<   2010年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ハーベストタイム&保存できるかな?!

c0053898_16573012.jpg

朝日が上るのが遅くなるのと同時に、
あちこちの庭の果樹はたわわに実を付けている。

ババガーデンも例外に漏れず、
カラマタオリーブとレモンを大量にいただいた。

ババちゃんには4年前にはすんごいでっかくなってしまったらしいズッキーニをいただき、
お家にお邪魔したら必ず何かトマトとか持たせてくれるんだけど、
今年はこの蒼々たる豊作物。

このババガーデンを手入れするのが、友達と
そのパートナーのbabaちゃん。やから、ババガーデン。ババガー。笑
四季折々の花があふれて毎年、いつも何かしら
見応えたっぷりの花が庭に輝いている。

『今年はポンズ、試してみなよー。』と
オリーブの塩漬けに挑戦することにした。
WEBで調べてみるものの(日本語&英語両方)、
すんごいたくさんの灰汁抜き法があって、
これだ!っていうコンクリート的な直感のサイトには
まだ出会ってないのが現状。

びっくりしたのが、オリーブの灰汁抜きに
石鹸でも使う、水酸化ナトリウム(コースティックソーダ)を
使う灰汁抜き法があるらしいですが、
一応劇薬指定のある物を、濃度は薄れど口に入れるって
ちょっと怖いので、ヤメ。

そうこうしていながらも、なっかなかいいサイトが見つからないのだけれど、
5Lの容器にたっぷりの塩水を入れて、灰汁抜きを開始してみました。
でももうかれこれ1週間たつけれど、ほっとんど変化がないので、
直接塩を振ってみることにしようと思う。

レモンは20個ぐらい!もあったんで、
お菓子に使えるかなと、はちみつレモンを仕込んで、
レモン果汁はポン酢に使うことにして、すし酢も
レモン果汁でやったり、色々と工夫している。

c0053898_17185276.jpg

帰り際、『手ー出してみ。』とババっちゃんに言われて、
ぱっと手を開いたな、と思ったら、小粒のチリが大量に手の中に!!

こ。。。この小ささは、タイ料理にも欠かせない、
バードアイでは?!?と聞いたら、『すんごい辛いから気をつけね。』とのこと。

にんにく醤油漬けにしてみた。
一つだけ刻んで炒め物にいれても爽やかな辛みがおいしい。
明日は食べるラー油を仕込んでみようかな、と思ってるので
このチリも使えそう。
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-30 17:24 | food lovers | Comments(16)

go west! Brisbane Ranges National Park

c0053898_11492987.jpg

ANZAC DAYの祝日に、
メルボルン西部の魅力をたっぷり堪能してきました。

右下の写真はBacchus Marsh(バッカス マーシュ)の
有名なAvenues of Honour。ずーっと見たいと思っていたので、
行く途中にここを通りました。

このアベニューオブオナーというのは、
木々がずーっと続く並木道なのですが、
その木々が人一人を表し、戦没者のメモリアルとして
木が植えられたといいます。偶然にもアンザックデーだったので、
心の中で黙祷。

調べてみると、ゴールドラッシュの時代に、ビクトリアで
始まったオーストラリアの大事な文化なのだそうです。
一番歴史が古くて、長いものがバララット、1917年に
始まり、3912本の木が22km続くと書いてあります。

こうして道が木で覆われているだけで、とても清涼感があって、
美しい並木道です。街路にはバッカスマーシュ名産のりんご等を売るお店、
いちご狩りの畑もあったので、今度はストップして買ってみようと思います。
c0053898_13325231.jpg

さて、今回向かった先はこの緑の矢印のところ、
緑色の部分が  Brisbane Ranges National Park です。

メルボルンとジロング、バララットの
ちょうど間にある、といった感じで
メルボルンからは日帰り、ピクニックに最適!
いつも参考にしている本にも載ってあります。

車を西に向かって30分ほど走らせるだけで、
もうそこはだだっ広い土地が広がるばかり。
ブリスベンレンジ周辺に着いたらナショナルパークということで、
膨大なエリアが保護されていて、各所に見所があります。

c0053898_1356671.jpg

まずはスーが気になっていたらしい、Steiglitzというところを
見に行きました。ゴールドラッシュ時代に石英の産地として
栄えた町でした。

当時は2000人ほどの定住者がいて、石英の産出量が減ってきたのを境に、
1940年代頃には人も誰も住まない町になってしまったと言います。
c0053898_14192317.jpg

ゴーストタウンと一時期呼ばれたこともあったようですが、
今では何人かの方が住んでいらっしゃる雰囲気でした。
c0053898_14233826.jpg

というのも、こうしてハニーを販売してらっしゃるところがありました。
無人販売で、オネスティー(正直)ボックスという名の
箱にお金を入れて買える仕組みです。^^
今使っているNSW州産ハニーより産地に近いので、一つ買ってみました。

ラベルもなーんにも貼ってないのですが、
蜂箱もあったし、たぶん採れてるんですよね?そこで?

こうして今に残る貴重な町を見れたのは、いい機会でした。
ソブリンヒルのような、再現してちゃんと作られたような町ではないですけど、
丘陵地に続く家の各所に跡地のことも書いてあるので、
当時の面影が残る歴史を学べるいい町です。

興味のある方は、こちら を見てください。
Parks VictoriaのSteiglitzの歴史についてのページがPDFで開きます。

c0053898_14292498.jpg

三連休の最後の日とあって静かで、色々な鳥や植物が見れました。
クッカバラもBBQの残りのソーセージとか食べてました。笑
きのこも今がシーズンなのか、ぼんぼんあちこちから出てました。
食べられるきのこブックを買わねば!!

c0053898_14314568.jpg

このブリスベンレンジズの目玉といってもいいのが、
この Grasstree グラスツリーをたくさん見れること!

他にこの植物、Black boyという呼び名もあって、
長く黒い花をつけるんですが、それがアボリジニの子が槍を持っている容姿に
似ているため、と言われていますが、そういった呼び方を
する人もまだまだたくさんいます。悲しい歴史です。

最近ではやはりPC的にこのグラスツリーというのが呼び名が
一般化していますが Xanthorrhoeaというのが正式名です。
どうやって読むのか、わかんね。。。ですが。

このグラスツリー、オーストラリア原産の植物で、
黒ーい長い花をつけるんですが、成長がとても遅く貴重な植物だとされています。
なんと100年に2.5cmしか伸びないんだとか!!
それがこのブリスベンレンジズにはわいの背丈ぐらいの大きさの
ものとかもあるので、あなたは一体何歳よ?と自然に感謝したくなります。

そのちょっと横でキャンプサイトが儲けてあったりするので、
本当のオーストラリアブッシュキャンプといった感じで、
よさそうです。春のキャンプ用に偵察。^^

c0053898_14491567.jpg

(この写真はスーが撮影)
帰り道に山の頂上周辺から見渡した景色。
もののけ姫になった気分でした。ピーンと澄み渡った空気が
とても新鮮でした。

c0053898_14503922.jpg

日が傾き始めた頃に、こんなに可愛いもりもり
まるまるとした方々と遭遇。^^

c0053898_14514010.jpg

夕焼けもキレイ。
東のダンデノンと比べたら木々の種類等も全く違うので、
また別の土地に来たようで、新鮮です。

西にはまだまだ魅力がたくさんあるらしく、
ゴー ウェスト!当分続きそうな我が家です。^^
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-28 13:24 | Go West! | Comments(8)

呼ばれた?ビーガンカフェ

c0053898_1425342.jpg

周りにベジタリアンの友達が多いので、
一応ベジタリアンレストラン情報には結構敏感に
反応するようにしている。

あーあれは食べれないよね、これダメだよね、、、とかやるのが一々面倒くさいので、
ベジの人達と食事に行くときは、ベジ料理のオプションが
たくさんあると言われるところか、ベジタリアンのレストランに行くことにしている。

いつもさて、どこへ行こうか?って時に
ネットで利用するのが、yourRestaurants なんだけど、
そこにキーワード、vegetarianと入れるとリスト一覧が出てくる。

そこでいくつか、よく行く地域のベジレストランは
チェックしていて、その内の一つ、
Las Veganもウィッシュリストの一軒だった。

すっかり忘れてた最近、ユンのクラスメイトがヴィーガンの子で、
Las Veganによく行くらしく、先週ユンが行ってきてチャイがおいしかったよ。
と言っていたので、ベジタリアンの(一人はシリアック病の気配ありとも言っていたので、
グルテンフリー希望)ブリスベンから来た友達二人を連れて、晩ご飯に行ってきた。

ちなみにヴィーガン/ビーガン/ベーガン。。。というのは、
ベジタリアンの中でも、乳製品や動物性食品をとらない人達のことを言います。
動物性、ということで蜂蜜も食べません。

後、シリアック病/セリアック病というのは、小麦に多く含まれる
グルテンに対する免疫反応で起こるアレルギーのようなものです。


c0053898_1533612.jpg

これはカフェの入り口。
店内は暖かい感じの印象で、観葉植物や
ポスターが一杯貼ってあって、ふと横を見ると、
そこには、 前の晩に見ていたのと同じ、
ネイティブアメリカンの酋長がこちらを見つめていてビックリした!
ん?呼ばれた?と思いつつ、店長らしきおっちゃんのエキセンぶりにも負けず、
まー来て正解だったんだな、と感じる。
(素朴な元ヒッピーっぽいおじちゃんで、ナイスです。^^)

c0053898_89693.jpg

みんなでシェアしたチップス。
ちゃんと作ってあるっぽい!
当たり前なんだけどちょっと感動した!
3種類のディップがついてきます。真ん中はビーガンマヨ。

c0053898_814266.jpg

わいが頼んだナバーナ レンティルバーガー。
このボリュームで9ドルなり。結構いいですよね。

中身を観察してみると、パティを形成していたのはライス!
レンティルと他いろいろな野菜と合わせて、作ってありました。
最後にトマトサルサを絡めて挟んだっぽいです。

このパティは残りご飯ができたら、いいかもしれないですね。
(炭水化物大魔王になるけど。笑 ご飯に粉もん、大阪人かぃ!笑)
家なんてたまに冷凍庫開けたら、3個ぐらい冷凍ご飯のタッパーだったって
ことがよくあるんです。みなさんのお宅ではそうないかもしれませんね。ハハ
これまたいいアイデアをいただきました。

c0053898_8213393.jpg

友達が頼んだ、ライスボール。
ナシゴレンスタイルで、フレッシュな野菜もたっぷりと。
おいしそうでした。ユンの友達もよくこれを食べるんだそうです。
すごいボリュームなので、二人でシェアでよさそう。

c0053898_823191.jpg

食事制限をしている友達が頼んだのが、
chilli "non" carne。グルテンフリーのマークが表示してあるので、
安心して頼めたようです。

グルテンフリーのメニューもサラダ、バーガー含めて、
7つからのチョイスがあるので、ここにしてよかったです。

ちょっと特殊な食生活をしなければ、いけない人達と
食事の時に便利そうなカフェです。6時ぐらいのアーリーディナーで、
他のテーブルに一組だけカップルがいたんですけど、
『顔本はC○Aが世界のソーシャルデモグラフィックを理解するために
開発されたらしい』『えー!!うっそーん!!!』とか、
HAAAPのことやら色々Xファイルみたいな話をしていたら、
隣カップルが参加してきてすごく話が盛り上がっちゃって、
ここに来る人達はおもしろい人達が多そうです。おっちゃんを含め。笑

アップルサイダーを飲んだんだけど、それは気が抜けた次の日の
雨水が入ってしまったぞー的シャンディーガフを飲んでいるみたいで、
いまいちでした。その割には9ドルもしてビックリ。

チャイがおいしいらしいんだけど、飲まなかったので
次回リベンジしたいと思います。ケーキも蜜が足れたような
おいしそうなのがあって、興味津々でした。

◇ Las Vegan (微妙な時間帯でオープンしているので、行かれる方は要注意)
22 smith st
collingwood

tue-wed
11am - 3.30pm

thur - fri
11am - 9.00pm
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-25 14:33 | 店屋物 | Comments(16)

全てがつながりだした最近

寒さが冬本番化してきて、気温が下がるのと同時に
体も冬支度なのか、冷え=陰の法則に基づくのか、
考えも内に、内に、と広がっていくような気もしている。

色んなことが気になり始めて、しょうがない。
2010年の、この晩秋は特に民族が自分の中で熱い!!

オーストラリア、ポーランド、マオリ、日本(わい)、ハンガリー、
ドイツ、ニュージーランド、イギリス、フランス等の国とつながりがある
人達で構成された職場なので、色々なカルチャーが混じるので、
余計にそう感じるのかもしれないが、こないだマオリの血を引く
女性にkia ora(ありがとう)とマオリ語でメモを書いた時、
まるで呪文で閉められていた扉が開放されたかのように

民族って楽しい!!(自分の中での盛り上がり度165%)
と熱がわき上がってきたのだ。
(民博が好きなのが、自分でもわかる気がする。)
c0053898_147270.jpg

その晩、やることといえば、もちろんwikipediaで色々見てみること。
マオリから始まって、アイヌ、アボリジニ、モンゴロイド、イヌイット、
ネィティブアメリカンにスー族がいる、というのを聞いて、
益々盛り上がり、アパッチ、レッドパワーという運動というのがあったこと、
サンダンスの本当の意味を知れたこと、スウェットショップや、
ハーバルメディスンの知識や、自然療法のことなど、盛りだくさんの読み応えで
読んでいてすごく楽しかった。

そして、マオリ族も初め大体の部族が持つ自然崇拝のことを
読んでいたら今の世界はますます自然とかけ離れすぎた生活を
しているんだな、と少し寂しくなったりもした。
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-25 14:16 | ぶつぶつ | Comments(6)

3年越しに。。。

c0053898_21113160.jpg

小さい苗で買った、椿の花が3年目にして
ようやく花が咲いた。

やっぱ椿を見ると、日本を思い出すなー。
あの触覚部分みたいなところもすごく可愛い♫

完璧に冬に向かってるんだな、とか思いきや、
今日は28度ぐらいまで気温が上がって、
また夏日!?と思うほど。東京でも雪が降ったようで、
不思議な天気ですね。

今日は妹の誕生日!そして昨日は日本に住んでる
友達に赤ちゃんが生まれた日!周りに牡牛座が多いわいです!
おめでとう!!
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-22 21:14 | | Comments(4)

電池のリサイクルがはじまります!@CERES

使い捨てのバッテリーを使わないにこしたことはないんですが、
もしお手持ちの使い切ったバッテリーがあれば、CERESでリサイクルが
できるようです。

CERES、入ってすぐのビジターセンターの
レセプションのところにリサイクル箱が置いてあるので、
そこに入れていただきたいと思います。

以前、グリーンアップルキャンペーンの記事を書いたように、なるべく
ナースティーなケミカルは土中には埋めたくないものです。

とりあえず、わいみたいに「何これ捨てて大丈夫?」と電池捨てるの、
ウーンって思ってた人には、(特に北方面の方は便利かな)と
朗報かと思いましたので、周知しておきますね。^^
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-21 17:18 | sustainable way | Comments(0)

もちあわ大活躍の巻

c0053898_17114194.jpg

しつこ〜く、もちあわブーム。
インゲンともちあわのケバブというのが
雑穀の書に載っていたので、作ってみました。

週末、お隣のケイトをthank you ディナーで招待して、
前菜で出してみたら、すっごい気に入ってくれて、
揚げ物はベジ系でも受け入れやすいんだな、ということがわかりました。^^

このケバブを二つも食べたら、それで結構お腹が一杯になって、
その後のメインが少量で済みました。笑
これもピクニックとか持ち寄りランチとかの時には
重宝しそうな一品です!

炊いたもちあわに、しょうが、コリアンダー、玉葱を
みじん切りで入れて、本当は砕いて炒めた高野豆腐を
入れるんですが、なかったから、パン粉でやりました。十分OK!
醤油、ごま油、塩で味付けてまとめて揚げるだけとても簡単。
水で練れる感じに調整しながら水を入れるだけで、失敗も少ない!

まーファラフェルの簡単版みたいな感じかな。

c0053898_17184481.jpg

出た、もちあわクリーム第二弾!
もちあわのクリームコーン&ブロッコリータルト。フェタのせ。
3/4月号のジェイミーの雑誌本に載っていた、ブロッコリーセージタルトと
雑穀のもちあわクリームを融合させてみました。

おいしかったです。お隣のケイトも気に入ってくれました。
やっぱり見た目がタルトだし、入りやすいのかもしれないですね。

クリームコーンともちあわクリームだけで固まるか不安だったんで、
卵一個割入れました。グツグツ焼けてとりあえず成功です。
セージとフェタの味わいがこれまた、よろしいー。

メリディスで作られているらしい、フェタを近所の八百屋で
買ったんですが、しっかりとした硬さのもので、これはこれで
おいしいです。500gで9ドルぐらいでした。クランブルさせて、
サラダに入れたりすると合う感じです。^^


9時ぐらいには食べ終わり、コーヒーを飲んで
おひらきになったんですが、たんまり食べて次の日7時にはもう
お腹が空いていたので、消化が早いんでしょうかね。
もちろん、繊維をたくさん食べたのもあって、すっきりのお腹でした!
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-20 17:30 | 毎日ご飯 | Comments(4)

inner west のアートとグルメ&カフェ!!

c0053898_13494650.jpgc0053898_1310327.jpg


風見鳥ならぬ、風見フクロウが可愛い。
ケンジントンのランドマーク、Younghusband Wool Store building。

メルボルンベースのテキスタイルスタジオ、
Ink & Spindleのオープンスタジオへ行ってきました。
ケンジントンはこんな風なウェアハウスがまだ残っていたりして、
少し古い感じの町並みが素敵です。

c0053898_13181623.jpg

この Ink & Spindleのスタジオもこのウェアハウスの一部に
あります。自分のスタジオがこういう古い建物の中にあるって
いいなー。

c0053898_1319201.jpg

設立時は写真にも写っているティーガンとララと、後もう一人、と記憶していましたが、
最近はどうやら二人がメインで活動しているようです。

全てハンズオンの作業で、柄の合わせ具合のこと等、
色々説明があってデモンストレーションをしてくれました。

オープンスタジオの日は他にもグッズ販売もあって、(ウェブサイト見てみてください)
布も買えるので見ていて楽しいんですが、1m/$80は
ちょっと手が出ないかなー。。。というのが正直なところ。

でも二人の女子がやってる!ってことで、
ユンとわいもかなりインスピレーションを受けて、
スタジオを出る頃には晴れ晴れしい気持ちになって、(天気もよかったし)
「さーランチランチ!」とニューマーケットへ向かいました。
c0053898_13325629.jpg

ニューマーケットとケンジントンは一駅だけで、
歩いてもいけるぐらいの距離ですが、町の雰囲気が
結構違います。ニューマーケットはマルチカルチャルな雰囲気で、
有名なエチオピアン料理屋、アビシニアンがあったり、
メルボルン一のラクサ!と言われているラクサキングがあったりと、
なかなか楽しい&おいしい町なのです。

前回はラクサキングの隣にあるvy vyに行ったんですが、
今回は念願のラクサキングへ行きました!yay。

c0053898_13561823.jpg

curry laksa(カレーラクサ)$9.20。
$9.20って今まで食べたラクサの中で一番のお値打ちかも!
エビもかまぼこも入って、ラクサキングのラクサには、
揚げなすが入っていました!!!見た瞬間気分がすごい盛り上がった!

どこで食べたラクサより、さすがキングというだけあって、
コクはあるんだけれど、くどくない感じであっさりしていて、
一杯するっと食べれちゃいます。今のとこ、ここのラクサが一位かも!^^

今はすっごい狭い店内なんですが、近々、駅前のビデオイージーが
あった広い場所へと移動なんだとか。ちらっと通りましたが、
すごい広いスペースですよ!今度ディナーとかも気になる。

お腹が満足した後で、オプショップへ。
前回も好みの茶色の靴を発見したのでラックはあるっぽい。^^

。。。と思ったけれど、そこまで「モえーーーー!!」(古い)
のものには出会えず、お茶にすることにしました。
最近のサルボって、本当高いよねー。。。ビックリする。

c0053898_1492574.jpg

お茶はいつものペッパーへ。
着いた瞬間、唯一買ったものをユンと見せ合いっこ。
c0053898_14133926.jpg

この日ユンが見つけたfarms and farmersと
cloth and textileの子供本。

「これって、、、わいらのこと?」とこの2冊だけが残っていて、
中の絵も可愛かったので、自分達の本を買いました。笑
c0053898_14231035.jpg

そうこうしている内にレモンスライスとラテが来ました。
一つだけ頼んだら、半分に切られてきました。
ラテ2杯とレモンスライス一つで$10ぴったり!

c0053898_1426350.jpg

朝早いと1日が本当に長くて、cityのビクマに用事をしに行って、
たまたまふらっとAfterという雑貨屋を見に行きました。

そしたらここが、かなりわいとユンに強烈なインスピレーションを
与えてくれ、こないだのゴミ戦士と同じく多大な影響を受けました。
ここ、テーマはリサイクルマテリアルなんですが、メキシコからの物とか、
ベトナムの米バッグで作られてる財布とかがあって、かなり長居しました。
色がすんごい可愛いの。ナチュラル系にちょっと飽きてきたわいらには
とても新鮮な色使いでした。

ここ数ヶ月、ユンと二人でずーっと何かプロジェクトをやりたいね、って
話をしていたので、なんだか、ずばっ!ときた巡り合わせで、少し驚きつつも、
新しいプロジェクトの展開図がぐんぐんと見えてきたんで、楽しみ。
これからの冬に備えて、家にこもって色々作業ができそうです。

しかもユンとわい、お互いがずーっと思っていたことや、好きな物とかが
コラボで一緒に形になってきたから、それもある意味すごい。
やっぱ色々出かけていって色々見てみるもんですね。
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-19 13:26 | art & design | Comments(10)

ゴミ戦士とクリームパスタで環境を考える。

どうして、↓のもちあわでできたクリームパスタを食べて、
こんなにわくわく心が踊るように自分はうれしいのか、ということを考えてみた。

たぶん、クリームパスタはクリームがなければ、クリームパスタではない。
という当たり前の定説をひっくり返せたからだと気づいた。
このクリームを買うことに対して、チョイスが与えられた自分が、
すごく自由に解放されたような気がした。

あわよくば生産者が消費者をコントロールするような、不自然な時代に、
息苦しく、その枠組みから外れて上から縛られることのない、自由な食卓を
持てたことがすごくうれしかった
んだと思う。









これを気づかせてくれたのが、okimakiちゃんが貸してくれたDVD、
garbage warrior(ゴミ戦士)を見た後。

c0053898_9361166.jpg

このおっさん、すごい!Michael Reynolds。
めっちゃエキセンで、思ったことは実行に移して、
集めてきたゴミで家を作っちゃうような建築家。

パーマカルチャーのように、そこにあるものをイノヴェィティブに
工夫して新しいものを作る人でわいも憧れる、スタイルを
追求している人だ。

彼はシステム化されすぎてしまった「住む」と、子供の子供、
そしてそのまた子供の末裔にまでいい環境を!とクエスチョンを投げかけ、
1970年代から彼の意思を一環して貫いている。

70年代後半頃からマイケルは広大な電気もガスも水も通らないような土地を買って、
それを分譲し、同士と共に自分達で好きなように試行錯誤しながら、家を建てていき、
マテリアルはタイヤや、ボトル、はたまたビールの缶等も使い、
コミュニティ全員がとても自由に暮らしていて、見ていて清々しい気分だった。

水も、電気も食べ物もほぼ自給自足型の生活。
これほど自分達の生活をコントロールできている人達が
一体、全世界で何%ぐらいいるんだろう。

c0053898_9404984.jpg

「ガラスのボトルもステンドグラスみたいだろう?」とDVDで話すマイケル。
スマトラ島沖地震後に、現地に飛んでプラスチックボトルでも
同じことをして、雨水&飲み水確保用の小屋を制作。
c0053898_9424323.jpg

このバスルームのオーガニックなフォルム、素敵。
c0053898_944373.jpg

彼がプロジェクトを始めた、ニューメキシコ州のタオスは
冬に極寒地になる地域なので、家の中に畑を作り、
食べ物の確保を行う。家の中でバナナが育つだなんて、
まるでおとぎ話のよう。


難しいのだろうけど、一度全ての枠組みを外してみて、
全てを解き放った時に、何か見えるものがあるのかな、と思った。
でも、ひょっとしたらもうすぐ地球がこれをするのかもしれないな、とわいは感じている。
このまま人類が進めば、全てリセットされる日はなんだか近いような気がする。

-マイケルが進めているbiotechプロジェクト、アースシップについては
こちらのウィキペディアを参照。
(本日の写真は↓からお借りしました)
http://en.wikipedia.org/wiki/Earthship

-okimakiちゃんの、マイケルに関する記事は ◇こちら◇

free yourself.
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-18 09:52 | sustainable way | Comments(12)

もうクリームはいらない!雑穀でクリーミーきのこパスタ♫

c0053898_14401041.jpg

ようやくクリームを常備しなくても、
雑穀でクリームパスタを作れる日がきました。

今回使ったのは、こないだのこの時から、
かなりインスピレーションをうけている、もちあわ。

水を増やして炊いたもちあわを、様子を見ながら少量の牛乳と(たぶんソイでもOK!)
水を追加して伸ばして、とろみがついたところで、フードプロセッサー/ミキサーにかけて
クリーム上にするだけの簡単パスタ!

この日はエリンギとマッシュルームがあったので、
ガーリックで炒めて、前日に作ったサルサが少量残っていたので
それと混ぜてキノコクリームトマトパスタが完成!

パスタのゆで汁でとろみ具合を調整できるので、
ゆで汁は捨てないで一緒に混ぜ、様子を見ながら伸ばすのがポイント。

c0053898_14495558.jpg

最近ますます活用ができるようになってきた、
雑穀の書。雑穀のパイオニア/大谷ゆみこさん著で、
数年前から持っていたけれど、本当今年に入ってから、
活用度が上がってきて、高かったけれど買ってよかったな、という一冊。 

このクリームパスタも本来は、クリームコーンと混ぜて
フォンデュのレシピだったのだけれど、コーン缶もなかったし、
クリームのアイデアだけは参考にさせてもらいました。

ただ、この韓国グローサリーで買える、もちあわは
緑色なので、炊くと灰色になってしまうのが、食欲をそそらないんです。笑
コーンクリームと一緒だったら、かなり灰色が落ち着きそうな気がします。

c0053898_14542811.jpg

雑穀の書は硬〜い感じで、雑穀の歴史やうんちくががっつり載っているんですが、
今は可愛く簡単にまとめたこういうのも出てるみたい。
ワークショップの時に、Yちゃんに見せてもらったけれど、
可愛く仕上がっていて良さそうでした。

本当にお腹にも軽くて、このもちあわクリームは
家で重宝しそうです。乳製品/小麦アレルギーの
スーママにも今度この雑穀クリームを使ってタルトとかも作ってあげたい!

今度はシチュー(コーンクリーム入りね。うほ)を、
ラザニア、いつもの豆腐キッシュもこのクリームでコクがでそうな感じだし、
このもちあわクリームで色々作ってみたいです。これから、
わざわざクリームを買う必要がなくなりそうなんで、すごいうれしい!


この日の付け合わせはスーの結石よ、出てください!と言わんばかりの
キドニービーンズとひよこ豆のサラダ。形が本当、腎臓(キドニー)同じだわ!
それと後、体内の気が巡るように、コリアンダーもたっぷり入れて、
レモン汁とオリーブオイル、オールスパイスを少量、塩で味を整えました。
[PR]
by ponzu_77 | 2010-04-16 15:10 | 毎日ご飯 | Comments(6)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

ナイス!ええなー!同感!とか記事、情報がよかったよ!と思ったらクリックお願いします。がんばって記事書きます!
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

メルボルン ホテル

記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2016.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧