<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

サルサヴェルデ(緑のソース)の応用編

c0053898_17124038.jpg

見切り品をその日の内に使って変身させるのが趣味です。笑

この日は2ドルで2束ずつ包まれてバジルとコリアンダーが
投げ売りされていたので、レスキューしてその日の内に
がーっとサルサ ヴェルデ(緑のソース)を仕込みました。

そのときの冷蔵庫に要相談で、何があるかによって、
中に入るものは色々変わります。今回のは結構おいしかったのでメモ。

バジル、コリアンダー、ケーパー、金柑のプリザーブ
アーモンド、アンチョビ、レッドワインビネガー、
ディジョンマスタード、プリザーブドレモン、EXVオリーブオイルを
がーっと混ぜました。

冷凍庫に眠らせてあった、ボロネーズソースに
余ってたキドニービーンズを足したらなんとなく
チリコンカーン風のソースだったので、
(ヨーグルトも合うだろう、ヨーグルトだったら緑のソースも
合うだろう。)という予想での挑戦でしたが、やはりビンゴ!!

他にも見切り品変身!シリーズで、葱ダレもあります。笑
■ 葱ダレ ■ ←海南チキンに最高です!

c0053898_17162616.jpg

そして、3人とも大好きだったのが、玄米サラダ。

緑豆(マングビーンズ)のスプラウト、クレソン、ラディッシュ、
ツナ、今が旬のローストした蓮根も足して、栄養満点の一品で、
全部混ぜただけなのにすごいおいしくて、これがやりたいために
「また玄米買おう!!」となってます。笑

ベジタリアンの人にもツナを除いたらバリエーションが効くので、
いい感じ。もしサラダ本が出せるなら、これは絶対載せると思うほどの
お勧め。笑




昨日の貧困と食についての記事を書いた後に、
一体家の食費はどうなんだろう?と思って、
ざっと大雑把にまとめている去年の家計簿を見直してみたら、
(世界の貧困線をオーストラリアの生活水準に照らし合わせて計算すると一日2ドル以下)
それの3倍ほどを1日の食費に使っていることが判明。

うーむ。見切り品とかを使って結構工夫しているつもりだったけど、
それでもまだその3倍ってなかなか難しいチャレンジになりそうかな。。

今朝は同僚が「コーヒー飲んで行こう!」って誘ってくれたから、
おいしく飲んだら、それだけで3ドル飛んで行ったので、ちょっと考えさせられた。
おいしかったから余計だったかもしれないな。


====================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-29 17:40 | 残り物で... | Comments(1)

セルフスタディー 貧困と食について お隣さんは貧困?

KRISHNAN NARAYANAN:“I saw a very old man. He must be somewhere around 75 to eighty years old. He was having his own human waste for hunger. I was shocked and freezed for a second. What is happening? What is this guy doing?”

空腹のために“自分の廃棄物”を食べていた一人の75歳〜80歳ぐらいの
老人を見てショックを受けました。一体何が起こっているんだ?この老人は何をしてるんだ?って。


あまりの腹の減りように、老人が自分の大便を食べなければいけないほどの貧困。
そして、この老人が強いられているその環境。わいもショックすぎて涙が出た。

c0053898_11261832.jpg

(写真と上記の文面はABC Foreign Correspondenceより 意訳ponzu)
先日のForeign Correspondenceの Eat, Pray, Giveというエピソードを見て、
貧困というものは一体どういうものなんだろう?
ますます世界規模の貧困について、自分ではどうすることもできない、
涙が出るほど、すごく歯がゆい、自分は無力、という悔しい思いを
することが増えて来た。



冒頭に出てくる話では5スターホテルのレストランで
経験のあるバラモンの家族出の男性が、精神病等を患い家族から、
見放された人達に料理を配る。というもの。

c0053898_11473691.jpg

(写真はAkshaya Trustより)
クリシュナンはEU等のレストランでも働いた後に自国に
帰って見放されてしまった人達に、
Akshaya Trustというオーガナイゼーションを設立して、
こういった人達に食糧と水を配っている。

KRISHNAN NARAYANAN:“That night I thought, what am I doing? I am selling a plate of fried rice for ten dollars in my hotel where people come and have food for fantasy, fun, joy and recreation. Not for hunger. They eat only half portion of it and leave half of in the plate. It was a spark, a very powerful spark that I had.”

一皿10ドルの炒飯を人が“娯楽”として食べているホテルで作っていて、
そして彼らはその半分しか食べないで、それを見ていて思ったんだ。
とても強い何かを感じて、その晩考えたんだ、ボクは一体何をしてるんだろう。って。
(上記の文面はABC Foreign Correspondenceより、意訳ponzu)


精神疾患のある人を病気としては認めず、黒魔術や悪魔の仕業として見る、
そしてその自分の血肉をわけた肉親や家族を見放すことができる、ということ、
“それが文化だ。”といって見て見ぬ振りをして対策もしないであろう、
政府と階級制社会をつくりあげるカースト制度。
一体、いつになったら万人に貧困から抜け出せる環境や
それを考えられるようになる教育が世界十分に行き渡るようになるのだろう。

本当に今年はそういうことを強く思うと同時に、
クリシュナンがやっている事は、とても素晴らしいことだ、とわいは思う。
彼こそ本当のシェフだと思う。わいもフードスタイリングのアシスタントを
やっていた時は本当にクリシュナのように思っていたから。

見てくれがいいだけ用に作る/食べる食、というのはわいには合っていなかった。
普通の、一般的な家庭料理とよばれるもの、郷土に根付いているもの、
地域の人達に食べられているもの、代々受け継いでいけるものが、
自分の求める‘食’なんだ。と気づけたことは本当にありがたかったと思う。

某○スターシェフなんかの番組でも、「キレイじゃないから。」といって
ゴミ箱に“失敗作”を平気で投げ捨てる挑戦者達や、番組の制作者にこの
番組を見てほしいな、と思う。クリショナンのEat, Pray,GIveはWebで
見られるので、時間のある人はぜひ。(オーストラリア国内だけかな?)
世界で何が起きているのか、知る、ことに意義があります。

c0053898_11254795.jpg

(Wikipedia : 人間開発指数より)

人間開発指数とは?
(HDI:Human Development Index)はその国の、人々の生活の質や発展度合いを示す指標である。
パキスタンの経済学者マプープル・ハクによって1990年に作られた。
1993年以降、国連年次報告の中で各国の倍が公表されている。
発達状況、先進性を表す指標として、生活の質を計っているので、値の高い国が先進国と重なる場合も多く、先進国を判定するための新たな基準としての役割が期待されている。人間開発指標とも表記する。



2010年版「世界人口白書」によると、現在世界人口が60億人。
そのうちの14億人が一日2ドル以下の生活を強いられていると考えられている。

極論、世界を一つの国としてみたら大体4人に1人が貧困。
もう少し自分のスケールに合わせてみたらお隣さんのケイトと
わいら家族で4人なので、この内の一人は貧困だ。と考えられている計算になる。
結構シリアスなナンバー。。。恐ろしい。あなたの身近なお隣さんと合わせたら
一体何人の割合で貧困者が出る?

実際、貧困等は実際経験してみないとわからない、自分のことではないから、と
遠いこと、と考えるのが普通と捉えるだろうけど、ロールプレイ(疑似体験)をしてみよう。
一日$2で5日間過ごしてみる。というキャンペーンがまもなく始まる。
5月16日ー20日まで。

c0053898_1235827.jpg

(団体Websiteより)
Live Below the Line という団体が始めたキャンペーンで、
オーストラリアではインドのこの悲惨な現状と同じとまでは行かないが、
世界の貧困線をオーストラリアの基準で計算すると一日2ドル以下。

ちょっと最近、内臓の疲れもあると思うので、またスープダイエット的、
断食風ダイエットをしようと思っていた矢先だったので、これを機会に
貧困を考える、ということで5日間、3人30ドルでどれだけできるか、
一度やってみようと思う。

ありがたいことにわいらはこうして(断食風にやってみようと思う。)なんて
暢気に言える最低限の生活の質があって、その上にまだ日々の食についてチョイスがある。
貧困による飢餓の反対が飽食とは、ある意味とてもトリッピーな環境に
生きてしまっている。

私達にはまだ選択肢があるのだ。自分の食生活法から、今晩は何を食べよう、もう外食しようか。と
選べることは、本当に幸運なことであって、決して世界の現状を忘れてはいけないことだと思う。
食とはどうあるべきか?をライフテーマと掲げる者として、自分の心に深く留めておこうと思う。

貧困。これからどういう風に世界規模で対処していけるのかが、
私達の手にかかっている。誰もがウィンウィンになれるアイデア/デザインが
今すぐ必要。

====================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-28 12:29 | art & design | Comments(20)

Go West! オルガンパイプへ 

c0053898_9194548.jpg

久しぶりのGo West!
イースターということもあって、イースター風ひよこおにぎりを
作ってみました。今回、そば茶をご飯とゆかりに混ぜたら、
ほのかな香ばしい風味でよかったです。これからサラダなんかにも
使ってみようと思います。余ってる人への再利用、ということで
ちょっと古いようなのは、そのまま食べるのもいいですよ!^^

こんなおにぎりを持って向かった先は、オルガンパイプ ナショナルパーク
イースターホリデー中に幸鳥ちゃんが「どっか行こう!」と
誘ってくれたので、一緒に行って来ました。

c0053898_9265093.jpg

イギリスの入植後、羊毛をとるために牧羊地が多かったメルボルンの西部は、
開発のために、自然の木々も全くなくなり、ただのだだっ広いプレーンが
広がっていました。

その内、1972年にコンサベーション(自然保護)プロジェクトが発起して以来、
ボランティアの方々の目覚ましい努力で、こんな自然一杯の谷に復活しました。
現在145種類のバサルト(火山灰)地域に根付く、ネイティブプラントが
確認されていて、それと+106種は元々はこの土地にはなかった、
外来種の雑草があります。いわゆる持ち込まれた草花達。

歩いていると、ニューポートのネイティブナーサリーで見たことあるものを
自然のまま見られてとても興味深かったです。
c0053898_1093711.jpg

(Wikipedia : Calocephalus platycephalus より借りました。)
去年ナーサリーで買って枯れてしまった、
レモン ビューティー ヘッズ。
色と形がすごい可愛いので、またほしいなー。
このパーク内でも見れます。

パーク内にあrJacksons Creekという小川では、
かものはしも目撃されている、というのだから驚きです。

c0053898_9195933.jpg

そしてこれがオルガンパイプ。
火山によってできた太古の地表。(左)

少し歩くとロゼッタストーンと呼ばれる岩も出て来て、(右)
今にもしゃべりだしそうな、なんか怖い表面の岩が見れます。
c0053898_9484470.jpg

ネバーエンディングストーリーのモーラに見えてくる!!
(これだよ、幸鳥ちゃん!笑)

このオルガンパイプ、メルボルン空港の左隣、という感じの位置で、
(実際この日の航路は真上を飛行機が飛んでました。汗)
こんなところにこんなちょっとした自然のオアシスのようなポケットが
あるのが少しびっくりしました。動物にとっては最高のエリアだろうなー。
c0053898_1001462.jpg

(wikipedia : Superb Fairywrenのページより借りました)
blue wrensというとても可愛らしい小さな鳥も一杯見ました。

さくっとピクニックという感じの場所にお勧めです。
その後サンブリー辺りのワイナリーに行ってもよさそうです。

■ Organ Pipes National Park
Organ Pipes National Park is close to the Calder Highway,
20 km north-west of Melbourne (Melway ref: 3 D4).

The park is open daily from 8.30am to 4.30pm.
ブッシュファイヤーが懸念されるコードレッドの時は
閉園になるので、ご注意を。

========================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-28 09:59 | Go West! | Comments(4)

採れたルバーブで。かしこいアブラナ科とお庭のこと

c0053898_1628618.jpg

このイースター5連休は本当はキャンプに出掛ける予定だったけど、
スーの仕事が忙しくて前もって、全く予定が立てられなかったので、
結局ちょろっとでかけたり、家のことをしたりして、過ぎ去りました。はー。

明日からまたわいも仕事が始まるわけでーーーー。えーえー。。。涙
がんばります!!




そんなわけで家のお庭も、冬用の野菜を準備しはじめたわけですが。
また高菜みたいなジャイアントレッド、芽キャベツ(ブラッセルスプラウツ)、
青梗菜、ケール、ビーツ等の苗を準備し始めました。空豆も数株。

芽キャベツやケール、アブラナ科の野菜は(ブロッコリーも)
重金属等に汚染されてしまった土壌のそういった悪い成分を
吸い取ってくれるらしい、というのを最近聞きました。
家はレイズベッドなので、そういうものに汚染される心配は
ないと思うけど、土壌の汚染物質を除去、という意味では
いい野菜かもしれません。

でもそうすると、食べない方がいいのかな、とも思ったりしますが。
同僚のJのお家も野菜畑を始めることにするんで、とりあえず食べないけど、
一番最初の土壌の浄化用に、ということでアブラナ科を植える、と言ってました。




ここいらで、伸び伸びのルバーブも冬用にお休み、ということで、
コンポストをいれてまたマルチをかけました。冬のおふとんみたいな
もんですね。

そこで(前置き長っ!)結構何年も眠ってることになっていた、(↑の写真がそう)
スターアニスと一緒にルバーブ、りんごをさっと煮ました。
秋口はちょっと甘い香りのするスパイスが恋しくなります。

ざーっとローシュガーをいれて、レモンをぎゅっと絞って。
色合いを少しよくするために冷凍してあったブラックベリーを数個
入れました。毎回適当なんだけど、結構おいしくできるのでえらいやつです!

c0053898_1628359.jpg

熟れ熟れだったいちじくも少し乗せて、ちょっとしたおやつを。
ルバーブのさっと煮、アーモンドとパンプキンシードを
ヨーグルトの上に乗せてみました。

スターアニスとよー合って、おいしかったです♡

残りのさっと煮はパウンドケーキにしました。
ルバーブも今年はとりあえずこの辺で終わりかなー。




知り合いのKazさんが、ルバーブの毒がある葉っぱで、
化学的なものを使わない防虫スプレーの作り方ページを
FBでシェアしてくれてましたよ。
興味がある方はこちらをどうぞ。

■How to Make Rhubarb Leaf Natural Pesticide■



あと、Tちゃんがまた興味深い本を貸してくれました。
c0053898_1703349.jpg

なぬ!?ほんまかぃ!?と思わせる内容でした。

自分の経験も兼ねて、ちょっとじっくりまとめてみようと思います。


======================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-26 17:02 | food lovers | Comments(4)

再燃!びわの葉+自然療法

c0053898_8461360.jpg

2005年辺りにはまっていたびわの葉茶。
2011年の6年経ってから、また再燃しそうです。

お隣さんの前庭にはとても立派な枇杷の木があって、
「いつでも使っていいよー!」と言ってくれるので、
(これはちょっと何か使った方がいいよねー)と思いつつ、
全く何もしてなかったのですが、Tちゃんが借してくれた
自然療法の本。にも後押しされました。

色々読んで行く内に、小さい頃に風邪でりんごのすりおろし
食べさせてもらってたなーとか色々思い出が蘇ったのですが、
ふと、急に大好きだったおばあちゃんの家の本棚に入っていたのを思い出しました。

おばあちゃんがブレンドして毎日飲んでいたお茶、
ゲンノショウコウ+ハブ茶も出て来たし、これかーー!と
思い出したように記憶があふれ帰ってきました。

幼いながらに、このシンプルな表紙に惹かれた、というか
自分でこの本を手に取って眺めていた記憶があります。

東城百合子、という百合子の部分が(これは絶対ゆりこって読むんや。)
て誇らしげに自分で漢字が読めたことを思い出し、なんだか
急に懐かしい気分がうわっと蘇って来て、不思議な気分に。
おばあちゃん、どっかで見てたのかな。

c0053898_8461413.jpg

びわの葉の効能を読んでたら、なんだかどえらい事が書いてあるし、
せっかくあるんだし、もっと他にも利用してみよう、と思ったので、
温灸器でも使ってみることにしました。

最近、夕暮れ時には結構冷えてくるので寝る前に、
びわの葉を挟んで温灸をすると、成分が皮膚を通じて染み渡っていく、というもの。
とにかく暖かくて気持ちいいので、しばらく冷えとりに使いたいと思います。

びわの葉は大量にあるので、ほしい方には送ります/渡しますよ。
お気軽に。^^


========================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-24 08:54 | 自分と体 | Comments(5)

cityでアートギャラリー巡り

c0053898_8462696.jpg

とても小さなギャラリーに行きました。Hand Held Gallery
こんなとこに?と思う、パラマウントビルの中にあります。

Stickyよりも、もう少しハンズオンなアーティストブックや、ジーン等が置いてあって、
アーティストそれぞれの個性豊かな色は目に染み渡ってくるようです。
エキシビションとブックスペース、それぞれ小さいながらに
見応えたっぷりのギャラリーです。




写真は撮らなかったけれど、この後にmanaさんのFBを見て、ビル・ヘンソンの
写真展がやってるのを知って、ちょうどこの近くにある、
Tolarno Galleryにも行って来ました。NGVや大きい美術館では
見た事がある彼の作品も、町のギャラリーで見たら、どんな感じなんだろう。
と興味津々!2005年に行った時はこんな感じ。こちら。

ビル・ヘンソンが撮る写真はこんな感じ

そうなんです、光の魔術師とでも言いましょうか、
暗〜い中にぼーーーっと浮き上がるまだ幼げな顔の女性の写真が有名でしょうか。
何?泣いてる?でも光かな?とぐっと見ている者を引き寄せる描写法は
陰翳礼讃を思い出させます。実際に体験したことがない世代のわいは、
こういうことを言っているのかな、と毎回ビル・ヘンソンの写真を見たら
思うのです。

『陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎の随筆。「経済往来」昭和8年12月号・9年1月号に掲載。

まだ電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたもの。 こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、 日本ではむしろ陰翳を認め、それを利用する事で陰翳の中でこそ生える芸術を作り上げたのであり、それこそが日本古来の芸術の特徴だと主張する。 こうした主張のもと、建築、照明、紙、食器、食べ物、化粧、能や歌舞伎の衣装など、多岐にわたって陰翳の考察がなされている。
日本的なデザインを考える上でも注目され、原研哉が『デザインのデザイン』の中でも触れている。



ギャラリーに行くのは結構一人で行くことが多いのですが、
行く日は何個かバンドルさせて、がっつり巡って、アートデーに
することが多いです。頭をアート仕様に積極的に持って行くのも
必要だし、勉強も兼ねてアイデアを練ったり色々しています。


c0053898_8463074.jpg

帰りに久しぶりにメトロポリスに寄ってみたら、
エレベーターがえらいことになってて、ちょっとビックリ。

メトロポリスはセレクトされているオサレ系本屋ということもあって、
どれもこれも興味のあるアート、クラフト本が多い、というのが
醍醐味なんだけれど、オーストラリアは本がバカ高いので、
バンバン買える状態ではありません。。。

本貧乏になっちゃう(特にアートブック関連は)ぐらいなので、
避けてましたが、たまに行ってパラパラパラ〜とめくるだけでも
結構な楽しい時間だったので、やっぱわいにはこういう自分で
めくる本、みたいなのが必要です。^^

最近は米ドルと豪ドルがほぼ同じ!(昨日はちょっと上だった!驚)ということもあって、
アメリカからネットでなんでも買う人が増えていて、メトロポリスも含め、
小売業は大打撃、と聞いてますが、だって、倍ぐらいの差があったら、
そら、そうするわな。。。

わいもロトが当たれば買いたい文具や、アート画材、アート本等が
アメリカには山ほどあります。笑 しかもオーストラリアの半額ぐらいの
値段で!!!!涙 今、知り合いがNYに行ってますが、
一番いい時に行ったよね〜と周りで話してました。


=========================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-23 09:16 | art & design | Comments(2)

家のうさ子

c0053898_17182595.jpg

ここ数ヶ月、家にうさ子が住み着いています。
結構大胆に外に出て来ていて、わいらの姿を見つけると、
ぼーんぼーんと跳ねてすぐにどっかに行っちゃいます。

イースターバニーとはまさにこのことかな?
今年のイースターは5日間の連休。

みなさんよいイースターホリデーをお過ごしください。
c0053898_17183240.jpg



==================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-22 17:20 | oz thingo | Comments(2)

農作業とウィッキングベッド、カフェ、初!梅醤しょうが番茶

c0053898_10174922.jpg

先週の日曜、すごく天気のいい日にCERESの御薬園グループで
アユールベーディックのハーブベッドを作る事になりました。
紫蘇も大量に寄付していただいたし、ここはぜひともがんばらないと!と
いうことで、力仕事をしてきました。

紫蘇を売った会計報告ですが、まだお金を持っているメンバーの一人が
いくらあるのか、報告してくれていないので、まとまってませんが、
これさえまとまれば、早く会計報告をこちらでさせていただこうと思ってます。
紫蘇を買ってくれたみなさん、ありがとうございました!!


一番最初の中国、韓国、日本の東洋系ときて、次に西洋系のハーブベッドを
作った後のプロジェクトで、インドまで来ました。^^

今回はアユールベーダに使われるハーブを植えよう、とのことで
スリランカ/インドが原産とあれば、たぶん水分や湿気がしっかり目に
いる植物になるのでしょう。そういうのもあってか、今回はグループで初めて
ウィッキングベッドに挑戦することになりました。

???何?ウィッキングベッド????と思われた方も多いはず。
わいも手伝ってみて、なるほど。さて。どう書こう。と思ってたら、
ふふふ。さすが、ガーデンといえば!のOz gardenさんのHPに当たりました。
抜粋させていただきますね。

Wicking とはろうそくなどの芯の材料のことをいい、ここでは植物の根が床底から水を吸い上げる仕組みを指します。日本語にすれば「底面灌水式育成床」とでもいいましょうか。とにかく水不足のオーストラリアの夏に最小限の水やりで威力を発揮する、しかもリサイクル用品等の安価な材料で導入できるということで、最近こちらの園芸愛好家に注目を浴びているテクニックです。


そう、ウィッキングベッドはパーマカルチャーを取り入れている農園や、
オーストラリアのように、干ばつが多い地域にはもってこいの農法です。

Oz Garden さんはみみずの育成箱をウィッキングスタイルで作ったんですね。
さすがだわ。興味のある方はこちらを読んでみてください。

→ ■ 究極のみみず育成床 ■ ←

今回のこの御薬園のウィッキングベッドもCERESのナーサリーで
使わなくなった雨水タンクを半分に切ったものと、捨てられてあった
パイプを拾って来て使いました。中に敷くゴロゴロとした石もたぶん、
余ったものをもらってきたものでしょう。なので、必要なのは、レイバー(労働者)のみ!笑

とりあえずはパイプを入れて、ホースも入れ、石も入れ、
土入れで終わるー!!と張り切っていたんですが、結局中に入れる
コンポストや土が置いてあるゲートの鍵がなかったんで、断念することに。

またイースターが終わったら仕上げ+アユールベーディック用に植えるハーブの
種上が始まります。アユールベーダに使うハーブって何があるんでしょう。
この御薬園はナチュロパスやハーバリストの為に作った教育/資料用の
役目もあるので、色んな人に見て触って、知ってもらおうという目的もあるので
リクエストなんかがあったら、どうぞ!^^ 何?そんなの聞いたことない!って
いうようなハーブの種でも意外にどこかの誰かが持ってたりするんですよね。汗 ^^;

次回は写真撮ってきます!こないだは汗だくになりながら、
熱くてしんどくて、もういやーーーーってなってたから、
全く写真のシャの字も思いませんでした。笑

今、友達が日本から来てて一緒に農作業を手伝って、
ランチをCERESのカフェで食べようと思ったら、
「45分待ってもらうことになるけど、いい?」と
(CERESのカフェ、週末はすごいんですね!!)
言われたので、彼らがステイしている近所の、
Birdie num num へ行くことにしました。

c0053898_10175611.jpg

わいも前からここ来てみたかったので、うれしかったー♡
内装も可愛いですよね。たぶん、前肉屋だったのかな???

ピデを食べてコーヒー飲んで、可もなく、不可もなくでした。
この筋に有名なミルワ チーズショップがあるので、ここもまた
行ってみたいところ!

c0053898_1018036.jpg

そして、友達のTちゃんがお家でいれてくれた、梅醤番茶のショウガ入り。
初めて飲んだんですけど、出汁スープを飲んでるような感じなんですね。
これだったらランチにおにぎりとこれ、みたいな感じでも十分に
いけそうな感じで、もっと早くやっておけばよかったよー。という感じ。

しょうがも入ってて、体が暖まります!

c0053898_12402941.jpg

こっちって梅干しがやっぱり高いから、うーん。。。と思って梅醤番茶を
やらなかったんですけど、そういえば、この梅エキスがあるじゃん!
と思い立って、これからこれを使い切る意味でも、冬を乗り切ろうと思います。

今年は冷えとりがんばります!
重ね履き靴下もやりたい!ぐらい。

これはけだまちゃん家で知った名薬で、
この時に飲ませてもらって、ケロっと治っちゃった時以来、この梅エキスに感動して
送ってもらったもの。それ以来、お腹痛い時や、下痢、胸焼けした?とかの
時に愛用してます。もうラッパのマークもなんちゃらフェルミンもいらなく
なりました。^^ 

==========================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-21 11:11 | lifestyle | Comments(8)

はじめての指圧 心も開く

今日この時にこちらでお知らせした指圧に行って来ました。
【指圧】はあまりにも言葉に馴染みがありすぎて、
今まで全く受けたことがありませんでしたが、
いや、指圧、気持ちいい♡ です。(声大!)笑

待合室で「こんにちは、上へどうぞ。」とにこやかに
迎えてくれたのはオージーの人で、めちゃくちゃ失礼ながら、
「‘指圧’なのに、うーん、大丈夫かなー。」なんて思って
受け始めました。

最初の問診で食べ過ぎによる、胃腸や消化器系の弱さを
伝えたら、体の表側でお腹の中脘(ちゅうかん)天枢(てんすう)、
気海(きかい)、大巨(だいこ)、関元(かんげん)や
内臓マニピュレーション?っていうぐらいお腹が動き始めるような
指圧から入ってくれました。

その辺で、こないだ他に受けたオステオパス系
セッションの「人間一番大事な内臓が詰まっている
胴体さえあれば、生きて行ける。」
というM田さんの
言葉を思い出しました。

その瞬間、最初の大丈夫かなーという不安は捨てて、
そんな一番大事な内臓が入ってるお腹を触ってもらってるぐらいだから、
お腹を見せる犬になったつもりでこの人に想いっきり体を
任せてみようと思いました。

裏は脾兪、胃愈等、胃腸のツボを完璧にがっつり押さえてくれました。
自分でも表側のツボはたまに押したりしてますが、
やっぱり他人様に押してもらうのとでは、全然違いますね。

全身のダイナミックな動きが本当に気持ちよくて、
ヨガのアサナを人にやってもらう、的なものもあって、一遍に気に入りました!
耳や顔のツボまで押してくれました。

終わった後に実は指圧を教えている先生だ。と聞いて、
本当にラッキー!!でした。

上行結腸(アセンディング コロン)辺りの部分は結構硬くなっているらしく、
それと、左足のかかとを押してもらった時に結構な痛みを感じたので、
ちょっと調べものですね。。。





実はおとつい、タイマッサージも受けて、最高にコリがほぐれて、
本当に何年ぶりか!!!これは!というぐらいぐっすり眠れたんです。

ここ数年、スーが隣でいびきをかくので、ぐっすり眠れた事って
ほとんどなくて、ずーっと浅い状態っていうんですかね、そういう感じだったんですが、
タイマッサージをやってもらった日は、CERESで農作業もしたというのも
あったのかもしれませんが、本当に爽快でした。




そして、今日の指圧と、こんなに連チャンでマッサージをしてもらったことって
人生の中で初めてでしたが、表層のコリが、ある程度ほぐれていたので、
余計に深層のツボにハマってくれる感じがして、とてもよかったです。
c0053898_1695741.jpg

みんなどんな風にマッサージを受けているのか、とか反対に
マッサージをする人側としては、やりやすいクライアントとかあるのかな、とか
ふと思ったりする時があるんですけど、上に書いたみたいに、
がっつり体を任せようと、コミットすることと、
施術してくれる人の気やタイミング、呼吸に合わせるように、
マッサージを受けるようにしています。
その方が、なんとなくエネルギーがしっかり伝わってくるような、
そんな感じがします。

その人の波に乗る、的な感じで、もうどうされてもいいわ〜〜ぐらいに
心を開くようにしてマッサージを受けています。波長が合う人とは
やっぱりいいなーと思うセッションが多い気がします。

体を触ってもらうのだから、その辺は信頼感があってこその
心と体なので、友達や人間的に好き♡と思う人にマッサージを
やってもらうのが一番落ち着いていいかな、と思います。

大体毎回、中盤ぐらいにその人と一心同体みたいに思えてきて、
遠いところで意識はありつつ、少し瞑想状態というんでしょうか、
ヨガをやっている時みたいな、精神状態にあるような感じになったら、
こっちのもんです。心が開いているので、体も素直に反応してくれる気がします。
c0053898_16102195.jpg

施術してくれる人がいての、マッサージ。その人が
「じゃー今日はお願いします。」と当たった、というのも、
何かしらのご縁があって、それもまた一期一会。日本人の粋な心意気で、
お互いにいいセッションにしよう、ぐらいに気を合わせる感じで
マッサージをやってもらうのがいいんじゃないかな、と思います。

「私はお金を払っているんだから!」みたいな上下関係の感覚は
少し置いてみて、お互い愛を持って、give&takeでマッサージを
してもらいたいですね。

気を合わせる。という感じもなかなか気持ちのいいもんですよ。^^

最近マッサージ、はずれが多いなーと思ってる人は、一度
試してみてください。



実は生まれて初めてこんなに色々先月から、
オステオパス系、タイマッサージ、指圧と行って、
人に触ってもらってばっかりしてますが、ラッキー♡
こうして余計にそう思うってことは、人に触れてもらう、というのは、
やっぱりすごくいいことなんだろうな、と帰りの電車で思いました。

健康、血行促進だけじゃないような気がします。マッサージとかセラピーって。
気が交わる、ということもやっぱり影響しているような気がします。


==============================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-19 16:04 | 自分と体 | Comments(6)

久しぶりの陶芸。

c0053898_14193916.jpg

職場の一番好きな陶芸の部屋。

土があるせいか、埃っぽいんだけど、
なんとなくちょっと冷たい、土独特の
雰囲気があって一番落ち着く。

スタジオタイムの金曜の午後に
一人おばちゃんが混じって、
「ポンズ、ここで何やってんの?」と生徒達に聞かれつつ、
この時に作ったものの仕上げをしました。

シルビアこないだ一番右下のツールを
廃材になるリサイクルウッドを探して来て、
自分で削りだしてました!すごい!

c0053898_14194647.jpg

そして焼き上がったのがこちら。

ちょっと足がおろろろ。。。と
おぼつかない様子ですが、とりあえずはできあがり。
コンポストから生えてきたアボカドの苗を入れてみました。

苔玉がこんもり。みたいな感じにしたかったんですけど、
日本のような苔玉も見つからないし、とりあえずはこれで。

小さな屋内用プランツをやりだしたら、なんだか
もっとなんかしたい!と思うようになってきたので、

c0053898_1419464.jpg


ぼーぼーに新芽+根っこを出していた植物を切って、
水で育てられるのか、実験で少し生け花風にアレンジしてみました。
2週間以上経ってますが、今のところ大丈夫そうな感じです。。。

緑と白のストライプが爽やかな感じ。

これ、ポトスみたいに根っこがどの束にも着いているので、
鉢植えしたらすぐに根がついて出て来る簡単なものなんでしょうね!



====================================
[PR]
by ponzu_77 | 2011-04-18 14:36 | art & design | Comments(8)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

ナイス!ええなー!同感!とか記事、情報がよかったよ!と思ったらクリックお願いします。がんばって記事書きます!
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

メルボルン ホテル

記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2016.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
オーストラリア滞在を楽し...
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧