<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

journal canteen & welcome back hiki!

c0053898_9383970.jpg

ブログがご縁で知り合ったhikiちゃん
彼女の撮る写真は独特の空気感をもっている。

そういう “ネットな関係” が4年ほど続き、
2年前ぐらいに彼女の友達がメルボルンにいるから、
会ってみてください。と先に彼女の友達デビューをはたし、
先日やっと、hikiちゃんと初のご対面になった。

ウェルカムバック トゥ メルボルン だ。
・・・というのも、彼女はこちらの大学を卒業しているので、
メルボルンで生活をしていた一人。

c0053898_9474899.jpg

短い旅程にも関わらず、半日一緒に遊んでくれた。
まずは腹ごしらえ・・・っつーことで足を運んだのは、
Journal Canteen。

Cumulusもいいかな、と思ったんだけど、テーブルには
つけないだろうし、横に3人並んで座っちゃっても、しゃべりにくいし、
なんてたって、高い天井にみんなの声が響いて、うるさいのが結構気になる。

Journal Canteenは前から気になってて、
ガートルードstにある、ブリギート・ハフナーさんがやってるenoteca
腕を振るっていたローザという小柄なおばさんが始めたお店だ。

c0053898_9562256.jpg

(写真はThe Age Restaurant Reviewより)

Rosa Mitchellさんはスローフードにも精通していて、
イタリアの家庭料理がここ、Journal Canteen楽しめる。
5十ん才で初のお店を出した。ってことで、メルボルンの外食産業の中では
ちょっと有名なおばさんだ。

今回は、$32のデガステーションにすることにした。

ここのデガステーションは前菜はアンティパストを、
行った人数でシェアして、次にパスタが出され、
メイン、デザートという流れ。パスタは決まっているが、
メインは3種類の中から選べる。メインを選ぶだけなので、
結構楽ちんで、いい。

まず前菜
c0053898_102859.jpg

なす、赤ピーマンのグリル、レンティルサラダ、サラミ、野菜オムレツのような
ものがバランスよく並び、味もしっかり、素材の味を生かした味付けでよい。
特にズッキーニのサラダはコリコリした食感がよかったので、
家でもやってみたい。
c0053898_1074466.jpg

次、パスタ。
え?これ????

・・・とお子ちゃまセットのように出てきたラビオリ。
中にはうずら肉。でもこれがまたクリーミーなトマトソースと
あって、とてもおいしかった。

でも確かにここでどっかーんと出てこられては、困るし、
これぐらいがちょうどなのかもな。。。

c0053898_1091387.jpg

メインも3個違うのを頼んでみた。
これは鯖のグリル、トマト+ポテトサラダ

鯖もふっくらジューシーに焼かれていて、
文句なし。あ、そういえば携帯醤油をhikiちゃんにいただいたのだった。
使えばよかった!!(^-^;

c0053898_10113623.jpg

ビーフカツみたいなの。
薄~く叩いたビーフも柔らかく、結構よかった。
手前に見えてるのは、ついてきたサラダ。
c0053898_1013742.jpg

(veal)子牛の煮込み。
付け合せにRISSONI。
(リゾーニ絶対買うーーーーーー!!)と心に誓った。
ソースに見事に絡んでおいしい。

リゾーニは最近、よく耳にする、(パントリーに常備しとけば便利よ♪)系パスタ。笑
米粒より2倍ぐらい大きめの感じで、日本人には馴染みやすい食感だと思う。
サラダにも使えそうで、万能っぽい!

c0053898_10204527.jpg

そしてデザート。
このケーキが見た目以上においしかった。
ナッツがふんだんに使ってあって、キャラメルの焦げたような
香ばしい風味が控えめな甘さとマッチ!
まだほんのり暖かい感じで、ちゃんと作ってるんだなー感で
大満足。


○ 食 べ 終 わ っ て ・・・ ポ イ ン ト 

行った日が金曜日ということもあってか、1時には一杯になって、
とてもガヤガヤした雰囲気だった。最近年くってきたのか、落ち着いて
声を張り上げずにご飯を食べたいな、と思うようになってきた。

しかもこんな日に限って、避難訓練がCAE内であったようで、
5分ぐらいずーーーっと避難しなさーーーいベルが鳴っていた。涙

反対に裏をついて1時45分ぐらい~がちょうど静かでいいんじゃないかな、と思う。
ただ2時頃になると売り切れているものがあるっぽいので、その辺はギャンブルだけど。

「ん?何ここ?」って感じでできた当時はRosaさんが厨房に立ってたけど、
最近はRosaさんは料理をせずに、シェフを雇ったっぽいなー。
メインも単品で選べるから、普通のカフェのメインと変わらない値段なので、
家庭的イタリアンをさくっと食べたい時にはおすすめ。

■ Canteen
mezzanine, 253 Flinders Lane
melbourne
(ph) 9650 4399
↑ 予約は6人以上からでないと、受け付けてくれない。
  ので、12時ダッシュなら席はあると思う。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-28 10:36 | 店屋物 | Comments(8)

ほぼベジ ソウフルードなお好み&Co-op

c0053898_1142050.jpg

「今日、晩御飯お好み焼き行けへん?」
「えー、わいあんま好きちゃうねん。」
「うわっ!あんた非ぃー大阪人や!」

何度友人達にこう言われただろうか。笑

そう、実はつい最近まで、そーんなに
お好み焼きが好きではなかった。
実家でもお好み(家ではこう呼ぶ)をするときは、
わいだけ焼きそばか焼きうどんだった。

そんなわいも年なのか、最近お好みがうまいと思うように
なってきた。

今回のお好みはちょっとポンズ ツイストが加えてあって、
赤キャベツ、ズッキーニの削ったの、スクウォシュの削ったのが
大量に入ってあって、そこにネギを入れ、おいしい卵と、
ホールミール(全粒粉)の粉、出汁、魚粉少々で溶いてある。
片面を焼いて、干しえびをパラパラっとすることで、風味が出る。

わいのお好みはどちらかといえば、粉どっしりタイプより、
チヂミのような、薄焼きタイプ。心に栄養もいきそうな
“ソウルフード” になった。

意外にも赤キャベツのお好みもおいしかった!

c0053898_1119338.jpg

このときに使ったおいしい卵、
Kちゃんが前にWWOOF に行っていたオーガニック農家からの産直。

最近ここの素晴らしい卵や、野菜を直接買えることになった。
ご縁をつなげてくれたKちゃんに感謝だ。
どれもこれも形はバラバラだし、梨やアンジェリーナプラムは小さいけど、
めちゃくちゃ甘い。
c0053898_11342739.jpg

食料品、特に、生鮮品の価格高騰のせいもあって、
芸術家やオルタナティブな人達がたくさん住むと言われる
ノースエリア(ノースコート、ブランスウィック、ソーンブリー、プレストン周辺)の
方でも農家から直接大量に買って、ご近所さん達でCo-opをしている人達が
増えてきているらしい。

家もその波に乗って、直接農家の人達とこうして
やりとりできるのは、とても幸運なことだ。

c0053898_11264825.jpg

KちゃんもWWOOF 時代に面倒を見ていたという鶏たちの
フリーレンジ卵は、本当においしい。

日本の卵と違って、サルモネラ菌の殺菌処理がされていないという
オーストラリアでは生食は避けた方がよい。とされているが、
わいはこの卵を見て、思わずこないだ卵がけご飯を楽しんだ。
超うまい!

c0053898_1131369.jpg

最近チリとシシトウが掛け合わさってしまった?っぽい、
今が旬の家のシシトウとバジル、そして友人の庭で大量に採れた
プラム、ネクタリンを煮た、というプリザーブを交換した。

こうして食のネットワークがつながっていくのは、サステイナブル度を見ても、とても意味のあることだと思う。とても
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-27 11:50 | 毎日ご飯 | Comments(12)

2月つれづれ 食&庭&暮らし

c0053898_200532.jpg

改装された Heidi に4年ぶりぐらいに行った。
昨今の旱魃で、芝は真っ茶色。以前の面影は
どこにも残っていないようだったが、
kitchen garden と呼ばれる庭には
少し色が残っていて安心した。

そこにあった好みのエッジ。
びっちり整えられたエッジより、
このラフさと脇にわさわさと
あふれだす花々が素敵だと思う。

c0053898_20501946.jpg

これまた4年ぶりに七輪を出した。

けだまちゃんの友達、Rの家での焼き鳥会。
彼女特性のつくね、うまかったー。
わざわざ焼き鳥のタレのレシピも
調べてくれて作ってくれた。

皮もちゃんと下処理して、うまかったなー。

やっぱ焦げも味のうちって感じで、
香ばしい香りがとてもヨイ。炭も残ってるし、
もろこし焼いたり、秋の夜長に色々してみようと思う。
(fire banにはならないでくれー)

c0053898_2055020.jpg

allieちゃんお手製のクレープ。
中にはイチゴとバナナ入り。
この皮のきめ細かさはプロ並みで、
思わず「買ったの?」と3回ぐらい聞いてしまった。

スーなんて3個ぐらい食べてた。笑

うーん、人が作ってくれた食べ物っておいしいなー。

人のご飯食べるの、大好き♪♪ ^^
一番のご馳走だな、と思う。

c0053898_2058654.jpg

いつものマジックソープを、地産地消にしてみようと、
オーストラリア産の液体石鹸を買ってみる。

色々香りがあって、ラベンダー、オレンジ、無香料、
そしてこのローズマリー。

家は液体石鹸はスーと共同で使うので、
ローズマリーが一番無難でいいかな、とこれにしてみた。

ん?使い心地?

うーん、、、やっぱりマジックソープの方が、
泡立ちもよく、香りも好み。これ、昔あっくんが使っていた
アトピー専用石鹸のような匂いがする。

一度どこかのヨガスタジオでオレンジを使ったことがあるけど、
オレンジの方が香りがいいような気がする。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-26 21:10 | food lovers | Comments(4)

きゅうりのカナッペ

c0053898_1421817.jpg

最近、豆腐マヨネーズを作るのにハマっていて、
チューブで買える豆腐を買っては、色々な味の
豆腐マヨを作ってます。

その日の気分、献立によって梅酢、ピーナッツバター、
タヒニ、トムカーペーストとか、ヨーグルトなどと一緒に
フードプロセッサーで混ぜるだけ、の簡単豆腐マヨネーズ。

この日はなんとなく、棒々鳥の気分だったので、
ピーナッツバターをあわせ、塩コショウで味付け。

カイエンヌペッパーを彩りにふって、ゴマをぱらり。と乗せました。

そういえば、昔大根を薄く切って、梅干+かつおぶしを
乗せておつまみを作ってたなーと思い出した!
基本的に日本のおつまみはベジ使用が多いので、
案外持ち寄りパーティーでも重宝。

日本風にだったら、もろきゅうもいける!
このきゅうりがカナッペタイプだったら見栄えもするし、
一口サイズで便利!あー居酒屋に赤提灯が楽しみだなーーーーー。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-23 14:28 | food lovers | Comments(12)

メルボルン クラフト&写真の日

c0053898_1218821.jpg

幸鳥ちゃんが作ったくるみネックレス。
めっちゃ好みなので、一個オーダーした。グフ。

ひょんなことから幸鳥ちゃんのブログを見つけ、
あまりの可愛さに、この繭玉ピン買いたい!と
リクエストを送ってみたのがはじまり。

そしたらそれからすぐにokimakiちゃんの会合で本人に会って、
気づけば、色んなところで顔合わしてたね!という不思議なつながり。

この写真を撮った日、初めてピンでお会いして、
色んな話して、アートの話で盛り上がって、
自分の中で(クラフトはやっぱいいな。)という結論になった。笑

幸鳥ちゃんのくるみネックレス、
現在Zakkayaで販売中。

c0053898_1231373.jpg

幸鳥ちゃんと別れてからNGVに行った。
大好きなRosalie Gascoigneを見るため。

ロザリー・ガスコインは1982年のベニス・ビエンナーレで、
オーストラリア代表、そして女性として作品を発表した
初めてのアーティストとして知られている。

c0053898_1250143.jpg

アートを勉強した、ということは彼女の人生では存在せず、
草月流のいけばなに熱中し、初めてシリアスなエクスビションを
開いたのは彼女が57歳のとき、という、わいも希望を
高く持とう、みたいに思えるオーストラリアン・ビジュアル・アーティストの一人。

彼女の作品を見ていると、
“本当は身近なところにアートはあるんだよ。全ては考え方次第。”
と言われてる気がしてならない。

路傍の石でもある一つの限られた空間においてやると、
輝きや美しさは何十倍にもなるわけで、
形、質感、色、匂い等、その素材そのものの美しさを
普段見落としていることは、きっとたくさんあるのだと思う。

人に告白するとビックリされるのだが、
わいも落ちているものが大好きな性格で、
骨、羽とか、流木、石ころ、へしゃげた缶・・・etc を
集めてしまう癖があって、結構な量になってきているので、
いつか彼女のように、形にできたらいいな、と思っている。




ロザリーのエリアの隣では、これまたオーストラリアを代表する
フォトグラファー、Rennie Ellisの展示がやっていた。
NO STNADING。彼は60年代からジャーナリズム的な
社会を映し出すような写真を発表してきた。

ミディアムこそちがえど、ロザリーと同じく、
彼も普段の普通~の人々を撮っている。

でも写真がその時の、その情景のストーリーを語ってきそうな勢いがある。
写真が訴えかけてくる。普通ーが案外、一般市民には入りやすい、
というか、身近に感じられ、ぐっとひきつけるものがあるのだろう。

60年代~70年代のメルボルンの写真はこれまた
見ていておもしろくて、次の日に「あの写真の中の事情はどういうこと?」と
説明してもらおうと、スーを連れて行ったほどの大満足の展示だった。




これから、アート・ジャーナル的にブログも使っていこうと思う。

NGV
(The Ian potter Centre)
■ Rosalie Gascoigne  (Rosalie Gascoigne) FINE ART
3月15日まで
■ Rennie Ellis (NO STANDING) PHOTOGRAPHY
2月22日まで
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-22 13:21 | art & design | Comments(2)

7年目にして・・・やっと。。。CUMULUS INC.

c0053898_7463319.jpg
(友達とのランチどーしよー。。。)と
困ったときに、毎回救いの手を差し伸べてくれる、
けだまのメルボルン

ご本人に聞いてみた、
「どっかええとこしらん?」
「うーん・・・今、行ってみたいところは、ここ。」
と教えてもらったCUMULUS INC

「フリンダーズレーンにある。」と聞いて、ポイント高かった。
というのも、ギャラリー、アーティストスタジオ等が並ぶ、メルボルンの
クリエイティブストリート(勝手に自分がそう思ってる)だからだ。

はっきりいって、メルボルン在住7年目になろうとしてるが、
今まで行った店屋物を総合的に考えて、ここは、
堂々の1位をあげたい。THE BEST!
わい、かなりお勧めのお店。
c0053898_834980.jpg

(写真はGourmet Travellerより 記事に飛びます)

調べてみると、わいが好きだったお店、CIRCAのシェフだった
Andrew McConnellが新しく開けたお店のようだ。

CIRCAのランチもすっごい味の組み合わせがよく、
かなりポイント高かったのだが、残念ながら、
最近どうやら週末ランチの$65になってしまったよう。

でも、このCUMULUS INCでまた彼の味を楽しめる!

c0053898_7473467.jpg

(携帯でとったので、画像ショボくてすんません)
レッドマレットのエスカベッシュ、クラックドオートのサラダをシェア。

とても斬新でいて、繊細な味。どちらも、どっかで食べたことあるけど、
この味はなんやろう?みたいなスパイスがたっぷり、
入ってあって、気になった。
でも酸味といい、具のバランスといい、めっちゃおいしい。

クラックドオートのサラダは、若い大麦も入っていて、
麦もほどよく茹であげられていて、文句なし。
入っている野菜のチョイスもとてもいい。

最近よく見る、そばのスプラウトorビーツのスプラウト。
わいも買いたいんだけど、なかなかないなー。
WAGYUのように、早く一般化してくれればうれしいな。

c0053898_874471.jpg

デザートもちょっと気になったので、
さくっと手軽にマドレーヌを注文してみた。
もうどっしりデザートの時代は終わった。。。(わいの中で)

レモンカード入りの特製マドレーヌで、
(15分)お時間いただきます。って期待高い!
レモンカード・マドレーヌもばっちりの旨さ!

ちなみにこの日発見したんですけど、
マドレーヌって英語でマデリンっていうんですね。
初めて知った!!他にもマカロンもマカルーンとか。

サービスもとてもよくて、忙しいのにちゃんと相手にしてくれる
カスタマーサービスは◎!

しかもCUMULUS INC のえらいところは、
朝のブレックファーストから、ランチ、ディナー、
そしてバータイムの夜11時まで開いてるってこと!
オイスター、タパス、チーズ、生ハムみたいなおつまみもそろってるから、
オールマイティで使えそうなCUMULUS!

cityで11時まで開いてるってかなりポイント高く、
毎回食後のお茶場所に困っていたので、これからは
ここで。

この日は二人で$20ぐらいでした。
メイン+サラダを頼んで、ランチで
コーヒー+デザートまでしてこの値段って
悪くないよね。(メルボルンではいいと思う)

わい、絶対リピート確実のお店!
テーブルに座るのは3人~ぐらいなのかな。
お客さんの年齢層も高め。

量はそんなにいらないんだけど、質はいいのがいいな。的な
食べ方をする人にはお勧めなレストランだと思う。

■ CUMULUS INC.
45 Flinders Lane
Melbourne VIC
(ph) 9650 1445
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-20 08:26 | 店屋物 | Comments(16)

Heidiの前に腹ごしらえ

c0053898_16473.jpg

おなじみ、けだまちゃんallieちゃんとガールズ・デイアウト。
この三人が集まったら、カフェは絶対はずせません。

allieちゃんがシドニーにいたときから、
メルボルンにホリデーで来た時に訪れたという、
Cafe Quinceに連れていってもらいました。

そのときの記事は ■ こちら ■
c0053898_1664235.jpg

このカフェ・クインス、ここもCIBIと同じく、
住宅地に突如出現するような、
地元民に愛されてるんだろうなーっていうカフェ。
c0053898_16101558.jpg

土曜の朝は人が一杯でまた雰囲気も違うらしいのですが、
ランチタイムには、ゆったりくつろげる空間です。

ダークカラーの木を基調としたインテリアで、
落ち着いた印象。
c0053898_1612188.jpg

シーザーサラダとソルト&ペッパーカラマリ(イカ)をシェアしました。
シーザーサラダはクルトンがフォッカチャで作ってあって、
なかなかの食べ応え。

カラマリは縦横無尽に走らせた隠し包丁のお陰か、
とても柔らかくて、イカリングとは別格のうまさ!
でも3人でシェアはちょっと少なかったかな?
って朝ごはんをちょっとしか食べていかなかったせいか?!
c0053898_16165726.jpg

コーヒーもおいしく、文句なし!
allieちゃんは、「ここはチャイラテがおいしい!」と
言ってて、一口もらったら確かにおいしかった!
次回はチャイラテで。でも日中はどーーーしてもコーヒーが
飲みたくなるんだよねー。。。



■ Cafe Quince
43-45 Spensley St
Clifton Hill VIC 3068
(ph) 9482 4180
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-19 16:37 | 店屋物 | Comments(8)

気持ちの良い空間CIBI

c0053898_1002156.jpg

「建築家の人が始めたカフェがあるらしいよ!?」と
聞いて早一年が過ぎようとしていた。

大阪ではかえって、狭い空間の方がこじんまりしていて心地よい。と
思っていたが、こちらに来てからは周りにある空間が広いため、
《閉所恐怖症》になってしまう人の気持ちが多少わかる気がする。

開放された空間と高い天井は、気持ちがよく、
広くとられた窓は自然光が入ってくるので、いるだけで
なんか上に伸びる感じで元気になる。



そんなカフェがCIBI。
さすが、建築家の方がオーナーだけあって、
インテリア、置いてある雑貨もとてもセンスがよい。

普通~の住宅街にぽっと突如出現するカフェは
なかなか意外でおもしろい。

空間の半分はショップになっており、
白山陶器柳宗理、ふろしき、てぬぐい等、
デザイン系クラフトの好きなメルボルンにぴったり。

柳シリーズは徐々に集めていっているライフタイム
台所グッズなので、かなーーーりやばかった。


c0053898_10194810.jpg

友達と二人で行ったので、シェアすることに。
豆腐バーガー。こちらのベジレストランによくありがちな、
ボソボソのグリルされた豆腐バーガーという感じではなく、
がんものような、しっとりふんわりの豆腐パテ。
青紫蘇の風味がとてもあってる。

タレもおいしいし、パンのふっくら度も完璧。
日本人受けのするパンの固さ。

c0053898_10223537.jpg

ソバサラダ。
「シェアします。」と伝えておいたので、
可愛いパステル色のお皿も持ってきてくれた。ボーダムの。可愛い。

コーヒーもおいしくて、トータルでGOOD!
他にもピデ等サンド系も充実してるっぽいので、
サンド系ランチが好きなスーも連れていきたい。

オーナーの方もスタジオ(アトリエ)を奥に設置し、
とても機能的で、わいが将来思い描いている理想的な形だ。


c0053898_1054998.jpg

最近、クリエィティブで“いけてる”
メルボルンのデザイン事務所事情では、
お抱えシェフを一人雇って、事務所内でみんなで
ランチ、デザイン事務所には必ずある残業のときはディナーも、
という感じのところが増えてきている。

お抱えシェフがいなくとも、近くのカフェと提携したりもして、
コーヒーのいくらか分は会社が負担したり、それができないところは、
マシーンを一台買って、(コーヒー好きな時にどうぞ。)的に楽しめるらしい。

わざわざ外にコーヒーを買いに行かなくてもいいし、
みんなで一つ屋根の下、ちゃんと作られたものを食べる、というのは
とてもいいアイデアだし、仕事もはかどりそうだ。
実際、スタッフの仕事に対するハッピー度も違うのだそうだ。

やっぱ、スタッフをどれだけいたわるかで、
会社の良し悪しも決まってくるんだろうな。
まぁ、会社を動かしてくれるのは、スタッフだしね。

大阪のわいのお気に入りショップgraf
3年前に帰ったときにはカフェが出来ていたので、
食と暮らしのトータルデザインというのが、
時代の流れなのかもしれない。

インダストリアルデザイン、空間デザイン、
建築等、デザイン系が好きな人には特にお勧めなCIBI!
トイレも一工夫されてて、おもしろい!お勧め!

わいはトイレの感じでそこの良さが決まると思う、
ちょっとトイレおたくです。


同じメルボルン在住のうるわしさん、TOROちゃんも行ってたので、そちらも参考にどうぞ。 
■ こちら ■(TOROちゃんの記事)
▲ こちら ▲(うるわしさんの記事)

■ CIBI
45 Keele St, Collingwood
Mon-Fri 8am-5.30pm, Sat 9am-5pm
(ph) 9077 3941
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-18 10:39 | 店屋物 | Comments(24)

ようやく携帯カメラデビュー & メルボルン アートギャラリー情報

c0053898_16581983.jpg
週末に4年前ぐらいから使ってた携帯を
変えました。

個人的にわいも、スーも話せて、
簡単なメールが送れれば、それでいい。
というスタンスなので、ずーっと同じ化石種みたいなのを
使ってたんですが、どうもバッテリーが一日も
もたなくなってきたので、とうとうサヨウナラ。することに。

新しくやってきた携帯。ソニーエリクソンのもので、
早速持って、出かけてきました。

c0053898_16131363.jpg

さて、出かけた先は意外と皆に知られていない、
ステートライブラリーのギャラリー。
数年前まで改装していたのが、終わって
モダン&伝統のバランスのとれた、
キレイな図書館に生まれ変わりました。

c0053898_16232666.jpg

ヨーロッパ諸国、英国、米国なんかを見てもそうですが、
オーストラリア、メルボルンにもその例に漏れず、
ほとんどのアートギャラリーは無料で入ることができます。

よっぽど、外国からほにゃららの巨匠!等の絵画展等が入ってきたら、
別料金を払うのですが、それ以外の展示は老いも若きも、旅行者も
みーんな、どんな人でも身近にアートが楽しめるようになっています。

今日なんて、ソファーでごろーんと横になりながら
写真を眺めている若者数人がいました。(^^;;



このステートライブラリーもなかなかおもしろい展示が
タダで楽しめるので、結構メルボルンの穴場な場所だと思います。
図書館内の4つのギャラリーで何かが必ず開催されている感じです。


c0053898_16465647.jpg

keith murdoch gallery (スワンストンst側から入って、右手にすぐあるところ)
では、オーストラリア現役ペインター達のアトリエ公開!写真展みたいなのが
開催中で、それぞれアーティスト達の色が垣間見えて、おもしろかった!
Hanakoでおなじみのケン・ドーン氏の写真もありました。

わいも実は最近まで、ここしか知らなかったのですが、
今日、初めてLevel 4、5のギャラリーがあることを発見!
c0053898_16562839.jpg

Level 4、5にはDome Galleriesがあって、
mirror of the world: books and ideas
世界各国から集められた本の展示。古いものからモダンなものまで、
活版印刷されたようなのもあって、デザインも斬新!

手書きされた花々の図鑑、レンダリングされた絵なんかもあって、
Drawing の勉強にもなります。


c0053898_16531131.jpg

ドームを一階上がると、ビクトリア州の歴史展のような、
the changing face of victoriaが開催されていました。

昔の写真、生活道具等も展示されていてなかなかの見応え。
大阪の民族博物館のミニ版みたいな感じでしょうか。

c0053898_171779.jpg

オーストラリアでは有名なネッドケリーの鎧もここにありました。
レプリカなのか?これだけを見たい人はわざわざmelbourne gaolに
行かなくてもいいですね。タダですし。笑

一人で(おぉ~~~!)と感動したことがあったんですが、
Kanteenというヤラ川沿いのカフェに行ったときに
見ていた、アンティーク風の花箱or花かご

先週スーと、「あれってどこかでまだ買えるのかね?
あれってでも元は何に使われてたんやろね。」なんて話をしてたら、
パネルにあった!!
c0053898_1722779.jpg

これ!
ハーベストした果実なんかを入れてた入れ物だったようです。
他にも昔のデリの写真、八百屋の写真、生活の写真、
家族の写真等、見応えたっぷり。

メルボルンに旅行に来る人にもいいかもしれません。
3月ぐらいまで開催しているようです。
詳しくは、ステートライブラリーのWEBSITEをどうぞ。
■ State Library of Victoria ■


今回の写真、全て携帯で撮りました。

毎回、どでかいデジ一を持ってると、
肩が凝るのが難点で、これからは身軽よーーー!!と色々撮ってみましたが、
うーむ。
肩が凝ってもやっぱ写真部としてはちょっと物足りないかな。。。というのが本音。

でも、まぁチョイスがあるのはいいことですしね。
結構あーカメラがあったらなぁ・・・ということが多々あるので、
もう少し色々キャプチャーする機会が増えそうです。
やっぱささっとちゃちゃっと撮れて、軽いのが魅力ですしね。

今年は色々アートギャラリー巡りをしたいと思います。
なんかそんな流れっぽい。笑
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-16 17:16 | art & design | Comments(8)

近頃の好きだっ!世界の調味料旅

c0053898_921323.jpg

去年辺りにSBS、FOOD SAFARIを見ていて、
よく出てきたパプリカ。

スペイン語圏の人は、このパッケージの
パプリカを使っている人が多くて、
わいもマネしてみたら、すっかりはまって、
パプリカ=これ。になった。

風味もよく、色もキレイ。

でもハンガリー出身の人に言わせると、
「ハンガリーのスイートパプリカが一番だ!」って
言うけどね。グラージュが生まれた、本場だものね。

パプリカって良質のビタミンCを含むのと、
媚薬効果もあるらしい。ウフ だからパッケージは
男女仲良く手をつなぐ二人???(^^;;

ポテトサラダの上にパラ。じゃ、もったいない。
もっと積極的に食事に取り入れてみたい。
暑いときなら、ガスパチョに多めに混ぜてみるのもいいかも。
最近アボカドが高いので、赤ピーマンとアボカドの冷製スープができない。涙

c0053898_9204659.jpg

地産地消推進派なので、
遠くイギリスから来た塩を買うのは、
気が引けていた。

でも、ずーっと食べてみたかったMALDONの塩。
ぺろり。としてみると塩味がまろやかで、これまた野菜に合う!

c0053898_9254292.jpg

パッケージは見たことある人も多いかな、これ。
c0053898_930438.jpg

近所のアジグロで瓶詰めペーストの新作が
増えてきた。こういうのもたまに買ってみる。

ここんとこ暑いからか、「ココナッツ、いいねー!」と
最初に目がいった、トムカーペーストを購入。

タイ料理のスープでトムヤムクンと並んで有名なのが、
鶏のココナツスープという感じの料理、トムカーガイ。

もちろん、普通に水に溶かして色々野菜ほりこんで
スープでも楽しめるのだろうけど、買って速攻
カンガルー肉をタイ風にマリネしてみた。

溶かして使うタイプのペーストなので、
そのままだと塩味が結構きつめについてある。

そう、肉をマリネするのには、ばっちり!タイ風にアレンジして、
スイートチリソース、ナンプラー、にんにく、しょうが、
レモングラス、コリアンダー、を刻んで、マリネしておいた。

これまた・・・ご飯が進んで困った。
普段はモロッカンタイプにマリネするカンガルーだけど、
タイ風に調理できて、献立がまた増えた!yeah!
今度何かBBQがある時はこれを持っていこうと思う。
他にもチキン、ポーク、魚介類でも合うと思う。

ちょっと飛んだところでは、このペーストをご飯と
野菜なんかも一緒に炊いて、アジアン風炊き込みご飯も考え中。
鯛めしもアジア風に・・・みたいな感じも絶対うまいはず。

こういうペーストはスープだけに限らず、
他にも炒め物にも絶対使えると思うので、
買っておいたら、うわー今日ご飯、何しよーって
時に便利かも。一瓶$2ちょい。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-02-14 09:53 | food lovers | Comments(6)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

ナイス!ええなー!同感!とか記事、情報がよかったよ!と思ったらクリックお願いします。がんばって記事書きます!
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

メルボルン ホテル

記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2016.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
オーストラリア滞在を楽し...
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧