カテゴリ:movie/TV( 33 )

売り手の裏側はこれでチェック!

c0053898_15161496.png

めっちゃオーストラリアネタですが、
THE CHASER(wikipediaに飛びます【英語】)が大好き!

オーストラリアのコメディーチームなんですが、
街角の政治家達を捕まえて、いきなり突撃インタビューに行ったりするので、
ちょっと過激な匂いもしたり、一時期はちょっと逮捕された人もいましたが、
それがリアリティーショーみたいで、くすっと、ほくそ笑みたくなる所が
盛りだくさんのTV番組を制作します。

パロディーもあって、わっかるーー!!とツッコミたくなるところが
唯一の今のTV番組の楽しみ。
c0053898_1712110.jpg

そんなチェイサーが今やってる番組がこちらの、
The Check Out - ABC

先週は今流行中のスーパーフード、アサイー、チアシードなんかについて、
諸説云々、、、喝!が入ってましたが、ああいう
パッケージの裏側に書いてある事って、
単に踊らされてしまってる事の方が多いんだろうなーというのを
ヒシヒシと感じてしまいました。←自分もその一人。

古代フード!って聞いたら、なんか食べたくなっちゃうような気になるのよね。
ふふふ。でも何々に効果的!ていうのは、科学的根拠を見ると、大概がチ~ン。
なんだそうです。トホホ。やっぱり昔からある季節の、土地のものを食べるのが
一番健康にはいいんだろうな。

よく大々的に広告をしているものって、下に小さ〜く
アスタリスクがついてあって、*conditions apply(条件つき)と、
目立たないように鼻くそみたいについてあって、
ほんまはそこを一番読まなあかんのに、
一番小さく書いてあたりして、そういう消費者を迷わすような、
大企業に気持ちよく、斬新に喝を入れてくれます。このチェイサー♡

【パッケージ写真と中身の違い】のコーナーなんて、スーと
声出して笑っちゃうほど!昔フードスタイリストのアシスタント時代の、
冷凍ハンバーガーのパッケージ写真を、思い出しましたね、本当。(;´∀`)
嘘っ〜〜〜ん!?!な世界から足を洗えてよかったぜぃ。

日本の冷凍食品がセールになる秘密とか、
せっこ〜〜〜な記事もふまえつつ、同じ事が
こっちでもあるわけです。全世界でかな、たぶん。

消費者を馬鹿にするのもいい加減にしろ!と言いたい。

木曜日の8時〜、ABCで。
でも毎回ポン子の授乳タイムとかぶるので、
大抵アイビューでチェックしておりますが、
CHECK OUTのHPでも見れるみたいです。■こちら■
時間のない方はそちらもお勧め!

もろてん。を読んでくれている人は、きっとこういうの好きだろうなーと
思って、秋の夜長のポンズお勧めTV番組!ということで、
載せておきました♡

================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-05-02 17:23 | movie/TV | Comments(6)

違うって素晴らしい/マイノリティーって?

c0053898_21263444.jpg

とある単発仕事に参加した時、近くに座った3人で
チームを組むことに。最初は当たり障りのない事を
話しながら作業をしながらも、話の方が何故かすんごい盛り上がってしまって、
パートナーいる/いないの話に進展。

そしたら3人中、わいだけ一人ストレートだったことが判明。笑
そう、後の2人はゲイで自分がマイノリティーになった。
国籍でアジア人、ということでマイノリティーになることは多いけど、
こういうのでマイノリティーになるとは、時代も変わったもんだねー。と
思いつつ、でも会話はどんどん盛り上がっていって、
作業を着々と進めなきゃ行けないのに、楽しくて、やば、
ほら監督的な人見てるよ!!←まじめ日本人 時間が
あっつー間に過ぎて、この仕事が終わるのが名残惜しかったぐらい。笑

すごい楽しい二人だったので、またどっかで会えたらおもろいなー。
と思いつつ、帰りの電車を待った。オーストラリアでも最近、
ゲイマリッジ(同性婚)推進派の運動が盛んになってきて、
好きな人同士が結婚できないのは、何でなんだろう。
本人達が法的に結婚したいのであれば、それを尊重し、
個人の幸せ度の向上をサポートするのが政府の腕の見せ所ではないだろうか。

わいは若い時からゲイの友人がいたりしたし、別に特に
ゲイだから、とかアジア人だから、男だから、女だから、
おっさんだから、とかは、わいの中では結構どうでもいいことになってきた。
そういう基準で人を見なくなった、というか、
この人間はどんな人?とマナーや人に対する思いやりを持っているかとか、
人の本質の方が気になるようになってきた。
アイ♡人間♡

c0053898_20463556.png

昨晩のABC、グルエン スエット(広告業界を切る!的な
グルエントランスファーという番組のオリンピック版)で
イギリスのチャンネル4が制作した
パラリンピックのCMを見て、久しぶりに広告でさぶいぼがたった。

リンクが貼れなかったので、まずは↓を見てみてください。
Channel 4 Paralympics - Meet the Superhumans (Annotated Version)

身障者アスリートを“スーパーヒューマン”と提唱。
確かに最近の義足の技術や、科学の進歩は素晴らしい。
言い方は失礼なのかもしれないけれど、ちょっと半分メカっぽくて
格好いい!と思ってしまったり、もっともっとロボテクが進んで、
将来オリンピック、パラリンピックの区別がなくなればいいなーとも
思ったりする。あまり取り上げられることのなかった身障者の人達が
こうしてもっとメディアに出れば、フォビア的なものがなくなる気がする。
違いを恐れるようにできているのが、人間だけれど、
違いを知ったら、それはそれで、何ら気にするようなことでもなかったりもする。
なーんや、そんだけ?みたいな、さ。

それに障害は遺伝的でお腹の中からそうであったり、
大人になってからの交通事故での後遺症や、従軍中におった傷であったり、
自分に起こらない可能性は決して0ではなく、
ひょっとしたら明日は我が身的な意味を込めて、
何ら自分達とは変わらないんだよ、と明確な意思を
持って作られている広告だと思いました。
イギリスのこういう広告業界、本当素晴らしい!

もっとダイナミックに、色〜んな違いを持った人達が
TVに出ればいいなーと願ってやみません。

c0053898_2115510.png

(画像はU.S. Paralympics Facebook Pageより)
オリンピック後の8月末から始まるパラリンピックの
シンプルな広告には、”Thanks for the warm-up”
(ウォームアップありがとう、
すなわち、場を盛り上げといてくれてありがとう)と
題されたビルボードはお見事!!と座布団投げたい勢いだし、
こうやって違いはあるけど、それを認めてみんなで盛り上がっちゃおう、的な
雰囲気はいいなーと思う。世界からやってきた人達が
こういう一つの場でがんばるっていうのが、本当感動的な催しですな。^^

この世は、皆十人十色で違うから楽しいし、素晴らしいのであって、
全部が同じになったら本当それはつまんない世界になるのだろうなーと思う。
ま、そこに問題が生じても♡愛♡と将来をしっかりと見据えた
ヒューマン頭脳で一緒に乗り切るのが、これからの時代に必要な事かな。

あなたはあなたのままで素晴らしい♡
ラヴ ユー♡

↑新月近いからか、ちょっとおかしいの、ごめんね。笑

====================================
[PR]
by ponzu_77 | 2012-08-16 21:44 | movie/TV | Comments(4)

最近見た映画

c0053898_21315636.jpg

最近見た映画って、色がキーワードなのが多いような気がする。




 mary & max (メアリー & マックス)
2003年にディズニーの「ニモ」を抜いて、
ハービークランペットでオスカーを受賞した、アダム・エリオットの待望の新作!
クレイアニメーションの第二作品目。

ハービークランペットの色合い、ちょっとしたブラックさが好きな方はぜひ、劇場へ!
女性になったときのメアリーの声は、
トニー・コレットでオーストラリア人女性というのがぴったり!

メルボルンのグレンウェイバリーに住む(!)少女、メアリーと
アメリカはNYに住む44歳のマックスの文通のお話です。
わい、めっちゃ泣きました。

実際に、アダムは20年来、文通をしている人がいて
今度のアメリカ上映の時に初めて会うということが決まっているのだとか。
どんな感じなんでしょうね。。。

暗い色合いの中にもアクセント的に入れた色は、
とてもアダムらしい感じです。よくあれだけの表情等を
グレーをメインとしたトーンだけで表せたなーと尊敬します。

クレイだけでなく、グラフィック的な映像もあって
ミックスメディアが満載の映画。もう一回見たい!



■ マリーアントワネット (Marie-Antoinette )

いや~あの色達がいい!!
カラフルなドレス、お菓子、料理、ジュエリー、
あれほどきらびやかな世界って体験したことないから、
すんごい現実逃避できて楽しかった。仮想空間へいざないます。
なんか中世風の服とか、髪飾りとか着てみたくなった。

あのラデュレのマカロンの色ったらもう!!きゃー!

14,5歳で政治結婚させられたマリーの新たな一面が分かって、
マリー・アントワネットっていう一人の女性のイメージが随分変わりました。
子供達を育てた離宮のお家のお庭、目指す感じに近い!!



■ 真珠の耳飾の少女 (Girl with a Pearl Earring)

有名な画家、ヨハネス・フェルメールの真珠の耳飾の女の子の話。

マリーアントワネットを見てから、中世物に興味津々。
スカジョの肌のきめ細かさに吸い込まれる。笑

ボンネット?(髪を隠す帽子のようなもの)も
ある意味、なんかリバイバルしてくるんじゃないか?って言うぐらい
機能的で、かつ色々なデザインがあるっぽい。

一番最初の料理シーンはべたっとした光感がすごい好き。
ヨーロッパの少し冷たい空気なんだろうなというイメージ。
ビーツ、パースニップ、ガチョウ、鶏、いいなー。
あのリネンのへたり具合とか、あの時代に住んでみたいな、と思った。

色の調合シーンも、ウ~ララ~~~~♪ めっちゃ好きなシーン。
実際の鉱物を削って作ってたりして、現代の
チューブからにゅるっと出てくる色を見たら、あの時代の人達、
びっくりするんだろうなー。

ラピスラズリ、松脂の色、コボルトブルー、
どれもこれも自然な色合いがキレイだった。



この年になって色のある映画が好きになってきたのかね。
ウォンカーアイの映画も独特のビビッドな色使いが好きだし、
色がたくさんあるものには、最近惹かれることが多いかも。

ちなみに “外国” づいてるのかもしれないし。
フランス、オランダ、ときたら、次はチベットへ逃避。笑
Kundunを今晩は見る予定。その次はgood bye reninで西ドイツへ。笑

(あとがき)

■ kundun

ダライラマ14世のお話。
これまた色のオンパレード。

アースカラーの大地の中に、ぱきっと光る、僧侶の小豆色の袈裟、山吹色のマント、
よろしおす~~。あの僧侶の着る赤は好みの色かも。なんていうんだろう、日本語で。
きらびやかな装飾品、刺繍、チベット仏教のミュラルはすごい。

最初はあー色がいいなーーーーーとか思いつつ
色の中にどっぷり溺れてたんだけど、
ダライラマが少年になりはじめた頃から、
話が深刻化してきて、「FREE TIBET!!!」と叫びそうになった。

シンクロづいてる場面もあって、、、

水曜にスーのおじいちゃんの遺灰がお墓に入ることになって・・・と
いう話になって、日本ではどう?と聞かれて色々話していく内に、
「色々な葬儀の仕方があるのねぇー。」
「チベットではね、鳥葬というのがあってね、、、
鳥に肉体を食べてもらって、天に帰っていくんだよ。」と話したばかりだった。

すると、Kundunで本当にそういうシーンが出てきて、
なかなか生々しくて驚きだった。
実際に映像として見たことなかったけど、あーーやって肉体は召されていくんだね、
自然に帰っていくんだね。と少し感動を覚えた。

わいが生きてる内にチベットはチベットという国に戻れるだろうか。
ダライラマは再びチベットの地を踏むことができるのだろうか。

チベット映画なのに皆が英語話してて、ちょっとむかついたけど、
日本の密教のベースとなっているチベット仏教、のお説法等も
すーっと心に響いてきた、いい映画だった。

right is win, wrong is loose・・・。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-06-01 21:37 | movie/TV | Comments(8)

最近見た映画&DVD

BATMAN -The Dark Knight

バットマンの映画って初めて見ましたけど、
ヒースは迫真迫る演技ですげー!と思ったけど、
後半戦ちょいと長い???

しかもバットマンがなんであんな風に話すのかが、解せんくて、
途中、ウトウトしかけた初めての映画でもありました・・・。


めがね

これは本当KDMさんのお陰!めがね見たい!って叫んでるわいに、
貸しましょうか?と心優しいオファーをくださったのでした。

いいですね~。あのまったりとした雰囲気。
ギスギスしちゃいそうなぐらい寒い冬に見たら、
“たそがれたく”なっちゃいました。

あんなオープンキッチンは、夢のようですな。
食べてるご飯もおいしそうだったし。


おせん (TVドラマ)

「これ絶対ポンズちゃん好きだと思ったけ。」
けだまちゃんが言ってて、見たら、本当その通りー。
よく読んどるねー?!けだまちゃん?!

時代かぁ~。食文化かぁ~。どうなるんだろうねぇ~。
と思いながら見ました。かつおぶしの話のところは、
目が離せませんでした。
そして今日は面取りしてない、大根の煮物。

わいもお客さんに出さない限りは、
昔っからもったいないーと思って、面取りしないことの方が
多かったので、なんだか親近感がわきました。

これ漫画なんですね、漫画も読んでみたいなー。
漫喫行ったら読みたい料理漫画続出だろうなー。。。


舞妓Haaaan!!

どこかで見たことあると思ったら、あの医龍の麻酔師!
阿部サダヲって言うんですね。めっちゃ濃い~キャラ。
エディティングもたくさん細かい加工がされてあって、
楽しめましたー。スーにも前半見せたら、(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!と
大うけでした。 あれ、サブタイトルついてるのがあったら最高なのになぁ・・・。

日本いた頃は月に3回ぐらいの割合で京都行ってて、
舞妓さんを見ることもしばしあったけれども、
一生、お座敷遊びなんてすることないんだろうなぁ~。

せいぜい、わいには賀茂川沿いの床ぐらいでしょうなぁ・・・。



The Extra

Jimeoin McKeownというコメディアンが主役、脚本を
手がけた映画。(2005年)
メルボルンが撮影場所になっているので、
それだけで十分に楽しめました。

フリンダーズレーン、お馴染みのペリグリーニ、
グラフィティーのある路地裏、メルボルンのフォトジェニックな
町並みが楽しめます。写真を撮るときの参考にもなる!

セレブになるのを夢見て、いつかはVIP席へ!!と
願うものの、演技のセンスはほぼなし・・・。役をゲットしても
エキストラ止まり、でもひょんなことから・・・という映画。



今オリンピック中でTV会社各社揃って、視聴率あきらめモードで人気のない
映像を流してるようですが、その内の一環なのかチャンネル9で、
やってました。

一応法律では、何十パーセントかはオーストラリア産のプログラムを
見せることが決まってるらしいです。オリンピック中はいいオーストラリア映画を
見れるチャンス?
[PR]
by ponzu_77 | 2008-08-11 09:32 | movie/TV | Comments(4)

movies and dvds!

c0053898_10104181.jpg
thumb nail image from Village
女子の王道、SATCの映画見に行きました。

女子達のファッション、とても素敵で、
わたくしMr.Bigにメロメロでござんした。エヘ

シリーズ6から4年後・・・という設定のようですが、
みんなそれぞれ新しい時へmoved on...という感じで、
ちょっと自分の周りで起こってる、友人のベイビーの誕生、
それぞれのがんばり・・・なんかとだぶっちゃいました。

TVドラマシリーズと違って、映画の方はあんまり評判の方が
よくないらしいですが、家から持参したクッキー、ポップコーン
なんかもすっかり忘れてめちゃめちゃ楽しみました。

もう一回見たい!と密かに思っております。




スーの会社からもらった映画券の期限が6月末なので、
わー!きゃー!で焦ってHOYTSに行ったら、インディーはもう10:00AMの枠しか
なかった・・・涙 あーいうアクションこそ、大画面で見たかったんだけどな・・・。
ケイトの髪型、可愛いからあーいう風にしようかと考え中。




c0053898_10105667.jpg
thumb nail image from Village


んで、えーこれしかないのーーーーーーー。。。涙
となって、カンフーパンダ

でーもーーーーーー。

めちゃめちゃおもしろかった。
何もこの映画のこと知らなかったんだけど、
わいの大好きなジャック・ブラックがパンダの声!

途中、パンダとジャック・ブラックが同じような感じに見えてました。

しかし観客の皆様、めっちゃベタなところで笑うのね。
もうノリで釣られて笑っとけ!ってなりました。笑
なかなかフィロソフィー的なことも盛り込んであって、
なかなかGOOD。




c0053898_10305486.jpg


去年辺り(?)にABCでやっていたTVドラマシリーズ、
Summer Heigths High。一人の男優、Chris Lilleyが生徒と
ドラマ教師Mr.Gを演じる学園ドラマ。

こんな風に書くとあーんまりおもしろくなさそうですが、
ようは典型的な公立校で起こるようなことを辛辣に風刺したもので、
ブラック的なお笑いが好きな人には受けると思います。

脚本・キャストChris Lilleyでローギー賞受賞。

このDVDを貸してくれた人曰く、彼と同じジムに通っていたそうで、
普段着が、えーーー?っていうほどダサイらしく、
気になるところです。
[PR]
by ponzu_77 | 2008-07-01 10:37 | movie/TV | Comments(4)

映画三昧 メモ

インファーナル・アフェアーズ

ハウルの城(SBS)

ゴジラ(SBS)

ラピュタ(SBS)

the king of kong

Dear Frankie(SBS)

in the mood for love
[PR]
by ponzu_77 | 2008-01-03 13:09 | movie/TV | Comments(0)

最近見たの&読んだの

c0053898_10285468.jpg

V for Vandetta
ユンとスーが「あー!!これこれ!見たかったんだよねー!」と二人は知ってた様子だったけど、
わいは、あーナタリー・ポートマンがマジハゲにした映画だよね。という感じ。
しまった!二人に遅れを取っている!!笑

みんなカバーを見たとき、なんかバンパイヤストーリーとかそんな感じ?と読んでいたのに、
大違い!第三次世界大戦が終わった後の近未来SFもの。
でもセットとか着てるものとかは、少し昔ちっくな感じでなかなか楽しめた。

エンドロールが流れて、「あぁ~!」と三人一斉につぶやいた。
監督はMATRIXでも有名なウォシャウスキー兄弟。
なるほどね。



c0053898_10351066.jpg
The Incredibles
実は先月からPIXARのエクスビションに行こうと思っていて、
会社のみんなで行ったらしいスーを「もう一回行こう!」と誘ってみたら、
The Incredibles とNIMOを見てから行きたい。と言い出した。

ってことで見た映画。

うゎーーーーーー☆☆☆☆☆
わたくすぃ、この映画とても好き!
エンドロールのデザインなんかも、SHAGを思わせる感じでとても好み!!

しかしPIXARって本当に芸が細かいというか、そこまでこだわって表現してくれるのかー!
と毎回見てて、本当にうれしくなる。アートにはやっぱりAttention to Detailは欠かせないと思うから。

トイストーリーからずーっとPIXARシリーズ見てるけど、
これはレミー・・・・も行かねば!と余計に盛りあがった!!



c0053898_10411022.jpg
Love Actually
何?オーストラリア、もうクリスマス商戦スタートなのか?!?!
っていうぐらい早い感じで今月はじめにTVでやってた。

何回見ても心がきゅ~っとなる♪というか、
チック フリックだけど、あんな素敵な恋愛いいよね~~~~~~~~~と
ちょっと乙女心満開になる。笑

最近の映画に多い、いくつかのストーリーが最後には一つにまとまるっていう感じ。
マグノリアほどではないけれど、うまくまとまっていると思う。



c0053898_1045011.jpg
Steam Boy
メジャーなアニメは大体レンタルできるようになった今日この頃。
スチームボーイも去年辺りに映画館で公開されていたもの。

AKIRA好きなわいとしては、これははずせないよね?と
張り切ってみたけれど、やっぱりAKIRAにはかなわないな・・・と思った。

メカデザインは精巧でガチャガチャしたような、ティムバートン系のメカが好きな
わいには、なかなか見てるだけでも楽しかった。


c0053898_110878.jpg
大長今
やっと見終わった!!!54話まで!
最後3話辺りで思わず「誰もそんなん言うてへんかったしーー!!」と
ユンにつっこんだ。笑

何故か細切り肉の下味をつけるとき、もみながら、あのスラッカンの
音楽を口ずさんでしまう。笑

あとたまにテーマソング・オナラの寂しいバージョンを口笛で
吹いているときがあって(本人気づいていない)、ユンに
「なんで悲しいバージョン?!」とつっこまれている。




c0053898_117164.jpg
SUNSHINE
あれ?カネダ船長、どこかでお見かけしたことありません?
・・・と思ったら、なんと真田広之でビックリ!

日本編のWEBを見てみたら、真田さんど真ん中に写ってるけど、
こちらのパッケージでは真田さん、右奥だったよ????

時代は2057年の設定。SF物。
トレインスポティングを監督したダニー・ボイル。
トリッピーな映画なのかいな。。。と思ってみたら、
まーそうでもないけど、とてもキレイな宇宙の映像。

しかし途中、サブリミナルが出てきたところがあって、
なんかめちゃめちゃ怖かった。。。

ハリウッドとは違って、役者選びがGOOD!
これで超有名な人(ブルー○とか)持ってくると、あーまたヒーローが地球を救ったよー感
たっぷりになっちゃうけれど、あえてちょっとマイナーな人達を選んだのは
よかったと思う。ストーリーが重要視されるし。

真田さんも英語での演技、すごいなーと思ったら、
彼、クイーンから名誉大英勲章第5位なんてもらってて、
実はDUKE SANADAらしい!!!

日本舞踊もやられていたようだし、あの芯のある雰囲気は
日本舞踊から来るのかな、と妙に納得。




c0053898_10504281.jpg
■女性の品格■
おかんからの誕生日小包に入ってた一冊。
「まぁ、気づくことも多少あったし、どうぞ。」と
手紙に書いてあった。

今や【常識】は千差万別化されているこの世の中で、
もう一回儀礼節をおさらいできた本だった。
[PR]
by ponzu_77 | 2007-09-24 11:04 | movie/TV | Comments(3)

最近観たの

c0053898_10365262.jpg
an inconvinient truth(不都合な真実)
言わずと知られた環境物・・・・。
↓にも感想を書いたので、省く。

おぉっと、しかし、気になったのがゴアさん、マックユーザーなんですね。
ちょっとそれも不都合な真実。。。べべん。


c0053898_13233367.jpg
(this image is borrowed from linked page, greener apple)
最近apple製品は有害物質を含む、廃棄物問題が公に浮上してきて、
グリーンアップル(greener apple)なるキャンペーンが本格化しておりますね。

Due to positive moves from other companies Apple is bottom of the second version of the Guide to Greener Electronics.


なになに・・・2006年12月現在、HPによると(わい流訳)
他の会社が積極的にエコ製品をつくるのに意欲的なのに、
そのガイドに沿ることもなく、アップルは環境に優しい電化製品を意識せずにいる・・・か。

あんなにデザインも素敵で、ミニマム調なのに、実際全然ミニマムではないでないか!
と・・・ちょっとこの事実を知ってショックでした。

一時期ipodなんかもバッテリー交換ができなくて、
使い捨て、というようなイメージを受けた時期もありました。
しかも廃棄される先はもちろん、アジア。

スーも一マックユーザーとして、この間署名しておりました。

エコを謳っているのに、エコじゃない製品を使うのって、矛盾?って思いましたが。
しっかり最後のクレジットロールのところでThanks to .....Appleって
出てきてたから、なんだかなぁ~~~でした。

え?細かい?(^^;;

c0053898_13524389.jpg



c0053898_1030548.jpg
ビートルジュース
夫婦揃ってティム・バートン好きなのですが、これは
まだ観たことがなかった。「スーが見とかなあかんやろ!!」
の一声で、妻「ハイ・・・」。

ぐふふ。マイケル・キートンだとはねぇ。笑
あのB級っぽいCGがたまりません。

80年代のファッションも見所だし、ウィノナも可愛いねぇー。


パーマカルチャー 地球とつながる楽園の暮らし@レインボーバリー
NZにあるパーマカルチャーで生活している夫婦のお話。

初めてこのパーマカルチャーを知ったのはブリスベンにいたころだから、
10数年前になるけれど、最近は厳しい環境になったせいで、もっともっと
地域に密着した循環型の生活を考えるようになりました。

そんなときにこのビデオを借りれて、ラッキー!
makiちゃん、ありがとー。

自然と一緒の生活素敵です。将来、全部が全部こういう風な生活とはいかないだろうけど、
都市に住みながらも、パーマカルチャーを実践するのが夢。


c0053898_10283619.jpg
マンガル・パンディ- the rising-
SBSの日曜は最近ボリウッド!ウハウハ!
初めてボリウッド映画物観たけど、歌あり笑いありで
おもしろいっ!!これから日曜はボリウッド映画に決定ですな。

マンガル・パンディは実在した人物でこの映画も
実話に基づいて書かれたものです。

東インド会社、セポイの反乱とか中学校のとき習ったの覚えてますか?
そのセポイの反乱まで・・・のお話。インドのアクター、みんな
美男美女ばかり!

色々文化や習慣、宗教が出てきてインドのことがもっと知りたくなりました。
いつか、絶対行ってやる!インド!
[PR]
by ponzu_77 | 2007-03-14 10:09 | movie/TV | Comments(0)

APOCALYPTO

昨日の真夏日に、家にいても暑いし涼みに行こうぜぃ~と
いうことで、映画館に。

「ケチな夫婦や~~」と言われるかもしれませんが、
家ではSF、アクション、ファンタジー物ぐらいしか映画館に行こうと
いう雰囲気にはならないのです。

マリー・アントワネットも見に行きたいんだけど、後
Pan's Labyrynthは映画館で見たい内の一つ。


去年末から言うてた、APOCALYPTO
c0053898_1136255.jpg

メルセン(メルボルン・セントラル)にあるHoyt’sでまだやってると判明したので
勇んでいくと、“ハーフパイプで上映中”(スケボー??)と電工掲示板に。
「何ですの?それ?」と夫婦揃って聞いてみたら、ビーンバッグに座って
映画を見れるとな。

スー:「何?それ新しいの?最近流行ってんの?」
店員:「ええ(^-^; まぁ。。。一年半ほど前からですかねぇ。。うちではじめたのは」
店員:「ホイッツではここだけですから。」
スー:「(´ρ`)ヘーすごいね、じゃー大人二枚。」

・・・と。おっさん丸出しです。

てなことで、ビーンバッグに座って見ることになりました。



えにうぇい。

メル・ギブソンがメガホンを取った、APOCALYPTO。
マヤ文明が全盛期だったらしい時代を描いたお話です。

ストーリー的には、次これなるやろ、ほんであーやろ・・・と
予測がつきすぎるのですが、民族好きなわいにはアクター達のコスチュームやら
ジュエリー、タトゥー、ボディピアスに心を奪われっぱなしでした。

なかなか血みどろで、(^-^; ゴーリーなシーンがたくさんあります。
心臓バクバクしまくりでした。←小心者のわい。

マヤ文明には素晴らしい文化があって、マヤ暦は有名ですし、
天文技術も当時にしてはどうやって??とまだたくさんの謎を残しているようですが、
衰退の経緯をたどったのは、スペイン侵攻だけでなくっても、何に対しても欲ばりすぎた・・・のかな、と映画を見て今の世界とだぶって見えました。

高度な文明技術を持ってしても、自然の力にはかなわないのかな・・・と
いうのがわいのこの映画を見ての感想です。

でも帰ってから色々メソアメリカ文明を調べてたら、この話はどちらかといえば
アステカの方に近かった気がするんですが・・・。



またDVDが出たらもう一度じっくり見たい映画です。
[PR]
by ponzu_77 | 2007-02-19 09:53 | movie/TV | Comments(10)

かもめ食堂

“コーヒーは(誰かに)入れてもらうから、おいしいんだよ。”
とは心に残る《かもめ食堂》からの一言でした。

そのときスーが食後のコーヒーをコトっとテーブルの上に置いてくれた瞬間だったので
驚きました。

(人のお家で食べるご飯はなんでこんなにおいしいのかねぇ。。。)
というのは、本当に誰もが同じように思うらしく、
かもめ食堂でもそれが見事に表現されていました。

(おかんが握ってくれるおにぎりはどうしてこんなにおいしいのかねぇ。。。)
夜食にと、ご飯がちょっと余ったときに作ってくれるおかんのおにぎり。
どんなけ病気でも、どんなけお腹がいっぱいでもあれだけは食べられる不思議な
ものでした。

小さい頃、風邪をひいてゲーゲーなってるときでも、おかんのおにぎりだけは
不思議と食べれる一品でした。本当に日本人のソウルフード、おにぎり。

帰国したら絶対一回はおかんにお願いする、おにぎりです。

心を込めて作ってもらうご飯、一緒に共有する大切な時間、
ご飯は人を強くする、本当にそう思いました。




最近実は忙しさにかまかけて、ご飯作りが手抜きになっていたので、
(いかん、いかん・・・)と思い直させてくれた映画です。

明日からはもうちょっと緩やかに少し丁寧に生きていけそうです。
そんな気持ちにさせてくれる映画でした。

More
[PR]
by ponzu_77 | 2006-12-19 22:21 | movie/TV | Comments(26)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

ナイス!ええなー!同感!とか記事、情報がよかったよ!と思ったらクリックお願いします。がんばって記事書きます!
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

メルボルン ホテル

記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2016.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
オーストラリア滞在を楽し...
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30