カテゴリ:旅( 106 )

シドニー子連れ(1歳&3歳児)旅 二泊三日

c0053898_07241559.jpg
自分達のペースで写真を撮ってる余裕がほぼありませんでした、シドニーの旅。笑
二日目まで蒸し蒸しの熱さになれなくて、結構手こずりました。
ホテルでも全てがなんとなくカラッとしていない感じ。

簡単にざっと自分のメモ用にまとめておこうと思います。
子供がいる目線で書いてあるので、大人だけのロマンティコーうっふん♡旅の
方々には参考にはならないと思います。

c0053898_07241482.jpg
一日目: 朝9時の便でシドニー入。10時半頃到着 
     ホテルに荷物を置きに行く。その後フィッシュマーケットでランチ、ホテルでプール
     夜は近所のタイ料理、夜のサーキュラーキー
c0053898_07241431.jpg
  • シドニーでホテルを取る時は、セントラル周辺が何かと便利かなと個人的に思っていて、
  UTSとチャイナタウンがあるためか気軽にさくっと入れるレストランが多く、しかも安い!
  本当はもっと、ニュータウンとかその辺を散策したかったけど、ルーと1歳児共には断念。(T_T)
c0053898_07241426.jpg
  バッパー時代の事もあって今迄安宿派だったが、中級ホテルに泊まると併設のプール等を利用可なので、
  子連れにはいいと思った。アクティビティがいるっていうのはそういうことね、とヒシヒシと理解。笑

  利用したのはノヴォテル。空港券と宿泊のパッケージで取りました。
  アクセントカラーの黄色が超好み!←黄色好き

  • セントラル駅、UTS側に出ようと思ったらベビーカーはかなり困難なので、要注意。  
c0053898_07241499.jpg

二日目: タロンガズー フェリー乗り場で動物園チケット買う方が着いた時に並ばなくてよい。
     シニアだと割引があるので、パスポートを見せると(人によっては、だと思うが)割びいてくれる。
     車椅子・ベビーカーレンタル($15:2016年2月現在)もあるので、前もって予約が必要。
     
c0053898_07241454.jpg

     おかんの足の都合上、フェリーを降りてバスに乗って、一番上の入り口から入園。
     で、徐々に下っていく感じ。あしかショー、パンフレットにはショーが1時からと書いてあるのに、
     実際は2時からだった。

     サーキュラーキーについてから、オペラバーで一杯飲んで帰りたかったのだけれど、
     影席を探して席についた途端、ルーが寝ている間におねしょをしてしまい、ベビーカーがベチャベチャに、
     という、今ーーーー!?!?なとんだアクシデント。と、同時にオペラハウスさくっと見学中のおかん、
     妹に変わってみていた姪っ子がお昼寝から覚めて、ぐずり始め、もう無理!と、
     ボタニックガーデンへと避難した。(T_T) あーぁ。。。そんなもんよね、でもきっと。

     当分、洒落た場所はおあずけ。涙 地上階にあがりたくてセキュリティの人に聞いたら、
     「リフトはない。エスカレーターで上がりなはれ。」との事。えー!?!?そんなことある?!
     結局エレベーターが探しきれず、大変困った、あの界隈。

     みな疲れきって、夜は寿司をテイクアウェイして、ホテルで食べた。チ~ン

c0053898_07241566.jpg

三日目: マンリー半日。フェリーは30分おきに出ている。海辺でランチ、姪っ子初海目的
     マンリーまで30分かかるので、往復1時間の移動時間、+ラッシュ前には空港に
     着いておきたかったので、それを考えると全くゆっくりできなかったので残念。

     ベビーカー2台を押して入れるお店をそう簡単に見つけきらなかったので、芝生に座って
     唯一近くで開いていた昔からあるらしいヘルスフード系のお店で食べた。マンリーの写真、
     ほぼない!!!涙 一杯一杯やったんやな。。。
          
     5時ちょっと前に空港到着。6時40分の便でメルボルンへ。
     8時15分メルボルン着。お腹が空いていたのでT3内で食べてから帰る。

  • セントラル駅構内、ロッカー無し。よって、ホテルに預けておくのが一番無難。


  • メルボルンのMyki版、シドニーのOPAL $15(エアポート行き運賃を除いて)週末は$2.5で乗り放題?しかも
 一日$30ほどで頭打ちがある!?一時間以内だとフェリー+電車、バス等距離を勝手に
 計算して割り引いてくれたりする。詳しくはOPALのページ見てみてください。

 残高の返金は可能だけれど、オーストラリア国内に銀行口座を持つ人のみ。なんちゅー!
 世界中から来るシドニーの旅行者の数を考えたら、すげー悪徳商売。笑 

 人件費削減のためか、有人のカードチャージブースがほぼ全滅。
 乗り場に一台のトップアップ機械があるのみで、すんごいまごまごしている人もいるし、
 機械も思うように反応がよくなかったりで、このせいでフェリーも一本逃した。(T_T) 
 スーのイライラ度もマックスに!ノーーーーー!!!

 なので、ご利用は計画的に、が功を奏すると思う!乗るのであれば、空いている時に
 張り切ってチャージが一番いいと思う。



  • 今回パッケージでタイガー利用。往復航空券、ホテル二泊+朝食付き。
 タラマリンT3ターミナルがグレードアップしていて、
 かなり空いていて使いやすかったので、これからもっとタイガー利用したい!
 しかもT3からしか行けないエアポートドライブとかいう素晴らしいガラ空きの道も
 新しく出来ていたので、これはかなり使えそう!(メルボルン西側の人には特にお勧めだ!)

 座席前に座っていた○TA旅行会社関係者一列、会社がタイアップしている感が否めない。
 その会社に努めているマザーズグループのママ友もタイガー絶賛だったし、
 御一行様も「タイガーがジェット✩より熱いよね!」と強く熱弁されていた。
 が、今回数年ぶりに乗って、まさにその通り!と思った。全然悪くない!
 しかもジェットより安い、となれば、次はアデレード!!

 タラマリンT3は不可能だったけど(ベビーカー貸し出しもなし、T1の国際線ジェットスターも無理!涙
 で、ジェットスターゲートまですんごい歩くことになります。お覚悟を。手荷物できるだけ身軽が楽かと。)
 シドニーエアポート(国内線)では搭乗口までベビーカーを持っていけたのでとても楽だった。
 が、メルボルンに着いてからカルーセルに出ていなくてクレームじゃー!と焦っていたら、
 オーバーサイズの荷物であろう物と一緒に放られていた。一言言うといてよねー。

 本来、旅行者はパスポート携帯が義務だと思うんだけど、メルボルンで国内旅行する時に
 おかんらは提示を聞かれた事ないけど、ウルル行った時や今回シドニー行った時、身分証明チェックがすごく
 厳しく、基本ホスピタリティ産業に付いている人達の顔が険しい気がする。
 国内でも旅行者は身分証明書がいるんだけど、なんであんなメルボルンの
 空港職員達は基本大らかなの??笑 手荷物検査の時も職員、ずーっと話しかけてくるし。

 必殺の〆言葉 hahhha---- good on ya mate, see ya. 的に笑顔で、この違いは一体?だった。
 旅行者で行くとシドニーより、断然メルボルンの方が移民としてはやりやすいと思う。
 一概には言えないんだろうけど、大阪と東京的なものをざっくりと感じるかな。しかもメルボルンと大阪、姉妹都市だし。
 あんな素晴らしい気候なシドニーだから、全体的な人柄もふわーーっとゆる〜〜い感じなのかな〜〜と思いきや、
 人のフレンドリーさは毎回シドニーに行く度に軍配がメルボルンに上がるな。住んでみるとまた違うんだろうけどね。
 勝手な個人的な感想なので、さら〜〜〜っと流してください。



  • 後、個人的に日本から来る方に要注意だと思うのが、ワンタッチですぐ折り畳めるような
 軽量ベビーカーはこちらの悪い道にはすっごい難しいかも。場所取らずで楽だけど、
 ちょっとした段差にもガッ!っとつんのめっちゃうし、電車乗り降りもちょっとしんどいかも。
 コンパクトタイプのものは日よけもそうしっかりしていないと思うので、日本の8倍だと言われる
 紫外線に姪っ子ちゃんも真っ黒になっていたけど、帽子も取っちゃう年頃だし、日よけ対策は万全に。
 街歩きの時も影を歩く等気をつけて上げた方がいい。

[PR]
by ponzu_77 | 2016-02-24 08:04 | | Comments(0)

3歳&1歳児と一緒にメルボルン観光

c0053898_15282994.jpg
先週に見送ってから、本当にどっと疲れが出てきたみたいで、
ルーと一緒にお昼寝したりしてのんびり過ごしています。

今回の旅はわいも妹も母になり、三世代で
ウロウロするのに以前とは形態が変わりました。
3歳児と1歳児がどこに行くにも着いてきます。笑
旅行や行動形態を子供主体にシフトしなければいけない、というのを
本当ここ3年身に沁みて理解し始めました。
c0053898_15282978.jpg
おかんらが来てた時は、本当に晴天続きのメルボルンで
いい時期でした。こんなに安定した天気だったメルボルンって
いうのも本当珍しかったような。庭のバラ達も満開でおかんが
生けてくれたりして、バラの香りがよかった。

さて今回はおかんの椎間板ヘルニアもあって、足の良し悪しで
動くことになると思っていたので、ざっくりとしたメインイベントだけは
決めていましたが、旅程らしきものはそう決めていませんでした。

近所の運動センターに託児所があるので、そこにルーと姪っ子を預けて
おかんと妹とボディバランスとか運動クラス行ったり、地域密着型の一週間でした。
センターにプールもあるので、1歳姪っ子も初プールデビューもして、親は「日本やったら
してないわー。って水着着るの何年ぶりやろ?」姪っ子ワイワイ♡といった具合でした。

c0053898_15282916.jpg
近所のショッピングセンターにも行ったりして、
あと、普段自分とルーだけだと食べないようなものも色々デビューしてみたり。笑
c0053898_15400501.jpg
cityのバークst に出来た新しいうどん屋さん、めっさよかった!
大根おろしとかわかめ、ネギ等のトッピングはタダなので、
海老天とルーも食べるので大盛り(+2$)にして$8いかなかったような?!
うどん大好きなのでこれからこのうどん屋さん、ヘビロテだと思う!笑 

ルーもぺろりと食べてたし、座席もカジュアルな感じで、
家族で行きやすい雰囲気でした。cityでランチは当分ここだ。笑
いっこうりゅうのラーメンも食べてみたいけどなー。

c0053898_15451298.jpg
今回のメルボルンでのメインイベントはパッフィンビリー。
わいも来メル14年目にして初!今迄友達が来た時とかも一緒に乗ろうよ、と誘われても
乗らず(地上からの撮影/移動隊に徹した)いつか自分が子供が出来て、
家族が来た時にーーと大事にとってあったので、
とうとうこの時キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! きたー!と自分も盛り上がりました。笑


==============================
ベルグレーブに行くまで
==============================
 
この時折しも旧正月スタートして、中国人人口爆発で、
一瞬(ん?取れるか?)と悲壮感漂ったのですが、ウェブで
予約できるので(しらんかった)、行きたい人は早めにしておいた方が良さそうです。
行く数日前は満員だったのに、行く前日には空きがあったので、無事乗れました。

始発駅のベルグレーブにたどり着くまでも、車が定員オーバーで、レンタカーも借りる?と
見てみたら身障者用ムーバーしか空きがなく、一日$170ほどで、翌日のシドニー行きの時間と
合わなかったので断念して、おかんとわいだけ電車でベルグレーブに行くことにしました。
スナック持って、朝早く出て久々にゆっくり話せたのでそれはそれで楽しかったです、
1時間半ほどの電車旅。^^ ベルグレーブ駅を出たら、パッフィンビリーのサインがあるので、
スロープを辿っていけます。(ベビーカー可能)

駅にはオムツ替えのできるトイレもあります。安心してください。←これおかんに聞いた。笑


==============================
さぁ、乗ろう!
==============================

今回はベルグレーブ〜レイクサイド間の1時間ほどの旅で、
正直、途中若干間延びした感ありましたが、道中ローカルの人達が家から手を降ってくれたり、
車から手を降ってくれたりと、コミュニティのサポートがあって、
成り立っているんだなーと、じーん。。。(*^_^*)

レイクサイド駅併設になっている最寄りのエメラルドレイクパークには
そこに子供が遊べるプレイグラウンド、小さい子供プール(!)、
貸出ボート、芝生エリアがあったので、30分の休憩だけで乗るはずだった一本を逃して、
みんなでゆっくり1時間ほどランチしました。
今度晴れた日にまたここ来たいなーと思ったほどわいら的にはヒットでした。


==============================
楽しむポイント
==============================

駅構内に軽食コーナーもありますが、踏切渡って公園出て左手に
ミルクバー的なカフェがあります。そこでもまーまーなサンドイッチとかチップス、
コーヒー、ドリンクが買えますが、味はそこそこ。なので、

週末のお昼時に乗るのなら、ランチ/食べ物を持っていけそうだったら、
自分達で持って行った方がいいですね、きっと。若干億劫に感じる持ち込みですが、
座席の下に荷物を入れられるようになっていたので、お弁当持っていけばよかった。
(この日、実は持って行ってたけどバタバタしていて車内に置いてきてしまった、という。(T_T))

小学校ぐらいの子達なら我慢できるのでしょうが、3歳+1歳とかだと、
愚図ってもいいように、水やらちょっとしたスナックは必須です。
落ち着いてエメラルドレイクパークの芝生とかベンチでピクニックが一番気持ちいいと思います。

ベビーカーはパッフィンビリーの客車のドアに入らないものは持ち込み不可、
妹はApricaの一瞬でおりたためるタイプのものだったので、
無事に持ち込めました。ジョガータイプの大型は無理そうなのでご注意を。

ガイドブックなんかを見てると、このパッフィンビリーとワイナリーを合わせるのが
多いようですね。おかんらが帰った翌日にタイミングよくおかんが「にじいろでシドニー、
メルボルンやってんでー!!?」と教えてくれて、それで見たコースもそれでした。
パッフィンビリー、シャンドン、ショコラティエ的な感じでした。
ヤラバリー満喫ツアー的な感じなんでしょうね。ふむ。

お金に糸目をつけないんだったら、(夏季中)前日ヤラバリー付近に泊まって、
早朝に気球してから、パッフィンビリーとかの欲張りコースも可能そうです。^^
今回おかんらが来てた時は1ドル/85cとかいう破格値だったので、
おかんらウハウハで、日本からの旅行者の方々は少し踏ん切りが付かないような
気球とかもやり時なのかも!ですね。


[PR]
by ponzu_77 | 2016-02-22 21:48 | | Comments(0)

おかん、妹、姪っ子帰っちゃいました。(T_T)

c0053898_16134074.jpg
昨夜の便で帰ってしまいましたー。涙
写真は二泊三日のシドニー旅行で行ったマンリー。
この辺は少し後ほど時間のある時にまとめてみたいと思います。
このシドニー旅は正直甘く見ていた。三歳児と一歳児を連れて+
この湿気と熱さ、どうよ?でした。(;´∀`) イラッとする瞬間が増える!(*_*;

メルボルンにはない湿気度で、肌の調子が一気に潤って、
手の乾燥がほぼ全快してた!!メルボルンの乾燥恐るべし。



今回は滞在中一歳になった姪っ子もいたので、毎日バタバタ怒涛のように過ぎてしまい、
妹自身も「何をしたのかあんまり覚えてへん。」と最後の晩餐の日に言っていましたが、
まさにその通りで、一歳児+三歳児のえげつない絡みの場面もあって、
大人みんな疲れまくりでした。そんなでも今振り返れば家族が集まれるってやっぱりいいものです。^^
滞在中、一緒にお茶とか飲茶でもいけたらいいよね。って話してた友達も
一切会えずじまいで本当残念。でもまーそういう時期やっつーことですな、きっと。

おかんの椎間板ヘルニアの件もあって、今回の渡豪自体実現するかどうかも
心配やったのですが、なんとか無事に来れて、しかも天候真逆の温いところに来ると
療養によかったのか、最終日ら辺には「親指に力入るわ。」と来た時より元気に
帰って行ってくれたので、娘としては少しほっとした部分もあり。
日本でもそう痛くないといいのですけど。

ルーもおかんらがいてくれてた間は日本語中心の会話になっていたのに、
本日からはめっきり元の英語寄りに。なんやねんーーー。(T_T)

それにしても子連れの旅って体力いります。まぢで。
そんな特にややこしい一歳児を連れて飛行機10時間かけて来てくれた妹に
本当感謝です。姪っ子にも会えて嬉しかったし、(やっぱり可愛い♡でも怒涛の日々過ぎて一緒に
写真撮るのを忘れて、超後悔。。。)

次回は旦那さんも一緒に来てくれる、かも!?!らしいので、その日を励みに
また日々の暮らしを頑張ろうと思います。グランピング(豪華なキャンプ)やったらええやろ?
それに一緒に行こうって言うてましたで、スーが。Dちゃん&妹よ。笑





[PR]
by ponzu_77 | 2016-02-19 16:32 | | Comments(0)

戻りましたー。

昨夜日本から帰ってきましたー。
今回の旅は唯一、2年ほど前からずーっと気になっていた案件が
一段落したので、行って本当によかったな、と心から思えました。

後姪っ子ちゃんがこれまた可愛いかった♡
けど、2ヶ月赤子と二歳児と一緒にどこかへ行くのって
本当大変なんだなーと身に沁みてわかりました。笑

毎日が戦争のように、どぅわーーーーーーーっと過ぎていって、
洗濯物もみんなの分干すのも一苦労やなー。とかやってたら、
あれ、もう明日出立?みたいな感じでした。
でも大家族でわいわいがやがや過ごす日々、楽しかったです。
じじばばとルーが仲良く過ごしている姿を見られて、それが一番嬉しかったです。

英語寄りだったルーの言語も、日本に着いたら、あっという間に
日本語優位になって、日本語教育に力を入れている子連れの人達は
年に一回を目標に日本へ行くのね、とめっさわかった気がします。

1年半切りに行けてなかった髪をまたバッサリとショートに。
久しぶりに美容院へ行けました。すっきりー。でも
これから冬のメルボルンで少し失敗か。(-_-;)
その日はファミリーデイケアみたいな所にお世話になり、
楽しくやれたみたいでよかったです。

その時に初めて遊んだ風船。
気に入って遊んだらしいのですが、その「風船」という言葉を
その日に覚えたみたいで、お祖母ちゃんにもスーパーで風船を
買ってもらってご満悦の様子でした。笑 
フリープレイー(遊びながら)で学ぶっていう意味も少し理解した気がします。

2週間の短い間だったけど、ギューギュー詰まった2週間、
一切仕事の事も忘れて楽しめて、すっきりリフレッシュできました。
月曜から通常営業に戻りますー。


=====================================
[PR]
by ponzu_77 | 2015-05-01 22:38 | | Comments(2)

ウルル(エアーズロック)旅 一日目

c0053898_2218984.jpg

8月のお盆に両親が来ました。
正味5泊ほど。チ~ン。(いや、ないよりマシだ!!)
3泊メルボルン、2泊3日でウルルの旅程でした。

おとんがまだ典型的な日本のサラリーマンスタイルで、
「お盆にしかまとまった休みが取れない。」というので、
高い時にメルボルンに来てくれることになって、
それを聞いた直後に、ジェット✩がウルル直行便が就航し、
セールをしていたので、せっかくだしオーストラリアと言えば、、、
な場所に行ってみることにしました。

しかもこんな機会も滅多とないし、ということで、
スーの両親も一緒に行って、ルーにとっても
夢の様なダブルジジババなコラボですが、覚えてないんだろうなーきっと。
でもこの日を境に、日本語の理解度が一気に上がった気はしました。

普段大人数でテーブルでみんなで食事をしたりすることが
ほぼないので、そういう事にニコニコ喜んでいた気がしました。

c0053898_2216342.jpg

朝9時頃にメルボルンを出て、昼1時頃に到着です。
ホテルで少し休んで、ホテルから近い小高い岡に夕日を見に行きました。
坂を頑張って登ります。ベビーカーが通れるように
少し舗装をしてくれている道があったので、よかった。

c0053898_221733.jpg

空港に着いた瞬間からウルルは見えるので、すごく感動ですが、
少しずつ夕日の色で変わっていくという一枚岩はキレイでした。
またこの着いた日は砂漠の癖にメルボルンより寒い日でして、
乾燥した冷たい風が印象に残りました。

c0053898_22164730.jpg

カタジュタ(風の谷)方面。
こんなキレイな夕日はいつぶりだっただろうなー。

c0053898_22171044.jpg

サラサラした赤い砂は、NT州に来たんだなーと気づかせてくれます。
この色はメルボルンにはない!あらゆる地面が大きな砂場だと思っていたルー。笑
帰り道、暗くなってくるのに歩きたい!とアピってきたので、
少し砂遊び。この赤い砂はやっぱりデッドセンター(オーストラリアの
真ん中はこう言います)ならでは。


■少し旅行情報■
このウルルに行く際にYularaという場所で滞在することになります。
このYulara一角が全てリゾート地になっていて、泊まったホテルの
近辺ではルーほど小さい子はほとんどおらず、
子供連れで着ている人達はほぼヨーロッパから来ているような印象でした。

泊まったホテルは一応4.5✩のランク付けがされていて、
安旅バッパーがメインだったわいらも(4.5✩なんて今迄泊まった事ないよね?
どんなだろうね?)と期待していたのですが、着いてみたら、戸は
バリバリひび割れてるわ、空調は調子悪い、アメニティに歯ブラシはないし、
NT州の4.5✩なのかね?というような陳腐さでちょっと残念でした。
おまけに最後の会計時、TVで映画見てないのに、間違っておとんらがボタンを
押してしまったのかもしれないけど、映画二本見たことになっていますよ。
「えー??」とかで16ドルとかチャージされたし?!?!

これだったら普通にセミキッチンがついてる大部屋にみんなで
泊まった方が楽しかった?いや、でもそれだったら料理しないと
いけない雰囲気になるから、ホリデーちゃうし、そういう意味では
ホテルでよかったか。とか色々スーと反省会が繰り広げられました。笑

でも結局のところどっちもそう値段が変わらなかったので、
このホテルにしたんですが、大体どのホテルからも10分ほど歩いたら
yulara唯一のIGA(スーパー)に行けるので、少しでも安く浮かせたいんだったら、
自炊が一番いいのかな?そのIGAのあるメインエリアにカフェ数件、炒麺屋があります。
メルボルンのカフェの質とは絶対何があっても比べないように。笑
でもアボリジニーの若者達をトレイニングしているカフェではベビチーノはタダ(無料)!

キャンプエリアもあるけど、旅しているグレイノマドの人達はいいかもしれないけど、
一般の旅行者だと厳しいしね。ドームもあるみたいだけど、わいらはそれでも
いいけど、(ってもう子供もいるから無理か)初老にもあたる
わいらの両親をドームでいいよね。ってわけにも行かないし、
なかなか財布には痛い場所ではありました。滞在費は他の都市と比べて高いかも。
が、行ってよかった。キャンプで来れたらなーと何回も思いました。


二日目に続きます。
=================================
[PR]
by ponzu_77 | 2014-09-24 03:16 | | Comments(4)

帰ってきたその晩

c0053898_08291116.jpg
ご無沙汰しております。
いや〜今回の一ヶ月の大阪はとてもリフレッシュできた旅でした。

9ヶ月間、わいも結構心にも体にも限界が来てたのかもしれません。
実家から離れて住んでいる人、海外在住の人達は子ができたら、
ほぼ一人でずーっと突っ走らなきゃ行けないわけです。
ちょっとギスギスしてきた感が正直なところあったんですが、
そんな(ー)な負のエナジーも一切合切ぽろっと取れてメルボルンに
帰ってこれたような気がします。

帰ってきて一日掛けて荷物を片付け、バチャラー化していた家の掃除、笑
ルーのリズムの戻り具合を見、スーと1ヶ月間の報告を受け、
ようやく今日から写真の整理が始められそうです!

前置き長っ!で失礼しました。

とりあえずは着いた晩におとんがお茶を入れてくれました。
c0053898_08292444.jpg
綾部でとれたお茶っ葉をおとんが蒸してもんでいるところ。

新茶はもちろん新芽を摘み取って色んな行程を経て
お茶になるわけですが、このお茶の葉を分けてくれた
隣のおばあちゃんによると、こういう成長し放題育った葉っぱは、
自分家用のほうじ茶になるんだそうで、ここにも昔から
受け継がれている無駄にしない、もったいない精神があって、
ちょっくら初日から感動しました。

手作りの無農薬のお茶が飲めるなんて思ってもみなかったし!
c0053898_08295025.jpg
少しゴボゴボっと煮だしてからいただきました。
素朴な味で市販の物より優しい風味と味わいで、それはとてもおいしかったです。

旅で疲れた体が一気に癒えました。
おとん!ごちそうさん!←朝ドラに、どっぷりはまることに。(;・∀・)

=======================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-11-18 08:39 | | Comments(2)

戻りましたー!

今日の2時に無事にメルボルンに戻ってきました。
お休み中もたくさんの方が見に来ていただいていたみたいで、
すみません。。。

充電もたっぷりしてきましたので、また徐々に
あんな〜ことぉ〜〜〜、こんな〜〜ことぉ〜〜〜♬を
アップしていきたいと思います。
[PR]
by ponzu_77 | 2013-11-14 19:43 | | Comments(12)

いよいよ明後日。

c0053898_20595248.jpg

やっとこさ荷物を詰めました。
明後日からおいしいラテと、春雨とはしばしのおさらば。

日本は台風が来てて、すごい暑いだのなんなの聞いてたら、
何を詰めていいのか分からなくて、大体の服を集めて
放置プレイしていました。笑

でもさすがに明後日早朝出発、ということで先ほど9割型完了。
明日の晩に風呂入って、化粧品等を詰めたらReady to go!!

結局色々考えて一番新しい最近の中ぐらいのスーツケース(軽いから)に、
おとんが欲しがっていたクロコダイル・ダンディーのような
帽子を型くずれしないように、ルーの荷物も一緒に詰めて、
それとおまけにもう一つ45Lのバックパックをほぼ空っぽで
わいの服をちょろっと入れて持っていくことにしました。
ジェットスターは何個持ち込みしようと自分が頼んだ㌔分だったら、
預ける数はどれだけあっても文句言われないのです。


なので、①中スーツケース②45Lバックパック③機内持ち込み用の母ちゃんバック
その③の中に貴重品小バック、カメラも入れて、なんとか行けそう?
抱っこ紐が結構かさばるのでこれも入れたら母ちゃんバックはギューギューですが、
こればっかりはしゃーないね。ケアンズの空港に荷物乗せられるトローリーが
無料であることを祈ります。笑 じゃないと、どうやって全部担いでいいのか、
わからんぞー。(;゚д゚)

実家の端末の調子が悪いらしいので、ブログはそう簡単にはいかないかも。
時間があればぶつくさ何やら書いているかもしれませんが、
とりあえずは一ヶ月、ブログはお休みということにしたいと思います。
最近書いてなくても訪れてくださる方が多くて、大変申し訳ないんですが、
またリフレッシュして、戻ってきます。

みなさんも素敵な春/秋をお過ごしくださいねー。
love from Melbourne♡

===================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-10-13 21:17 | | Comments(8)

行ったとこ 食べたとこ 大阪&滋賀

c0053898_985380.jpg

綾部の次の日はおかんのリクエストで、
滋賀の愛東にある百済寺に行きました。

百済寺は平日だったので、ほぼ貸切状態。
聖徳太子ゆかりのお寺です。住職さんもすごくいい人で、
色んな話をしてくれました。鐘をついたり、日本庭園を見たり、
結構盛りだくさんなお寺です。小説にも出てきた事があるそうで、
もみじが紅葉する時期はすごく綺麗な景観になりそうです。

スーとおかんは寺社仏閣巡りが大好きで、
日本にいた時はスーとおかんとおかんの友達とかいう組み合わせで
お寺に行ってた時もあったほど。(;´∀`)

スーは基本、日本文化に関する事なら何でもok!派なので、
助かります。笑 そうやって毎回蛇に巻かれて
かれこれ13年です。(;・∀・)

おとんは城、遺跡系と、着いて行ったら大概
そういうところには日本の歴史があって、
見ればみるほど、行けばいく程、おもしろいなーと
思うようになってきました。おかんと一緒に歴女入りできるかしら?笑
(今、歴史等が好きな女性の事をこう呼ぶそうです。^^)
c0053898_21162494.jpg

(写真はWikipediaより 三十三間堂の千手観音像)
そして昨今のおかんブームは千手観音様らしく、渋っ!笑
時間と機会があれば、メジャー処から、マイナーな場所、
千手観音様が入ればどこにでも足を伸ばしています。

実は今思えば、おとんっておかんの事好きやねんな〜と思ったのが、
そうやって、おかんが「行きたい!!!」と行った場所には、なんとしてでも
連れて行ってあげたいと思っているところ。笑
この日もそんなリクエストに答えて、滋賀の愛東まで
おとんが車を走らせてくれました。妹夫婦も一緒に♡

愛東にあるマーガレットステーションという道の駅で、
お昼ごはんを食べました。滋賀の古代米ブレンドうどん!!
しかも紫でポリフェノールたっぷりそう♡
他にも近江牛やら色んなおいしいものが売ってあって、
滋賀にもおいしいもんが一杯あって、いいですよね〜。

ここにジェラートが売ってあって、久しぶりに暑いし食べようーと食べました。
なんと野菜のジェラートで、ダブルで入れてもらったのが、
ほうれん草とジャガイモでした!おいしかったー♡

琵琶湖で蓮の群生地があって、帰り、岸辺に落ちている種を
拾って帰りました。おとんがファームで植えるそうで、
はてさて。蓮の花咲くかな?^^

c0053898_2164586.jpg

今回何がびっくりしたかって、
大阪駅がすんごい変わってて迷子になりそうになりました。

(ごめんね、ローカルネタで)しかもカンテGが
このGrand Front にオープンしているのが、
なんかすんごい悲しかったというか、そんなにメジャーになってしまったのね。
と拗ねたい気持ちにもなったり、でもようここまで大きいしたなー、おめでとう!と
言ってあげたい気持ちもあり、複雑でした。

チャイ飲んだけど、メルボルンで飲むチャイの方がスパイスばっちり効いててうまい。こっそり ごめん。

c0053898_2183471.jpg

工事中の時はすんごいウザかったけど、それが全部キレイになっていて、
わーーーー!!と見上げるスペースになっていました。

c0053898_2191088.jpg

Grand frontの南館にある屋上ガーデンからは福島辺りが一望できます。
すっげーなー大阪北もこんなに変わってきたかーーーー。。。
ってお気に入りだったABCタワーがなくなっていたのが、
すっごい寂しかったー。

そのGrand front 内にある無印良品のカフェに行きました。
c0053898_21174.jpg

初!!yay!
スーは数年前に心斎橋の無印の方でカフェをデビューしていましたが、
わいは今回初めてやっとデビュー。スーが東京一人旅をしている間に、
おかんとぶらぶら梅田をした時に一緒に行きました。
なんかスーに先越されてたんが癪やったのよね。(^_^;)

結構しっかりした和食がメインでちょっと驚き!
やるやん〜。筍とイカの和え物みたいなんは出てくるとは思ってなかったし。
一人でさっと食べてはる女性もたくさんいて、
居心地のいい空間でした。

そしてメルボルンに帰る日の数日前。
c0053898_2113022.jpg

「今晩とんかつ人数分ないから、食べに行って。」と言われて、
スーと何年ぶりかに行きつけだった焼き鳥屋へ行きました。
めっさうれしい♡久しぶりの赤提灯♡

しかもチャリで二人で目的地まで。
祖父母が経営していた化粧品屋を通って、懐かしい商店街を通り、
高校時代に通った住宅街をぐんぐんチャリをこいで、
大阪に住んでいた頃はスーもこの辺りで仕事をしていたので、
懐かしいなー、懐かしいなーとスーと二人で行きました。

あーささみのお刺身とか、最高においしかったー。
キャベツ食べ放題でドンドン出してくれます!
久しぶりにカシスウーロン飲みました。笑
あの甘味と渋みがこれまた味の記憶を辿って懐かしかったなー。
でもほんまは生中をがっつり飲みたかったなー。(母乳のため辞めた)


==================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-07-02 21:29 | | Comments(6)

おとんのファームへ 後半

c0053898_22321382.jpg

妹夫婦とスーと、三人でチーム一丸となって田植えが無事終了。
妹の旦那さん(Dちゃん)は親戚の方がお米農家をされている人もいるようで、
何やら植えるスピードも違えば、作業もちゃきちゃき早っい早い!!尊敬!

都会育ちの妹とわいなんて、ほんまチ~ンです、こういう時。涙
スーはオージーの野生児の血があるからか、Dちゃんに合わせて
食いついて行っていました。

この右のちょろっとしたところが水田になるところです。
水は堰き止めていて、稲が植わったら水を入れる仕組み。
これぐらいの規模で大体10kgのお米が去年採れたみたいです。
10kg!?って自給自足しようと思ったら、どんだけのスペースが
いるんー?!といいリアリティーチェックになりました。うむ。

そんな風に3人が暑っい中がんばってる時、
(わて、ポン子の世話がありまんねんー。)という
言い訳をつけて、ポン子と涼んでおりました。←ダメ子なわい。

今年は新婚さんと野生児一名が植えたお米です。
秋口にはどんな風に実るのでしょうか。
なんか新婚さん二人に植えてもらったら縁起がよさそうな気がしません?
なんか地に根を張る感じと【実る】感じで。という事で、
♡新婚米♡と名づけました。

唯一おかんと一緒に植えれたのが、湯来温泉の地場産業応援系の
おみやげ屋さんで買ってきた、紅アズマの苗。これも秋口にはどうなるのかなー。
次週に行ったら何者かに食われて葉っぱがなくなっていたのもあったので、
はてさて、いかに。。。

それを植えていた時にポン子が昼寝タイムを迎えたので、お家に置いて、
軽く作業に出ました。一応手早く済ませて様子を伺いに行ってみると、
どうやってそんなとこまで動いたん!??!とビックリ!
ギャン泣きしていて、これはちょっと可哀想な事しました。(;´∀`)

古いお家で少し薄暗い感じっていうのもあって、怖かったんでしょうか。
顔を真っ赤にして泣いていたので、すまんーーーーーー。と平謝りでした。
そんなんで、もうちょっとおかんの目指す‘イングリッシュガーデン’の
雑草取りも手伝いたかったけど、あまり身動きとれずで断念。
夜にはホタルが一匹ふよ〜〜〜っと目撃できたので、
ポン子がもう少し大きくなってから、また一緒に
ここにこれたらなーーと思っています。

c0053898_22512989.jpg

さて、この記事の後半は近所のおいしいお店情報です。
ってもう農業の話終わりかぃ!!ですが、グルメ情報は欠かせんでしょう?
もろてん。だもの。笑

c0053898_22512770.jpg

おとん、おかんが「ポンズ絶対好きやわ。」といううどんのお店に
連れて行ってもらいました。そうなんですー、わいうどんが大好き♡
週末に行くと並んでいるらしいですが、平日だったので無事にすぐに着席!

お邪魔したのは、竹松うどん店さん。昔の古民家を改造して、、、というお洒落な感じに仕上がっています。^^
蔵も見事に改造してあって、こんなうどん屋めっさいい♡と気分盛り上がります。
おとん曰く、廃材等を使って釜のお湯を沸かしたりしてはるのだそうで、
エコっぽい。

農作業の後(わいしてへんけど)、心地良い風が窓から入ってきて、
あーほんまいい季節に帰ってきたーーーーと心踊る。
c0053898_22551113.jpg

日本はお座敷があるから、ポン子とも常に近くでいい感じ!!
今回の旅では入ったお店、ほとんどの店員さんがお座布団を持ってきてくれました♡
中には小さなベビー布団が置いてあったところも!すご!

帰り際にちらっとカウンターの横にはコットが見えました。
「家にも似たような年齢の子がいるんです。」と、オーナーの奥さんっぽい女性。

c0053898_22513513.jpg

釜玉冷大盛りー!と、天ぷら(ごぼ天やったかな)をよばれました。
大盛りってあんた女子やろうーですが、タベナー星人は、次いつ今度
食べれるかわかれへん。。。と思ってしまうので、毎回大盛りがあるところは
大盛りで!授乳もしなあかんしー!!(言い訳に最高!でして。笑)

うんまーーーーー!!!(๑´ڡ`๑)と、ざーーーーっと一気に流しこんで、ぺろっと完食。
コシのあるうどんはやっぱり日本で食べるのが一番!!
今回はさぬきうどんっぽいうどん、無理かなーと思っていたのに、
綾部で食べれて幸せ♡でした♡

c0053898_1056412.jpg

その前の晩は、まるでモネのような睡蓮の池がある懐石料理屋に連れて行ってもらいました。
こんな素敵なところがーin 綾部です!!しかも夜でも3500円!!日本いいぞーー!!
メルボルンなんて、35ドルでコースなんて昼ぐらいしかないし!

着いたらまずは足湯に浸からせてもらってから、コースがスタート♡
なんていう素敵なサービスが。カエルが鳴く池の側に座ってしばし、ぼ〜〜っと。
c0053898_10555546.jpg

もうちょっとキリリとしたシャープな懐石が好きなんですが、←どんなん?
でも、久しぶりに食べる食材とかあって、気分盛り上がりました。

家族久しぶりの水入らず。今回はポン子とDちゃん、
新しいファミリーメンバーが加わって、賑やかになりました。
いいわ〜♡家族と一緒のご飯!!おとん、ごちそうさま〜。


次の週末はスーが東京へ一人旅へ出かけたので、
本当にポンズ家水入らず。おとん、おかん、わい、ポン子と綾部へ。
今度はおいしいお蕎麦屋へー。
c0053898_219246.jpg

元々、新地でお店をしていた方が綾部に越してきて、
蕎麦屋を開店!しかもお庭がこれまた素敵で、
使っている器も素敵!綾部の作家さんだそうです。

付け合せの大根おろしから、ワサビ、天ぷらもちゃんと自分で
やってはる。という誤魔化し0の職人天ぷら蕎麦。最高です。
最後に蕎麦湯もちゃんと出てきて。はぁー。日本人でよかった〜。

タベナー星から着ましたーと言わんばかりに、ここでも蕎麦大盛り。笑
食べーでかー!(食べずにはいられないの意)

綾部は自然が一杯あって、他にももう一軒週末カフェにも
行ったんですが、どこもお庭をキレイにしてはって、お庭を
見ながらー的な素敵な飲食店が多くて、いいですね〜〜〜。

やっと人口2300万人超を達成した、のんびりした国の
オーストラリアに慣れてしまった自分としては、
これぐらいのんびりしているところじゃないと、もう住めない気がします。
毎回帰ってきて、こんな自然たっぷりの場所に行く度にそう思う自分がいるな〜。

===================================
 
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-28 00:01 | | Comments(8)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

ナイス!ええなー!同感!とか記事、情報がよかったよ!と思ったらクリックお願いします。がんばって記事書きます!
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

メルボルン ホテル

記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2016.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31