を責めることから抜け出して「何も悪くはない」と思い直したときに本当の解決策が見つかってそこが、「特別なはじまり」の第一歩となるかもしれません。

本当に、ある状態から抜けだしたので、石井さんの占いは
まんザラでもない気がする。運命って本当あるんやと思うなー。
何やアップ&ダウンがすんごい激しい一週間やったけど、
わいが今日鍵を忘れなかったら、、、と思うと今後のヒントになりそうな鍵は
もらえなかったのかもしれないし、ほんま運命って面白い。

マイキ落としてショボーンて言うてたら、
一つ捨ててはまた入る、と友達談。笑 
ほんまに入ってきたがなーー。笑



[PR]
by ponzu_77 | 2015-09-09 22:49 | ぶつぶつ | Comments(6)

また次の波が来そうな予感です。

c0053898_08365982.jpg
思考→そしてそれに伴った行動というのは、ぐるぐる巡り巡って、
また自分に返ってくると思う。カルマってやっぱりあると思う。

オーストラリアでは会計年度が終わり、7月1日からまた新しい年。
西洋暦新年1月1日以降も、多文化主義の恩恵を受け華僑やベトナム系移民
の旧正月の関係で、毎年2月後半辺りにはまたぴしっと背筋を正しくする感じで、
そして7月1日から、またなんとなく新しい年、と思えるような気がする。

人生の節目にとか、年単位とか、厄年だからとか、
少し大きい単位でそういう振り返る事をやっている人が多いけど、
一年の内の数カ月ごとにまた新しい自分だ。って気持ちを入れ替えるっていうのも、
気分転換にいいのかもしれない。少なくとも、育児疲れ気味の
わいには有効的だ。笑

これと+満月&新月の満ち欠け、+月経で一月の内にも、
新しい気分になれる事ができるんだと信じている。笑
今月はちょっと今までになく瘀血に逆戻りしているので、
晩酌も控え目に、身体労らないとである。(;´д`)トホホ…。



先週はスーも激忙で、案の定、金晩から風邪で寝込んでしまった。
一昨日の晩は一人の静かな夜。そうして振り返ってみると今年はなんだかんだで今迄、
かなり恵まれ順風満帆だった人間関係のテコ入れ時期に来ている気がする。

結局のところ、人生の内に許される時間って限られている訳で、
ルーの事もあって、なかなか自分用に取れる時間てそうそうないのだけれど、
じっと考えてみると、今迄アホみたいに予定を作って出掛けてた時があって、
そんなで今は疎遠になってフェイスブックだけの繋がりとかになった人もいるけれど、
とどのつまり、そこで関係性が終わるのであればそれまでだった、ということだ。
セラヴィ。

アラフォーの歳になって、一緒にいて自分も高めてくれるような、
おもろい事をやっている人か、私/僕こんな事が今好きでね、こんなプロジェクトやってますとか
自分で人生を切り開いていけるような人にしか興味が湧かなくなった。
一生懸命に今できることに取り組んでいる人。対等な関係じゃないと、
すごく疲れる自分がいるのを発見。人間関係においても、断捨離時代突入かな、と。

そんな事を考えている矢先に、思ってもみなかったような「どぇ〜〜〜〜????」と
いうような事があって、それに伴い、自分の周りでも
「どぃーーーーーーー。」という不思議な波が来ているっぽい。
どうにもこうにも、自分の意思とは裏腹に物事ってやってくるのね。
捨てると入ってくるって本当なのかもな。
でも自然に逆らうっていうのは、やっぱ無理なんだべ。色んな意味で。笑
セラヴィ。

ガッツフィーリング(内臓の気持ち 笑)という英語があるけれど、
直感といえばわかりやすいか、そういう内臓全体で何か来るぞ、これ。と
いうのを感じる。ちょっとしたゾワゾワ感というか、そんなの。
少し丹田に力を入れて、気合いれることにする。



[PR]
by ponzu_77 | 2015-07-26 09:17 | ぶつぶつ | Comments(0)

染みました。ありがとうございました。

c0053898_22553301.jpg
今日から7月。
みなさん、先日はいきなり普段書かないようなネガティブ満載な記事を書いてしまい、
お目汚し大変失礼いたしました。

2年半ほどの長期戦で、本当にもう我慢の限界で、どこかにこの感情を
ぶつけないとやっていけないような気がしてしまい、あんな記事に
なりました。

ブログをやってきて10年にして、初めてあんな記事だった、というのは
ラッキーだったのかもしれませんが、わいを知る友達にはメールをいただいたり、
なんとなく一人で悩まなくてもいいのかも。と思うと、気が楽になって元気が湧いてきました。
本当に皆さんからのコメントが身に沁みました。ありがとうございました。^^

問題をオープンにすることで、気が休まるのは不思議ですね。
アルコールやドラッグの問題を抱える人達が、その辛かった体験や事情などを
円になってみんなでシェアしたりするのをよくTVや映画で見ますが、
問題が一度透明になって外に出て行くと、心が開放されるんでしょうか、
客観的に自分が見えてくるのかな?あるいは、自分は一人じゃない、と思えるのかな。
そんな事を今日考えていました。

いただいたコメントを読ませていただいて、みんなアップ&ダウンしつつも、
何かしらここから、それぞれに感じて、もろていってくださるものがあるようで、
本当に嬉しく思っています。読んでくださってありがとう。

そして、ある意味、それを気づかせてくれた“あなた”にも感謝すべきなのかもしれません。
今迄の出来事はなかったものとして、無の境地を目指して考えないようにします。
怒りに身を任せていたら、肝臓に傷がつきますしね。労らないと♡

c0053898_22580230.jpg
今日は満月ですね。今日の仕事の帰りに、
ぽっかりと浮かび上がってきた大きなお月様。

知り合いの方によると、今月の満月は木星と金星がすっごい近い距離にあるらしく、
前回にそれが起こったのが2000年前の事らしく、なんとなく見とれてしまうような、
そんなお月様だったので、なるほどな、と納得でした。

自然も満ちては欠け、淘汰されてはまた芽吹き、そんな繰り返しを
ずーっとやっていて、少なくともわいも同じような事をやっているので、
自分も自然の一部。不思議とまた自分軸にぼよよ〜〜んと戻れた気がしました。

満月だからかなんだか目が冴えて眠れないけど、明日に備えて
頑張って眠ることにします。笑 

もろてん。平常運転に戻ります。
ご心配をおかけしました。



[PR]
by ponzu_77 | 2015-07-01 23:11 | ぶつぶつ | Comments(13)

否定しまくるあなたへ。

もういい加減やめてもらえませんか?
ストーカーまがいの事。嫌なんだったら見なければいい、ここを。
わいが書いている内容は、あなただけ一人に向けて書いているわけではない。

人の人生を否定し続けて、楽しいですか?
自分の妄想癖を膨らませて勝手に想像して、相手を否定して、
そんな事をやり続けている内に、しわくちゃになって
あーーー。と言っている間に一生なんて終わりますよ。

そんな人様の事なんて本当はどーでもいいけど、しょーもないわいに費やす
時間があったら、あなたの将来の為に時間を使った方がなんぼかマシやと思います。
今までの自分に自信がないんだったら、通信で勉強するとか、有効に
時間を使わないと、わたしもあなたも人生半分曲がり角ですよ。

今の現状を打破したいのであれば、何かしらのリスクも背負うことにはなるけど、
それを決して他人のせいにせず、自分で切り開いていくしか、しょうがないと思います。
自分が不幸なのは他人のせいだなんて、お門違いも甚だしい。

あなたの人生を生きているのは、わいではなく、あなた自身。
「ちょっと行くのん面倒くさいから、トイレ行ってきてくれへん?」と
言っていた小学校時代のような事。

あんただけちゃうで、しんどいのん。上なんて見たらキリがない。
精神的に自分で這い上がるしかできないんだもの。
自分が心地よい幸せな位置を探して、その中で小さな幸せを探すしかない。

ブログなんて、わいが感じた小さな幸せの一面を綴っているだけで、
それだけが全てだと思わないで欲しい。自分も一人でメルボルンに嫁いできて、
悔しい思いもしたし、嫌味なことも言われたこともあったけど、
ナニクソーここで負けるかーー、と思いつつ、今迄頑張ってやってきて、
ダメだった時もあるし、成功した時もあるし、それを色々かいくぐってやってきて、
今の自分がいる。あなたは苦労してないでしょ、なんて言わないで欲しい。

お金持ちの方達がファーストクラスで日本に半年に一回とか帰れたり、
ヨーロッパなんかに旅行に行けたらええけど、そんなの
現実的に無理なんだから、そういう事ができる人達を見て、
恨むのなんて、わいはしないし、それよりも自分の日常で精一杯。
他人があーだーこーだーやっているのを気にしている暇はない。

人にはそれぞれ100人いれば100人の苦労の度合いがあって、幸せの度合いも
あって、それが全てあなたの基準で回るなんて、おかしいよ。
それで人を判断しないでほしい。

エキブロってアクセス禁止とかってできるのかなー。。。はぁー。




[PR]
by ponzu_77 | 2015-06-28 18:52 | ぶつぶつ | Comments(24)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

ナイス!ええなー!同感!とか記事、情報がよかったよ!と思ったらクリックお願いします。がんばって記事書きます!
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

メルボルン ホテル

記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2016.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31