<   2009年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

東欧スイーツ ハルヴァ

c0053898_11381964.jpg

「これ、絶対ポンズも好きだと思うから、食べてみなさいよ。」

わいのボスはポーランド系オーストラリア人、
そばの実でお馴染み、笑 のボスが勧めてくれたお菓子、ハルヴァ。

ゴマの風味がしっかりときいたホロホロと崩れるお菓子で、
プレーンのものもあれば、バニラ風味になってるもの、
あとこうしたチョコレート味とミックスになったものもある。
このわいが買ったのは、ギリシャの国旗がついてるので、
ギリシャ産のもののよう。

このハルヴァ、練りゴマ(タヒニ)の食文化がある地域、
レバノン、ギリシャでも食べられているお菓子のようで、
ハンガリー系オージーの同僚も「昔これよく食べてた!でも忘れてたわ!」と
感激してバクバク食べていた。^^

日本にも練りゴマや、ゴマ文化は深く根付いているので、
日本人には、なんだか懐かしい味のするお菓子だと思う。



さて、ハルヴァにしろ、東ヨーロッパのデリ文化や、
特にお菓子文化はすごいものがある!
c0053898_12302418.jpg

昔の名残だろうか、ギリシャ語(だよね?)だけで書かれた
サイン。どうして読むんだ?と思うようなサインが
他にもまだ結構残っている。

メルボルンでも東欧系、イタリア系、ギリシャ系、レバノン系移民達が開く
お菓子屋さんの方が個人的に、バターたっぷりのフランス菓子より、豆、ナッツベース
になっているものが多く、食べ慣れているものを出す感じがする。甘さ度は別として。
(ってそこまでお菓子を食べ歩いたわけではないけど、今のとこ。。。)

戦後に増えた移民達、元はといえば、自分達が慣れ親しんでいた
こういった本国の味を食べたいという欲求を満たすために、
一からこちらで再現した、というお店が多かっただろう。

時代は流れ、そんな移民達も今や2世、3世の時代になり、
彼らはある意味、現在も本国より伝統的なお菓子や文化を
継承する傾向にあるという。そんな伝統的な味が存在するのが
食の都、メルボルンらしい。

幼少の頃、7歳でこちらに渡ってきたハンガリー系オージーの知り合いは、
「こないだホリデーでハンガリーに行ったら、「言葉遣いが古いわよ、おばさん!」って
言われちゃったわー。」なんて話していたほどで、50年ほどの月日が流れ、
言葉も進化して、食べ物もヨーロッパ全体を通して
グローバライズ化されてきた、という。

でも彼女の中での話していた言葉や、食べ物の思い出は
50年前のそのままであるのか、彼女自身がオーストラリアナイズされてきたのかは
わからないが、「メルボルンがどれだけ食べ物に恵まれているか、
身にしみて感じたわ。」と話していた。

いつか自分も「あの人話し方がちょっと古いよね。」とか言われるようになるんだろうか。
そんな時に懐かしい、食べたいな、と思うお菓子はなんなんだろうと、
ハルヴァを見てそう思った、午後だった。





= = = = = = = =

ハルヴァはミドルイースタン系のデリとか、レバノン系の
スイーツセクションにあると思います。こないだメジャー系スーパーの
グルメセクションでも見かけました。ちょっとパーティー用のクラッカーとかが
置いてあるようなところ。たまに東欧系デリのカウンターの上にも
ブロックで量り売りされてるのも見ます。

500gで7ドルぐらいで買えるので、結構お得かも。
保存がきくのでお茶請けにもピッタリです。
丸型は失敗だった!四角い方が切って食べやすいです。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-31 12:28 | food lovers | Comments(8)

バラと写真と日常

c0053898_16454030.jpg

少し奥まった場所にある近所の花屋。

一度入ったら、必ず何か買って出てこなければ
いけないような気になるような奥まり具合で、
なかなか入る勇気がなかったのだけれど、
春めいた陽気に誘われて、入ってみることにした。

Whitemoss のようなお洒落な花屋とはいかないけれど、
手頃な値段で季節の花、ネイティブの花が売られていて、
おっとりとしたおばさんがサーブしてくれた。
これはもっと利用しないとな、と気持ち改めた。

最近ラナンキュラスが出てきて、大きなバンチで
$5とか手頃な値段で買えるし、元気な色が春らしくて、とても好きだ。

お店を出てきてから気づいたら、自分の誕生日に
自分で花を買っていた。(5ドルで喜べるって安上がりだな。)
なんて思って写真を撮ってみた。

c0053898_16555341.jpg

その夜、スーが黄色バラの花を誕生日プレゼントに・・と抱えて帰ってきた。
赤じゃなくて、黄色・・・というのがわいらしくて、GOOD!

でもスー的にはあり得ないチョイス、というか、バラは彼的には
いけてない花・・・らしく、今までプレゼントされたことなんて、1度しかなかった。

おまけにここ数年は仕事が忙しくて、花をワイフに・・・と
考える余裕もないようで、へーぇ。バラかぁーーと思ってたら、
「お互いバラをあげて、喜ばれ・・・てなったら、年とってきた証拠かな。」
スーの中ではバラは少し年配の方の花、というイメージらしい。( ̄- ̄)フーン

でも最近、バラづいているこのごろ、素直にバラってやっぱいい!と
思って、鼻の前を漂う香りにうっとりしながら、花瓶に生けた。

c0053898_1705040.jpg

次の日、仕事から帰ってきたらほどよい感じに開いていて、
窓辺から沈んでいく夕日の光と相まって、あまりの美しさにシャッターを
30分ほど夢中できり続けた。

あんなに集中力を出して写真撮ったのって本当、久しぶりだった。

今の時期、夕暮れの光が一番好きな光かも。
ふわりとした、リラックスさせてくれるような春の光。

c0053898_1731275.jpg

生花って桜的な情緒があるというか、
少しの間だけしか楽しめないような、刹那的な美しさが
なおさら美しさを増すような気がする。

この頃はいただいた花等は写真に撮ってあるので、
いつか一冊にまとめてみたいな、と思っている。

いつか自分のガーデンからバラをさっとまとめて、
色々な花とざっくりと生けたいものだ。
何年後かには絶対実現させたい!
抱負。

More
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-29 17:10 | lifestyle | Comments(8)

birthday dinner @ station hotel

c0053898_11472495.jpg

たくさんの誕生日のお祝いコメント、
ありがとうございました。^^

お会いしたこともないし、顔も見たことがない方が
ほとんどですが、それでも「オメデト。」と言ってもらえると
うれしいものですね。

本当にありがとうございました。^^




さて、今年の誕生日は去年と同じく、
スーとKちゃんがお祝いディナーに
連れていってくれました。
べニューは前からずーっと行ってみたかった、
STATION HOTEL。

アジア or ベトナム屋 or アフリカンしかないんでないの?と
思われるフッツクレイにあるんですよ、このレストラン。
意外でしょ?

しかも特筆しておかなければならないのは、
ここのシェフが元BOTANICALで務めていた方で、
これは行っておかねば!!と思っていたレストランです。

ちなみにBOTANICAL はサウスヤラにあるローカルの人達にも有名な
ファインダイニングのレストラン。わいにはなかなかファインダイニングの
レストランはご縁がないので行ったことはないし、FOODIESの友達達に
言わせたら、値段の割りに・・・って感じで、いまいちつかまれたことが
ないレストランだった。

TORORRIEちゃんが以前、そちらに行った記事があるので、
興味のある方は こちら を読んでみてください。



えにうぇい。

ステーションホテルのHP
を見てみると、
2008年にPub of the Year に選ばれたようで、
値段もメインが最高45ドル、スペシャルのメニューにある
パスタ等は20ドルぐらいの設定といった、比較的手ごろな
レストラン値段だと思って、期待度大。

c0053898_1235440.jpg

水曜日だというのに、満員御礼。
地域柄か、すんげーポッシュな人達もいないし、
居心地のいい環境。

お花がね、気が利くねーといったところに飾ってあって、
いい感じ。^^

c0053898_1284419.jpg

わいは誕生日ガールだったので、オイスターを注文。
玉葱ビネガーをつけて食べます。もみじおろし、持ってきて?と思うのはわいだけ?
タスマニア産のオイスターで、すっごい大きなものだったけれど、
個人的にはシドニーの小ぶりでぷりっとしたミルキーな物が好みかも。

Kちゃんはサラダ。
Warm prosciutto, goat's cheese and blood orange salad
with roast tomatoes and fennel

Kちゃんに少しもらったら、ゴートチーズが今までに食べたことのない味で
センセーショナル!でした。塩味もきつすぎず、プロシュートとの相性抜群。
おまけにブラッドオレンジがついてくるので、爽やかな酸味もドレッシング代わり、と
言ったところかな。

エンダイブもわさわさ庭で生えてきてるので、お家でも
作ってみようと思う。

c0053898_12172691.jpg

さて、メインに有名なステーキを頼みました。
このステーションホテルは、ステーキがシグネチャーらしく、
肉の種類だけでも結構あった。

グラム数も200g~500gまで選べ(500って食いすぎやろ!)、
メニューを見てたら、地産地消、がんばってる?と思われるような
ビクトリア産のお肉が多かったので、迷わずギップスランド産のお肉にすることに。
400gなので、スーとシェアしても200gずつ。

150days 300、400、、、っていうのが見えますか?
これはなんじゃらほい?と思って聞いてみたら、
牛が草を食んだ日の日数らしいです。

オーストラリアの工業化されていない食肉産業の牛は、
大概が草を食んで育つのが普通なので、世界にも稀で、
貴重な国らしいです。“オージービーフ”が持つクリーンなイメージは
きっとそこからきてるんでしょうね。

c0053898_12131457.jpg

さ、来ました。メイン。おいしそー!この写真を見ててもまた
食べたくなってきたほどの、優良味でした。
肉!!食べてますー!っていう匂いが全くなく、
久しぶりに、おいしい肉とその風味を食べた、という感じ。

Kちゃんは鯛のムニエル、カリフラワー&海老の
ケッパー添えを選んでいて、これも、いただいたけど、おいしーー!
マッシュポテトの塩が少ししっかり目についてあったので、
それと鯛を一緒に食べると、これはもう、絶妙のバランスです。

カリフラワーも家ではよく登場する食材なので、
これもまたアイデアいただき!!^^
c0053898_12145312.jpg

左のbread and butter pudding はここのシグネチャーデザートなので、
はずせなかったけど、シグネチャーになるその理由は食べて納得。
ブレッド&バターなので、パンとプリンかーーーとすごい重そうーーーな
イメージがありましたが、さらり。と入る乙な一品。
パンを薄く切って並べたのが成功の秘訣なのかな?

元は余ったパンの再利用を考えて作られた一品らしいので、
ここでもそういうパンを利用して作られたものだったら、いいな。
無駄にしない、というスタンスがレストランで根付いてほしい。

スイーツクイーンのKちゃんが一品頼んでくれたのが、
暖かいクインスチョコレートケーキ、アイス載せ。
これがまたすごいとろけるうまさでおいしいー。

どちらも12ドルっていうのがポーションと共に、
すごいフェアな値段だと思う!これで13ドル?小っちぇ!って言って、
がっかりしたことありません?デザートで?

3人で行って、2品メイン、デザートもシェアしてちょうど・・・
ぐらいのポーションで文句なし!

c0053898_12434856.jpg

全部食べ終わったら、辺りもほとんどいなくなってて、
ビックリ。

ここのウェイターさん達のサービス、とてもいいです。
久しぶりに喜んでチップをしたくなった!
すぐに飛んできてくれるし、スーが飲んでたビールの銘柄
覚えてたし、シェアしますって言ったらプレートも出てきたし。
文句なし!

Cumlus につぐ、また行きたいレストランの一軒かも!

今回のステーキは文句なしにおいしい、
スコッチフィレットだったけど、次回はスーが頼もうとしてた
ランプステーキを食べに、また行きたい場所です。

パブエリアでも食べてる人がいたので、パブミールもあるのかな?と
期待が高まる。。。^^ おまけにサンデー$12.50ランチっていうのが
出てたので、それもすっごい気になるー。一杯なんだろうけどなぁー。

フッツクレイにあるのが意外だけれど、そんなごった煮になって
ベトナムもある、インドもある、中華もある、香港もある、そして
おまけにここみたいなフレンチ風もある、みたいなカルチャーもいいよね!
気取らない雰囲気で確かな味のレストランだと思います。お勧め!^^

連れていってくれたスーに感謝!ありがとうーーー。


■ STATION HOTEL
59 Napier St Footscray,
Victoria 3011
(ph) 9687 2913 予約はマストの人気店!
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-29 12:21 | 店屋物 | Comments(8)

おとん、おかん ありがとう。

c0053898_11293958.jpg

32年前の今日、生まれました。
おとんとおかんとの間の子に。

この世に生を受けて、この年になって、
ようやく周りの人達、自然に助けてもらって、
成長してきたんだな、ありがたいな、と
思えるようになりました。

まずはおとんと、おかんがこの世で出会ったことに感謝!
そう思ったら、おじいと、おばあがこの世で出会ったことに感謝、
そう思うと、ひいおじいとひいおばあが・・・と永遠に続くわけで、
宇宙のつながりに感謝したいと思います。

ありがとう。
thanks for everything what i have.

後厄です。
まだまだ気を引き締めていかねばなりませぬ。

c0053898_1133450.jpg

最近は、なますがうまい。と思う年になって、
しみじみ、わいも変わったな。と実感しております。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-26 11:35 | ぶつぶつ | Comments(38)

春のデトックス&クリエイティブな食材

c0053898_10181087.jpg

キヌアを買いにヘルスショップお店にいったら、隣に並んでました。
「何これ?」と聞いてみたら、「チャイアシードよ。結構おいしいよ。」と教えられ、
興味本位で新しい穀類に挑戦してみることにしました。

キヌアと同じく、〔黒〕と〔白〕タイプがあったので、
両方購入。上の写真は黒タイプのものです。

調べてみると、どうやら〔チアシード〕と呼ばれるのが
一般的なようで、でも英語読みの人からすると、
確かにCHIA(チャイア)と読んでしまいそうになりますね。

ショップのお姉さんは、「生では殻が固くて食べにくい」って
言ってたけれど、全くそんなことはなく、生食できそうな感じです。
ゴマの代わりにも使えそうですが、ゴマほどの風味はなく、
歯ざわりを楽しむ、みたいな食感でしょうか。

パッケージの裏面を読んでみると栄養素はすごいらしい。
オメガ3、食物繊維、豊富な抗酸化物質、
カルシウム、蛋白質がたっぷり入っているらしく、
古代マヤ、アステカの時代から食べられてきた、古代食材。
現在もメキシコ、アルゼンチン、ボリビア等の
南アメリカでも広く食べられているそうです。

キヌアもボリビア産がほとんどなので、
まだまだ南アメリカには知らない穀物がたくさんありそう。
ちなみに今回買ったチアシードは、うれしいことに!
オーストラリア産のものです。

c0053898_1028672.jpg

あと、もっと興味をひかれたのが、水につけるとジェル化すること!
バジルの種と似たような感じですが、バジルの種ほど大きくないので、
見た目にもおだやか。。。(^^;; 

これだったらとろみをつけたい時に、でんぷん粉
(あえて片栗粉とは書きません)の代わりに使えますよね?!

こちらでは最近、そうしたジェル化する性質をいかして、
スムージーに入れたり、スープにいれたりして楽しむそうです。
これからの季節、ジュレでも楽しめそう。

c0053898_1032292.jpg

バナナ&デーツのチアブレッドを焼いてみました。
ひょっとしたら、バター&卵抜きのケーキも夢じゃない?
みたいな想像を膨らませながら、少しジェル化したチアシードを
入れて今回はバター&卵も入れてどんな感じに仕上がるのか、
試しに焼いてみました。

食べてみると、全く、穀物臭さもなく入ってるのもわからないほど!
ジェルが入っているからか、いつもより少しどっしり目の感じに仕上がりました。

亜麻(フラックスシード)も体によい、と聞いて買ってはみたものの、
粉状ではないと使いにくいし、亜麻油も少し癖があって
食べにくいなぁ・・・と思ってたのですが、チアシードは
全くそんなこともないので、これはいい発見!
ケーキやマフィンにも入れて焼けそう。

c0053898_10385382.jpg

ちなみに無知って怖いですね。
さーっと適当にカップに入れて水につけてたら、
3倍ほどに膨れ上がる・・・というのを知らないで、
すごい大量のジェルを作ってしまいました・・・・。

ので、ドレッシングで消費することに。
レモンジュース、オリーブオイル、塩で味調えただけですが、
とろみがとてもおいしいドレッシングになって、
これまた大満足。ナチュラルなとろみがつけられて、
いい食材に出会えました。^^



食物繊維が豊富で、満腹感が得られるので、
巷ではダイエット、便秘にいいと言って出回ってるそうです。
癖がないのでおいしく食べられて、今年春のお勧め食材です!

前回、ヘルスショップで赤キヌアを発見したのも今頃だったし、
冬場から春にかけては新商品が出回る季節なんでしょうか。
ヘルスショップに行ったら白と黒のチアシード、出回ってると思います。

家の雑穀パントリーに一つ新しい食材が増えました。^^
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-26 10:53 | 毎日ご飯 | Comments(8)

ネクタリンの花が咲いたころの食卓

c0053898_155493.jpg

赤白キヌアの春サラダ。

春は目覚めの時期。
日本では少し苦味のある山菜等、灰汁の強い食材を
食すように、メルボルンでもそうした春の芽吹きを意識した、
スプラウトをたくさん使ったキヌアの春サラダを作ってみました。

これは久しぶりに新しい感じのサラダで上出来!
赤と白のキヌア、豆苗、ブロッコリー&アルファルファのスプラウト、
アーモンド、とうもろこし、トマト、ねぎを混ぜました。
ドレッシングは粒マスタードとシェリービネガーと少々の塩。
さっぱりしていて、春夏サラダ入りしました。^^

キヌア1カップ炊いただけで、7人分のサイドサラダは
確保できるので、本当に重宝!キヌア臭さが気になる人は
赤か黒のキヌアから始めるといいと思いますよ。
c0053898_15492767.jpg

最近、Zakkayaで週1,2ほどお手伝いさせていただいていて、
お客さんとの会話を楽しんだり、世間話で盛り上がったり、
ホスピタリティの仕事を久しぶりに楽しんでます。

学校の仕事+週2日だけでも仕事の日が増えると、(フルタイムの方すいません)
一週間があっという間!家に帰ってきて、メールチェックして、
お茶飲んで・・・と色々してたらあっという間にご飯の時間になってることも
多くて、焦ります。

今月はそんな感じでQuick & Easyな一品が多かったので、
少し紹介。

c0053898_1512247.jpg

c0053898_15223438.jpg

豆腐とブロッコリーのガーリック炒め。
豆腐を水切りする時間もなく、つぶして
ガーリックと一緒にブロッコリーと炒めただけ。

こないだのMoroccan Soup Barで食べた
ブロッコリーのディップを思い出して、アレンジしました。

豆腐から水分が出てきて、それでブロッコリーを煮炒める、みたいな
感じになるので、ブロッコリーの栄養分もその煮汁で取れそうな勢いです。

塩と醤油で味付けしただけど、おいしかった~。
これは丼にしてもいけます。^^

c0053898_15272697.jpg

三度豆と茄子の牛ひき肉アジアン炒め。

とうとう、ponzu家始まって以来の(大げさな)、
黄金比率の調味料にたどりつきました。
化学調味料がなくても深みのある味になります。

濃厚でこっくりとした炒め物が好きな人には
とてもお勧めしたい配合です。

+酒、砂糖
+ナンプラー(ぐるぐる~2,3周ぐらい)
+オイスターソース (どぼどぼりん)
+しょうゆ (1周ぐらい)
+ケチャップ (どぼりん)


そう、ケチャップ?!なんですが、このケチャップが
酸味と旨みを引き出してくれる、隠し味!!!
これをご飯にのっけて食べれば、満足感たっぷり。

三度豆などは先に固めに茹でておいた方が
カリっとした三度豆を楽しめます。

チャプチェ等と一緒な感じで、鍋で一緒に炒めるのではなくて、
後で一緒に少し暖め和えからめる(すごい造語)のが、
おいしく作るポイントです。^^



= = =


ちなみに今週、金曜日にzakkayaさんにいるので、
近くに寄られたら、お立ち寄りくださ~い。^^

c0053898_1551489.jpg

むっちゃんの手がけた作品もあります。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-24 15:40 | 毎日ご飯 | Comments(8)

赤を身につける

c0053898_1001039.jpg

初めて赤の口紅を求めた。
目標はROCKWIZのJulia Zemiroみたいな
ポップな大人な感じ。c0053898_13524518.gif
(画像は↑のSBS ROCKWIZからお借りしました)




一昔前に流行った、「買ってはいけない」に
また目を通していた最近、某化粧品大手の口紅のページで
痛恨の一撃を見た。

口紅が落ちた。と言うが、あれは嘘。
あなたは口紅を食べている。

みたいなことが書かれていて、
そりゃーそうだわなーーーーと納得。

初めての一本目なので、とりあえず激しい化学物質を
使っていないというのと、動物テストをしていないらしい、
オーストラリアのブランドということで、Natio のRubyを選んでみた。

鉱物油を食べることになるんだったら、植物由来の油の方が
なんとなくマシなような気がして。値段もすごく手ごろな13ドルほど。

こんな赤い口紅が似合うような場所にでかけることも、
そうないけれど、たまに、つけて出かけてみたい、そんな気分。



= = =

自然派のわいがなんで口紅?と思った方が
多いかもしれないが、実はこないだの朝、
鏡の自分を見て、「顔色悪っ!!!」と愕然としてしまったから!!

「唇の色がないーーーー!!」(本当に一人で叫びそうになったよ。)
ので、すっごいシミが目立っちゃって、
年とったなーーーーーと実感!

少しだけ紅さしてみたほうがいいか。と
思い始めて、この赤い口紅に至った所存です。(^^;;

べったりつけなくても、ちょんちょんってしたら、
伸びていい具合になるのでとても便利。
べったりつけたら上のJuliaさん調で一気にオージー風。
日本のナチュラル系に・・・と違って、はっきりした原色を好むオージー達。
そんなオージー女性に混じって出かける日にはいいかもしれない。^^
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-21 10:00 | lifestyle | Comments(2)

小春日和

c0053898_8525794.jpg

風がないと、暖かい日が続いたりするようになりました。よっしゃー!

雑貨屋に行ったときは、前方のよく日の当たる場所に座って、
のんびり窓の外を眺めたりしています。お日さんって本当気持ちいい!

そんな感じで先日も日光浴してたら、
急に「もう春だし~・・・」とか思いはじめて、
町に出て黒のハーフパンツを買いました。

ストレッチ素材ではきやすく、ちょうどO脚で曲がった、
変な大根部を隠してくれるハーフパンツ。

セールでもなかったけど、持ってる服達と
色んな組み合わせのイメージが出てきたので、
即買いしました。

でもまぁ、もう少し暖かくなったらREADY・・・ですね。
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-21 09:04 | lifestyle | Comments(2)

デビルの後の一杯。

c0053898_18385275.jpg

むっちゃんと Julia deVille のエクスビションに行ってから、
コーナーホテルで乾杯!

そのときにウダウダと色々なアートについて話して、
とても楽しい時間で、わいが一杯のポットを終わらせる頃に
むっちゃんはパイントを終わらせていて、ビールラヴ度がわかります。笑



さて、題名にもあるようにデビルの後の・・・というように、
Julia deVille というアーティスト、名前からして
少しコントラバーシャルな匂いがするでしょう?

このコントラバーシャル、〔論争の的になる〕、〔物議をかもす〕 
という意味がありますが、アートの分野において、
特にコンテンポラリーなアートを追求していくのには
切っても切り離せない関係です。

彼女の作品を少し紹介したいと思いますが、
猫好きな方には刺激が強すぎるかもしれません。(注意)

大丈夫な方はスクロールしていってください。


















c0053898_18453448.jpg

                                             CAT RUG



(イメージはサイトからお借りしました)

今回のSophie Gannon Galleryであったエクスビションは
去年の彼女の作品がメインでねずみ等を取り扱っていたのに対し、
今回はうさぎ、鳥等少し形状が大きいものが増えていました。
c0053898_1926891.jpg

(画像は Lifelounge より借りました)
彼女はジュエリーメイカーでもあり、と同時に剥製師でもあり、
作品になる動物達は、事故で死んでしまったものや、
獣医師から死後、もらってきたもの等を剥製にしているので、
これらの動物達を殺して自分のアートにしているわけではありません。

ただ、取り扱っているものが “モノ” 自体に、チャレンジングで、
独特なアート感のある人にしか受け入れられないかもしれません。
しかし、この彼女が訴えたい「死」というものに対しては、
ゆるがない世界観があるな、と感じました。

彼女のWEBSITEから、抜粋します。
I incorporate the symbols of death through out my work because
I think it is important to identify with the concept that we are in fact, mortal creatures.

The nature of our culture is to obsess over planning the future, however in doing so, we forget to enjoy the present.


彼女が伝えたいのは、きっと「今」を生きること。
先のことばかりを考えすぎる(プランする)ことは、
今を生きているということを忘れがちになる、とあります。

この「今」を生きているというのを、人間普段生きていると
とても忘れがちになり、病気になったときに「あぁ・・・」と
思ったりするのが現実です。

こういう動物達も不運なことに、事故にあって死んでしまったもの、
病気になってしまったもの、短い命を一生懸命、生死をかけて
生きているということで、題材に選んだのでしょう。

万物全てが永遠ではなく、誰にも変えられない、
運命の時間は決まっていて、それは動かない真実であると思います。
それをどう生きるか、少し考えさせられた深い作品達でした。

今、メルボルンのアートシーンでは環境を考えてか、
再利用をしたアートが流行中ですが、ある意味これも
資源を再利用・・・というか、剥製 or ジュエリー=アートになって、この世に
存在していくことになるのか・・・な。

c0053898_1913556.jpg

いや~エクスビション行った後に飲むお茶にしろ、ビールにしろ、
その時間って爽快感があるというか、映画を見た後の一杯、みたいな
雰囲気があって、とても好きな時間です。^^

正直、むっちゃんとこうしてビールを飲んでる時は
あまりまだ作品を消化しきれてなかったのですが、

(ってこのときの二人の話のネタが「アートの大便について」。
だったので、すごい生きるってことに、集中してたんだと思います。
アホか。(^^;;)

今日になって、ふつふつ・・・と良さを実感できるエクスビションでした。

しかし、コーナーホテルの二階はいつ行っても雰囲気いいですね。
gigには行ったことあるけど、ご飯はー・・・って方、多いんじゃないですかね。
もう少ししてからご飯で行きたくなりました!ここはボリュームが結構あるので、
友達とワイワイ!ガヤガヤ!ビアーガーデンでご飯!ってときはお勧めです♪

■ Sophie Gannon Gallery
2 Albert st
Richmond VIC 3121
最寄り駅はEAST RICHMONDになります。

■ CORNER HOTEL
57 Swan St
Richmond
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-20 19:22 | art & design | Comments(4)

日曜のふらっとMoVIDA

c0053898_23205187.jpg


先日のTom Phatにいった後で、cityでスーと
スーの友人と待ち合わせて、お茶でも。
ってなったので、cityで会ってみたら、
「まだランチしてないん。」とスーが言うので、
じゃーなんか食べれて、コーヒーもあるところ!って3時過ぎから
ウロウロ探してたら、日曜に開いてるところがなくって
行くところに困った末に、MoVIDAになりました。^^

いきなり飛び込みでふらっと入って、席が開いてたので、ラッキー。
ずいぶん前に行ったときと雰囲気がまた違って、日曜ののんびりした空間が
とても居心地よくて、これはまた日曜のランチに来るべきだね!という結論に。

「わいはもう食べたから、一杯付き合うだけでいいわ~。」と言っときながら、
がっつりと食べた!笑

c0053898_2318978.jpg


これと+スズキとピピ(貝)のグリンピースソテーみたいなのを
頼んで、3人で素敵な午後を過ごしました。

Pentruckちゃんのところで一度よばれたオリーブ
絶対頼まなきゃね!ってことで、頼みましたが、同じ味!
さすが厨房にいてこれ作ってただけのことはあるね。^^

いや~最近、スーとこうしていいレストランに行ったことが
なかったので、楽しかった!
またどっか違うところに行きたくなってきました。
たまにはいいレストランで食べる外食もいいですね。

more
[PR]
by ponzu_77 | 2009-08-17 15:54 | 店屋物 | Comments(6)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ


記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2017.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
オーストラリア滞在を楽し...
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧