「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おとんのファームへ 後半

c0053898_22321382.jpg

妹夫婦とスーと、三人でチーム一丸となって田植えが無事終了。
妹の旦那さん(Dちゃん)は親戚の方がお米農家をされている人もいるようで、
何やら植えるスピードも違えば、作業もちゃきちゃき早っい早い!!尊敬!

都会育ちの妹とわいなんて、ほんまチ~ンです、こういう時。涙
スーはオージーの野生児の血があるからか、Dちゃんに合わせて
食いついて行っていました。

この右のちょろっとしたところが水田になるところです。
水は堰き止めていて、稲が植わったら水を入れる仕組み。
これぐらいの規模で大体10kgのお米が去年採れたみたいです。
10kg!?って自給自足しようと思ったら、どんだけのスペースが
いるんー?!といいリアリティーチェックになりました。うむ。

そんな風に3人が暑っい中がんばってる時、
(わて、ポン子の世話がありまんねんー。)という
言い訳をつけて、ポン子と涼んでおりました。←ダメ子なわい。

今年は新婚さんと野生児一名が植えたお米です。
秋口にはどんな風に実るのでしょうか。
なんか新婚さん二人に植えてもらったら縁起がよさそうな気がしません?
なんか地に根を張る感じと【実る】感じで。という事で、
♡新婚米♡と名づけました。

唯一おかんと一緒に植えれたのが、湯来温泉の地場産業応援系の
おみやげ屋さんで買ってきた、紅アズマの苗。これも秋口にはどうなるのかなー。
次週に行ったら何者かに食われて葉っぱがなくなっていたのもあったので、
はてさて、いかに。。。

それを植えていた時にポン子が昼寝タイムを迎えたので、お家に置いて、
軽く作業に出ました。一応手早く済ませて様子を伺いに行ってみると、
どうやってそんなとこまで動いたん!??!とビックリ!
ギャン泣きしていて、これはちょっと可哀想な事しました。(;´∀`)

古いお家で少し薄暗い感じっていうのもあって、怖かったんでしょうか。
顔を真っ赤にして泣いていたので、すまんーーーーーー。と平謝りでした。
そんなんで、もうちょっとおかんの目指す‘イングリッシュガーデン’の
雑草取りも手伝いたかったけど、あまり身動きとれずで断念。
夜にはホタルが一匹ふよ〜〜〜っと目撃できたので、
ポン子がもう少し大きくなってから、また一緒に
ここにこれたらなーーと思っています。

c0053898_22512989.jpg

さて、この記事の後半は近所のおいしいお店情報です。
ってもう農業の話終わりかぃ!!ですが、グルメ情報は欠かせんでしょう?
もろてん。だもの。笑

c0053898_22512770.jpg

おとん、おかんが「ポンズ絶対好きやわ。」といううどんのお店に
連れて行ってもらいました。そうなんですー、わいうどんが大好き♡
週末に行くと並んでいるらしいですが、平日だったので無事にすぐに着席!

お邪魔したのは、竹松うどん店さん。昔の古民家を改造して、、、というお洒落な感じに仕上がっています。^^
蔵も見事に改造してあって、こんなうどん屋めっさいい♡と気分盛り上がります。
おとん曰く、廃材等を使って釜のお湯を沸かしたりしてはるのだそうで、
エコっぽい。

農作業の後(わいしてへんけど)、心地良い風が窓から入ってきて、
あーほんまいい季節に帰ってきたーーーーと心踊る。
c0053898_22551113.jpg

日本はお座敷があるから、ポン子とも常に近くでいい感じ!!
今回の旅では入ったお店、ほとんどの店員さんがお座布団を持ってきてくれました♡
中には小さなベビー布団が置いてあったところも!すご!

帰り際にちらっとカウンターの横にはコットが見えました。
「家にも似たような年齢の子がいるんです。」と、オーナーの奥さんっぽい女性。

c0053898_22513513.jpg

釜玉冷大盛りー!と、天ぷら(ごぼ天やったかな)をよばれました。
大盛りってあんた女子やろうーですが、タベナー星人は、次いつ今度
食べれるかわかれへん。。。と思ってしまうので、毎回大盛りがあるところは
大盛りで!授乳もしなあかんしー!!(言い訳に最高!でして。笑)

うんまーーーーー!!!(๑´ڡ`๑)と、ざーーーーっと一気に流しこんで、ぺろっと完食。
コシのあるうどんはやっぱり日本で食べるのが一番!!
今回はさぬきうどんっぽいうどん、無理かなーと思っていたのに、
綾部で食べれて幸せ♡でした♡

c0053898_1056412.jpg

その前の晩は、まるでモネのような睡蓮の池がある懐石料理屋に連れて行ってもらいました。
こんな素敵なところがーin 綾部です!!しかも夜でも3500円!!日本いいぞーー!!
メルボルンなんて、35ドルでコースなんて昼ぐらいしかないし!

着いたらまずは足湯に浸からせてもらってから、コースがスタート♡
なんていう素敵なサービスが。カエルが鳴く池の側に座ってしばし、ぼ〜〜っと。
c0053898_10555546.jpg

もうちょっとキリリとしたシャープな懐石が好きなんですが、←どんなん?
でも、久しぶりに食べる食材とかあって、気分盛り上がりました。

家族久しぶりの水入らず。今回はポン子とDちゃん、
新しいファミリーメンバーが加わって、賑やかになりました。
いいわ〜♡家族と一緒のご飯!!おとん、ごちそうさま〜。


次の週末はスーが東京へ一人旅へ出かけたので、
本当にポンズ家水入らず。おとん、おかん、わい、ポン子と綾部へ。
今度はおいしいお蕎麦屋へー。
c0053898_219246.jpg

元々、新地でお店をしていた方が綾部に越してきて、
蕎麦屋を開店!しかもお庭がこれまた素敵で、
使っている器も素敵!綾部の作家さんだそうです。

付け合せの大根おろしから、ワサビ、天ぷらもちゃんと自分で
やってはる。という誤魔化し0の職人天ぷら蕎麦。最高です。
最後に蕎麦湯もちゃんと出てきて。はぁー。日本人でよかった〜。

タベナー星から着ましたーと言わんばかりに、ここでも蕎麦大盛り。笑
食べーでかー!(食べずにはいられないの意)

綾部は自然が一杯あって、他にももう一軒週末カフェにも
行ったんですが、どこもお庭をキレイにしてはって、お庭を
見ながらー的な素敵な飲食店が多くて、いいですね〜〜〜。

やっと人口2300万人超を達成した、のんびりした国の
オーストラリアに慣れてしまった自分としては、
これぐらいのんびりしているところじゃないと、もう住めない気がします。
毎回帰ってきて、こんな自然たっぷりの場所に行く度にそう思う自分がいるな〜。

===================================
 
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-28 00:01 | | Comments(8)

離乳食開始 5ヶ月半 日本との違い

c0053898_17102011.jpg

いよいよ始まりました。離乳食。

今回日本で、今まで行ったことのない領域、西松屋に行ってみました。
ラッキーな事に実家から歩いていけそうな距離に数年前にできて、
勇んで行きましたー。メインに見てみたかったのは、
離乳食用に口当たりがいいらしい、というスプーンとかの食べ系グッズ。

コンビから出ている1歳頃までいけるような、
乳首からスパウト→ストローのマグなんて、
800円とかだったのに、こっちで先日見たら、
そんな便利なセットなんてーのはなくって、
一個が12ドルほどしていたので、これは買ってきてよかったー!
しめしめと思っていました。

先日4ヶ月検診(行ったのは5ヶ月だったけど)で、
離乳食の話もされ、日本の育児雑誌で読んでいたような、
「ヨーグルト状の硬さ...」とかを話していたら、
「うんにゃ、柔らかくしたものをマッシュで十分!」
満面の笑みで言われました。「え?そうなん?」

オーストラリアはどうやら、直近のリサーチによって、
育児方法がコロコロ変わるようで、最近では若い内から噛む練習を
させておくほうがいい。というのが定説なようで、
おかゆの上澄みからね♡なんていう、生易しいレシピは排除されました。笑

そういうところが、オーストラリア、野性的というか、
直球ドカーーーン、ばっちこいーーーーー!!的で
がさつといえば響きは悪いけど、ある意味大らかで素朴なアプローチ。
変化を恐れず、その変化に順応していける練習ができるのはいいことだ。
ガサツで適当なわいには合ってるかも。^^
その点、日本は繊細だね、やっぱり何にしても。
↑それでもマザーズグループのオージーママ達から言わせたら、
「ポンズはいつもオーガナイズされていて、きっちりしているわねー。」と言われるので、
オージーの基準っつーのが一体...と気になる今日この頃。笑

そんなんで離乳食として推奨されるものも、芋やアボカド、バナナなんかを
マッシュしてそのままやるのもOK、ベイビーとの様子を見て
お好きにどうぞ。的な感じです。笑 もちろん日本みたいに
ずらっと品数が並ぶんじゃなくて、一品で十分!みたいな感じ。
この辺から国民性が出てますよね。ドーンと一品を食べる文化と、
おかずから細かい副菜がこちょこちょ出てくる文化。

今のところはゆっくりで、一品ずつチャレンジ。
CERESからもらったライスシリアル(玄米を石臼で潰したもの)は
おいしくないのか、あまり匙が進まず、
オーツ、さつまいも、りんご、アボカド、バナナ、みかん、
素材の味を噛み締めながら食べてるっぽいです。^^
一口食べるのにも、見た目必死のぱっちなので可愛いなー♡と観察しています。

いつか一緒に食卓を囲める日が楽しみになってきたー。
ぐっちゃんぐっちゃんになりつつも、そんな瞬間も楽しめたらな、と
思っています。^^

===================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-27 17:30 | 子育て | Comments(4)

大阪名物を...

c0053898_9333497.jpg

大阪ではちょっと小腹が...ってな時に懐かしいものを。
まずは喜八洲のみたらし団子。昔は本店で買っていたものの、
今ではデパートや伊丹空港にも入るほどになって、
大きくなった喜八洲。^^ 小さい頃はおやつ、といえば
ここの酒まんじゅう(さか饅)がデフォな時がありました。笑

そしてちょっと大きくなって、自分達のお金で物を買う楽しみを知った時に、
「いや、実はみたらしの方がおいしいんちゃうんーー!!」と
みたらし団子にあっさり乗り換え。笑

今回も懐かしさのあまり、さか饅を買おうとしたら、
「めっさスイーツ買ったし、また今度にしたら。」と妹に
制され、「せ、、せやな。」と現社会に戻ってこれました。笑
日本に帰ったら、食い意地がはってるので、あれも食べな−、
これも食べな−と、タベナー(食べな−)星に行ってしまうことが多いのです。(;´∀`)

c0053898_9333855.jpg

そして大阪人のソウルフード、551の豚まん。
肉まんじゃないんです、豚(ぶた)まん。

これも昔は大阪駅構内にあった、めっさ小さいお店で買い、
車内に豚まんの匂いをプンプンさせて、周りに
(あ、あの人551買ってんな。)というのをアピールさせて帰るというのが、
恒例でした。笑 おばあちゃんが好きでたまに買ってもらえるのが
うれしかったなー。

今回は大丸で買ったけど匂い防止の二重包装!みたいな事が
書いてあって、時代は変わったなーーーーーと遠い目になりました。
一個食べたら脂っこいのでお腹一杯に!晩御飯まで豚まんのゲップが。汗
年を感じましたー。涙 昔は2個ぐらいぺろっと食べてたのにー。
今は酢をガンガンきかせた酢醤油で食べるのが好きです。

後、551の豚まんはソース派、醤油派に別れていて、
どーでもいいことを中学時代は熱くなって討論してましたねー。(;´∀`)
そんな思い出の豚まん。「ある時ー!!ない時ーーー!!」←めっさローカルネタ。

c0053898_9334250.jpg

今回初めて食べたマダムシンコのバームクーヘン。
何やらクリームブリュレ(←毎回おかんが言う時に詰まる。ブ。。ブル、、いや、ちゃうブリュレ!!おーーー。言えたーーパチパチーーみたいな。笑 揚げ足とりすぎ、どこまで
引っ張んねん)が有名らしいですね?

そんな優しいおかんがスイーツで食べようー♡と買ってきてくれたのが、
マダムブリュレという人気商品のやつ♡
キャラメライズドされたトフィーが上に乗ってあって、
脳天直撃の甘さはオージースイーツもビックリ!みたいな勢い。

わいは、そんなの激甘に慣れてるので( ´_ゝ`)フーンと余裕で食べましたが、
妹、おかんは「何これーー甘っーーーーーー!!無理!!」と少々食べて
「もうええわ。おねえとスー食べ。」と回って来ました。笑 おぃ!

個人的にはもうちょっと焦げ目がついていても好きなので、
バーナーがあったら自分で焼き入れたろか。炙ったろか。と思いました。

今回の小腹グルメはこれぐらいですねー。
ほんまはもっと食べたいもんい〜〜〜っぱいあったけど、
マタコンドーです。

===================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-26 09:56 | | Comments(14)

おとんのファームへ

c0053898_9381211.jpg

芍薬が満開だったおとんのファームへ。
こちらのご近所さんへご挨拶へ伺う前に切花にしました。
庭に一杯あったヒメジヨンも住むとこ変われば、懐かしいー♡
一緒にいけてみました。

今回の里帰り、第一の目的は妹の結婚式、
第二の目的がこのおとんのファームでした。

ファーム、なんていうと響きがいいですが、
京都の綾部にちょろっと農業ができるほどの土地付きの家を
2年ほど前に買ったのです。退職後に農業をやってみたい、という都会っ子のおとん、
「ポンズはやっぱりおとんと同じジーン(遺伝子)やわ。」と呆れ顔のおかん談。笑

これはスーもすっごい楽しみにしていたので、
帰国中に2回行けてうれしかったなー。

おとんも図書館へ行っては、自然農的な農本を借りまくって、
読みあさっているそうで、週末はいそいそと綾部へ出かけています。
何やら本の中から実践してみたいテクが散々あるそうで、
行っても自然農的な農法でお手伝い。

今回お手伝いをしてわかりましたが、農業て本当に人出がいる!!
兼業農家っていう言葉をやっと体で理解できたほど、人出がいないと、
あっつー間に日が暮れ、えー?まだこんなけしかやってないのにー?と
いう結果に陥るのです。
c0053898_9371170.jpg

おとんも当初は人を募って一緒に農業を。という形でやりたかったようですが、
定年手前になって一緒に力仕事をしてくれる農フレ(農業フレンズ)笑 も
なかなか見つからずに、昔からの知り合いの人と、二人で実践中の様子。

昔のお家なので、蔵もあるし、農具等を閉まっておく小屋があったりして、
もっとキレイにしたら、色んなポテンシャルがありそうなお家です。
c0053898_1044121.jpg

なんで古いお家に使われているパターンってこんなに可愛いものが
多いんでしょう!?一足若者の靴が増えているのに、最初、
(れ?ほぃ?!誰の?)と違和感がありましたが、そうやー妹結婚したんやったー。と
実感が湧いてきます。^^

大阪からの道中、道の駅が二軒もあってうれしい限り!!
だんだんと田舎風景になっていく車窓、緑まぶしいですー♡
c0053898_9372038.jpg

薪が積み上がっているお宅ではオーガニックのお米を作っておられて、
おとんはこの方から直接買わせてもらっていて、家でもこれで食べる度に精米。
おいしいお米でした。

生産者の顔が見えると本当安心!「いつもありがとうございます。」と
言ったら「いえいえ、こちらこそ。」とご主人。ご挨拶ができてよかったです。

c0053898_93744.jpg

つばめが軒下に巣を作るといい事があるんだってさ!

いやいや、軒下どころか、家の中に作ろうとしてるし!!
つばめのカップルがバタバタと飛んできました。

今回は晴れて夫婦になった新婚ホヤホヤの妹夫婦達も来たので、
つがいのつばめが巣を作り出そうとするなんて、
なんとなく縁起が良さそうーな始まり。^^

後半につづきます
=================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-24 21:35 | | Comments(9)

妹の結婚式で広島へ

c0053898_22114256.jpg

日本へ着いて1週間後に今回の帰国の
メインイベント妹の結婚式がありました。
妹とは6歳離れているので、歳の差をあまり感じないで、
色々話せるようになったんも、実はほんのつい最近のお話。

スーが妹に初めて出会った頃なんて、14歳とかで、
それはそれはもうおぼこい(子供っぽいっていう大阪弁)女子で、
スーの中でも未だに彼女は小さい。という公式があるような気がします。

そんな妹も良縁に恵まれ、結婚することになり、
おねえとしては、感無量な慶事でした。
今年、ポンズ家ではポン子も生まれ、妹も結婚し、
ダブルハピネスでめでたい2013年となりました。

そして、とうとうわいにも義理の弟ができ、家族が増え、
これからどんな物語がまた増えるのか、本当に楽しみです。
メルボルンに住んでいて普段は離れ離れになるので、今回は
彼の事を知ろうと、妹にたくさんの機会を作ってもらいました。

わいもスーの親戚や家族に慣れるまでにしばらく時間がかかったように、
はじめまして。からスタートして、焦りは禁物。これから時間が‘家族’という
関係を色濃くしていってくれることでしょう。

義理の弟には義理の兄ができ、それがしかも
‘外人’で、ちょっと言葉の問題なんかもありそうですが、
まーこれから鬼嫁を持つ夫チーム、笑 
二人で仲良くやっていってもらいましょうやぃ。

妹家族にもたくさんの幸福が訪れますように!
c0053898_22192100.jpg

今回は諸事情で結婚式は広島で行われました。
ポン子との移動も、当初疲れるから新幹線?と計画していたけど、
みんな一緒の方が楽しいし。ということで無理を言って
一緒に車で、妹が嫁ぐ前の最後のロードトリップを楽しみました。

写真は無事に6時間後に着いてホッと一息の様子。
式の前日にホテルに入りました。ここの温泉がこれまたよかった!!!

従姉妹のKちゃん家族も子供を二人連れて、遠路はるばる来てくれて、
おまけに滞在に合わせて、ポン子のためにたくさんのおもちゃや、
お下がりを(お祝いまでも!)持ってきてくれて、本当にありがたかったです。

Kちゃんも大阪を離れてお嫁に行ってしまったので、帰っても
小さい時のようにすぐには会えないのがとても残念で、
旦那さんのYちゃんとももっと色々話してみたいのになーと
会う度に、メルボルンに住んでいるのがうらめしく思われます。

家族や親戚と近所だったらなーーーーーーー。と何万回思ったことか。。。

c0053898_2224184.jpg

おかんが妹のベールを上げ、おとんと一緒にバージンロードを
歩いてきた時は、もう涙だーだー。チャペル式だったので、
ちょっとインチキくさい外人神父さんを見つつ、(ごめん失礼で)
意識をそらそうとがんばりますが、あかんーー。

小さい頃からずっと見てきた妹、常に後ろを歩いてきていた妹、
わいが小学校1年の時に産まれてきた妹が、とても可愛くて初めて抱っこした時の
感動もうわーーーーっと一気に蘇ってきて、
今ではあんなにキレイに歩いているーーーーーーーー。と感動の嵐でした。

そんなんで披露宴もスライド写真にまたファミリーネタ満載の写真が
使われていて、ポンズ家(おとん、おかん、わい)と披露宴途中も
ずっと涙、涙でした。(;´∀`)
ハンカチずぶ濡れ。笑

新郎側の友人の催しもおもしろくて、スーも大爆笑していて、
久しぶりに楽しい式に参加させてもらいました。

いやーしかし家族ってやっぱいいですね。
ファミリア イズ ナンバー1!!アミーゴー☆です、ほんま。

この披露宴の後、おかんが湯来温泉の国民宿舎、
湯来ロッジを予約してくれていたので、
暗い山道をまた妹夫婦を除くポンズ家で大移動。笑 
着いたん夜中の9時!温泉入って、みんなおやすみーーでした。

この湯来ロッジ、めっさ山の中にあります!2009年に改装されて、
とてもキレイで素敵な温泉宿。ホタルも飛ぶキレイな清流が
横を流れていて、おかんもわいらにホタルを見せたかったみたいですが、
ちーと今回は早すぎた様子。ポン子がもう少し大きくなったら、また
お願いします。^^ おかんー。

夕飯もめっさおいしそうなので、今度来る時があれば食べてみたいー。
朝食ビュッフェがすごいおいしかったので、夕飯も絶対間違いなし!!

疲れてて、写真を一枚も撮ってなかったことが判明。涙
家族でパチリ。やればよかったーとそれだけ後悔。あーぁぁ。

===================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-20 08:23 | | Comments(6)

大阪へ着いてからの一週間 美容院と奈良

c0053898_20312032.jpg

無事に日本へ着いて、まず最初に向かったのが美容院!
妊婦時代から今まで切ってなかったので、限界!!を
超えていました。笑 

妹が担当してもらっているちょっとチャラ男っぽい美容師さんに相談すると、
「お姉さん、ショート絶対いいと思いますよー。」という言葉に
乗せられて、えいやっ!とバッサリショートのアシンメトリーに
してもらいました。「長いよりええやん。」と周りには好評です♡

チャラ男っぽいけど、一応店長な彼。笑 切り方も上手で、
日本帰ったらこれからお世話になることにしようかな。

日本は暑かったし、すっきりさっぱり☆ほんまはまたサイドも
思いっきり刈りたかったので、リクエストしてみたんですが、
「そ、、それは無理です。しかも結婚式やし。妹さんにシバかれます。
でもちょいっと刈り上げ女子いっときましょか。」と、
(うっまいなーーー。はははーん)な返答。
横を耳にかけたらちょっと刈り上げがわかる程度に仕上げてくれました。

今、メルボルンで首元寒寒でチ~ン。になってるので、
ガッツリここまで刈らないでよかったんだと思いますけどね。(;´∀`)
でもショートにして、服とのバランスもいい感じかも!
ショート悪ないやん。。。と自己満足に浸っております。
c0053898_2029330.jpg

(画像はこちらから借りました)
イメージはこんな。
色でも遊んでみたいー。
母乳が終わったら、いっそのこと金髪ショートもしてみたいし、
髪の毛ちょいピンクもやってみたい。一体いつになったら
落ち着くねん、あんた!!!な企み。笑
いや、でもlife is too short!!やりたい髪型ぐらいさせてくれぃ。(*´∀`)

c0053898_1510291.jpg

とりあえず髪の毛をさっぱりして、今回会えた唯一の友人が
ユンと牛子ちゃん。牛子ちゃんのかばん、いろいとでお馴染みのお二人。
牛子ちゃんは今生活のベースが奈良で、大阪に近くてうれしい♡

わいもスーも奈良大好きっ子なので、お家へ一泊お邪魔してきました。
お家はなんとも素晴らしい!奈良町のど真ん中♡細い路地に
小さいお店がポツポツと並んでいて、それでいて普通の民家もあって、
いいなー♡時間が許せば数泊させてもらいたかったのですが、
マタコンドー。(また今度ー:スーが毎回日本で言う)ですね。

c0053898_1511554.jpg

ならまちのカフェ、フランツカフカで昼ごはん。
特性きのこカレー。ぴりっとした辛さが、
夏の暑さに最高ーの一品でした。

ここにはユンのいろいとグッズも置いてあって、
牛子ちゃんもごひいきにしているカフェ。
久しぶりにオサレーなカフェでほっとできてうれしかったなー。
何より、ユンとまた3人で色々話ができたのが一番楽しかったです。

晩はもちろんお家で宴会。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、すぐ翌朝の
お別れ時間に。涙 なんでこう楽しい時間ってすぐ過ぎるんでしょう。はー。

またの再会を約束して、奈良から大阪の電車に乗りました。

つづく

=====================================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-19 20:42 | | Comments(6)

シンガーポール半日観光2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 植物園

c0053898_1094211.jpg

スコールから逃れるようにしてgardens by the bayの屋内に入りました。
フラワードームとクラウドフォレストと呼ばれる二つのドームで
成り立っています。この植物園は有料です。

ローカル料金と旅人料金があるのですが、
シンガーポール航空の搭乗券を持っていたら、
割引になりました!yay!
なので、トランジットの間に訪れる方は
搭乗券の提示をお忘れなく!


c0053898_10105918.jpg

中に入ってまず目を奪われたのがこの滝!!
アバター♡♡と目がSFオタクの目になってしまいました。

朝一番で入ったからかミストが霧状で色んなところから
噴出していて、いきなり髪がチリ毛になって困りました。(;・∀・)
おまけに寒い!!!行き交うローカルの人々も
「寒くない?聞いてねーよーー!!!」とちょっと驚いていた様子。
子供連れのお母さんなんかは「こんな寒かったら上着持ってきたのに!」と
少しお怒りの様子なほど、結構寒かったけど、
この時も授乳ケープが役立ちました。ε-(´∀`*)ホッ

右の写真で人が写ってますが、どんなに大きいかが分かっていただけるかと。
見上げる大きさでした!

c0053898_10152820.jpg

朝日が入ってきて瑞々しい植物達を見て癒されます。
機内で吸い込んだ肺の空気を総入れ替えのイメージ。^^
c0053898_10155563.jpg

さすがはシンガーポール!チャンギ空港内でもこれでもかーーー!の蘭を
一杯見てましたが、クラウドフォレストでもたくさんの種類の蘭が。

どこへ行ってもバンバン元気に咲いているので、
その辺はやっぱり赤道直下の熱帯ゾーン。
いいなーーーーーーー。蘭が好きな人にはこの植物園、すごくお勧め!

c0053898_1017529.jpg

滝の一番上まで上がって、スロープを伝って下がってくるのですが、
外はスコールでジャジャ振りでした。

エレベーターが完備されているので、ベビーカーも余裕のよっちゃんです。^^

c0053898_1018146.jpg

下を覗けば花畑♡コントラストが素晴らしい、
バーティカルガーデン。

いつも隅々まで見て普通の人なら1時間というところでも、
スーがいれば、数時間なんてことはザラ。この日は、
「今日はトランジットで11時半頃までには戻らなあかんから!!」と
釘を挿しておいたのが効きました。よかったー。

ちょっと外に出て冷えきった体を温めてから、今度はフラワードームの方へ。

c0053898_1024191.jpg

おーーー。ファサードがすごい!
c0053898_1024650.jpg

フラワーと聞いていたから、お花畑でも広がっているのかと
思ったのですが、多肉植物、サボテン類のドライガーデンが多かったです。
ドライガーデン、乾燥地域と言えば、オーストラリア!!なので、
わいらにとっては、結構( ´_ゝ`)フーン。な感じでちと残念。。。

c0053898_10272976.jpg

ランドスケープデザインは新鮮でした。
無機質な中に有機質な物があるのってすごく惹かれるデザイン。

何千年後にもし地球がまだ存在していたら、
将来のガーデンってこんなのなのかなーって。
c0053898_10174694.jpg

さーっと流す感じで見た後に、お腹すいたねーと何か食べたかったのですが、
この植物園内入ってみたい!と思わせてくれるようなお店がなく、
渋々入ったカフェっぽいお店でラテを飲みました。

c0053898_1030022.jpg

結果、、、撃沈。チ~ン。
エスプレッソが高いんですねー、シンガーポール!!!
この一杯6ドル(Sドル)ほどしてしまいました。
オーストラリア・ドルとシンガーポールドルはそう変わらないので、
えっらい高いコーヒー!ここでパニーニ−とサンドイッチ頼んだら、
40ドルほどして、ビックリでした!!!メルボルンより高いやん。失敗!

今回の予算が大人二人、半日観光と帰りの4時間トランジット待ちで
150ドルだったので、おぃっ!と二人で突っ込みました。笑
チャンギ空港T3の24時間フードコートでは、飯物一皿8ドルぐらいから
あったので、大失敗ーーーー。(/_;)

でももうお腹と背中がくっつきそうで、待てなかったのよねー。
なので持って行ったらよかったか?と思ったけど、園内での飲食は無理そうなので、
やっぱりこのお店ら辺を利用するしかなさそうでした。

c0053898_10425195.jpg

お腹も満たしてから、空港へのタクシーもすんなり捕まり、
ぼられることも全くなく、無事に空港へ着いて、
日本へと迎いました。

行く前は赤ちゃん連れて7時間を使っての半日観光ってちょっと厳しいかなーと
ビビっていましたが、あり!ですね。十分に楽しめたので、
行ってよかった!赤ちゃんいても旅行は可能!と、
スーもわいも、ちょっと自信がついた気がします。

タクシーはチャイルドシートがないので、乗る前はドキドキでしたが、
とりあえずはこういう時こそ、時間を有効に!と思い切って授乳をしました。
目的地に着く頃にはポン子もニコニコハッピーで作戦勝ち!emoticon-0165-muscle.gif

ダダダと一気にシンガーポール記事を上げました。
これからジャパン編です。

=====================================

シンガーポール$両替
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-18 10:51 | | Comments(0)

赤ちゃんと一緒の初めての飛行機事情 シンガーポールへ

c0053898_237492.jpg

今回の旅は冬が始まったメルボルンから、
赤道直下の熱帯国シンガーポールへ!

もう最近は快適さが一番!と思うようになってきたので、
ジーンズは卒業。楽な格好で。マタニティーの時にもはいていて、
今でも履けるヨガっぽいパンツに、上はヒートテックとゆるいTシャツを重ね着、
薄いウールのトップスと無印の授乳ケープにもなるスカーフっぽいものを
首元の防寒と授乳用に着て行きました。一石二鳥!

前回から3年ぶりの日本帰国となったので、
飛行機に乗るのもドキドキだし、子を連れての
国際線+ちょろっと旅行もあって、前夜からすごく
ドキドキしていました。

後部座席の人達が子供嫌いだったらどうしようーと、
不安でしたが、シンガーポール系ファミリーの御一行様がいて、
シンガーポールから大阪間には乗ってからすぐに
「娘がご迷惑をおかけするかもしれません。」と
後ろの人に言ったら「私も子供3人いるから気にしないでー。^^」と
言ってくれたオージー女性と、「はいはいー。」と日本人おじさん。
c0053898_23345410.png

(photo:AP)
次回、もし機内で一人で帰国する人を機内で見かけたら、
トイレ行きたい時とかに手伝ってあげたりしてあげようーと思った。
自分がその立場になって初めて分かる!!その気持ち。。。

実際自分も周りに気を使って少しピリピリして、
笑顔で赤ちゃんに「可愛いねー♡」と言ってもらえただけで、
(この人の周りなら大丈夫かも。)とリラックスできました。
たったそれだけの事だけど、不思議なもんです。:)

後、ポン子は何故かどこに行くにも到着10分前ぐらいになると、
泣く傾向があるよう。気圧の関係で耳が詰まったのか
関空着の時には、わーわーギャン泣きしてしまい、
なだめるにも無理で、寿命が5年ほど縮まりました。(*_*;

そんな感じになってしまったので挨拶をしていなかった、
斜めのおじさまにも着いてから「娘がうるさくてすみませんでしたー。」と伝えたら、
「耳痛かったんちゃうー。しゃーないよー。」と言ってもらえて、ε-(´∀`*)ホッ。
c0053898_23323524.jpg

(photo:AP)
そんな優しい人達に恵まれ、シンガーポール航空スタッフの
サービスもめちゃめちゃよくて、初フライトは行きも帰りも無事成功でした。
バシネットをつけてもらう時のスリットの開き具合がドキドキ。おい!

搭乗前でも「可愛いねー♡」とスタッフが寄ってきてくれるし、
乳幼児用のシートベルトの説明等をてきぱきとしてくれ、
分からなかったら手伝ってくれ、「可愛いから他のスタッフに
見せたので連れて行ってもいい?」とギャレーに連れて行ってくれて、
ちょっとした、ゆっくり時間があったのがこれまたよかった。

c0053898_2375927.jpg

そんなんで無事チャンギ空港に到着。
何故かちょっとミッドセンチュリー風の椅子やカウチが
いたるところに並んでいて、どっしり座ってリラックス♡
無料Wi-Fiもありまーす♡

他にも無料の足もみ機械や、映画館(は行ってないけど)、
横たわれるソファー等がT2にあって、大いに利用しました。
帰りは朝5時に到着で、9時発だったので、
Oasisという仮眠スペースを利用しました。家族連れも多かったので、
ちょっと安心感。

と、いうのも他にも後2つぐらいありますが、何故か男性だけ!?
の仮眠スペースもあったので、ちょっとなーーーー(^_^;) という感じでした。


c0053898_23305326.png

(photo:AP)
今年チャンギ空港は世界のナンバー1空港!に選ばれたようです。
Source:World's best airport named (the age)
大きいだけでなく、世界のハブ空港にふさわしく、色んな施設が整っていて快適です!
荷物を預ける場所も「トランジットならここがお勧め。」と
インフォメーションのお姉さんが薦めてくれたので、ばっちりでした。

この時はT3から出発だったので、アディダスショップの筋を入った所にある
Left Laggageを利用しました。一日で普段用のバックパックと
キャリーオンできるコロコロを預かってもらって8ドル(Sドル)ほど。(だった記憶)

オーストラリアドルとシンガーポールドルはそう変わらないので、
8ドル/800円ってところですかね。(2013年5月情報)

ストローラー(ベビーカー)も搭乗口&空港で使えるように
リクエストしておいたので、さくっとヒートテックを脱いで、
荷物を預けて出国しました。

実は手にはめられるストラップがきれいになくなっていて、
あまり気にはしなかったのですが、昨日友達がベビーカーは
機械等に挟まってぐしゃぐしゃになって潰されて出てくる場合等が
よくあるらしいと教えてくれました。なので、ひょっとしたら、
切られてしまったのかな?と。

切らなければ外れないようなストラップだったので、そういう事もあったのかも。
そういう場合はすみやかに係員に伝えると、壊れたパーツ等の弁償、至っては
同じ物を弁償してもらえるようなので、ベビーカーを持っていく方は
覚えておくといいかもしれませんね。


つづく

赤ちゃんと一緒の持ち物チェック
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-18 09:49 | Comments(4)

トランジットの合間で半日シンガーポール観光

c0053898_2356188.jpg

無事に朝の6時頃にシンガーポールへ到着しました。
7時間のトランジット時間を潰すべく、半日観光をすることに。

veggiericeちゃんからのちょっとしたタレコミで、
シンガーポールは平日朝のラッシュがあると聞いていたので、
着いて即、目的地のガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(gardens by the bay)へ向かいました。

上の写真はカメラをバッグから取り出した瞬間、
赤道直下の湿気の洗礼を受けるの図。笑
レンズが一気に曇って、わー!!でした。

この日5月24日金曜日はお釈迦様の誕生日で、
ベサック・デーと呼ばれる公休日。なのでそんなに早く空港をでなくても
よかったのかもしれません。(;´∀`)

べサック・デーはシンガーポールの仏教を信仰する人達が、お寺へ
お参りをする日なのだそうです。結果、空港から目的地まで30分、
20ドル(Sドル)ほどですいすい到着。
赤子がいてますます考える事も多いだけに、
こういう時英語が公用語の国って楽々でいいー♡
c0053898_06354.jpg

早起きは三文の徳という言葉がピッタリなように、
着いて速攻、ほとんどだーーーーれもいません!!
ラッキー♡ スーと二人で写真バシバシ撮りまくりました。

見たことない花もいーーーーっぱい!

c0053898_2357519.jpg

朝日と共にタワーを激写!
タワーの周りには植物が植えられていて、年月と共に緑のタワーに
なるんでしょうねー。ちょっとアバターに出てきそうな雰囲気。

この新しいベイサイドにできたガーデン、無料っていうのが素晴らしい!
Blueprintという雑誌でここのガーデンを見ていて、行ってみたいーと思っていた夢が
叶ってすごくうれしかったなー。

c0053898_015791.jpg

朝から貸切状態!
7時にガーデンについて、目的の植物園は9時からのオープンで、
二時間ほど辺りをウロウロしました。まだ清掃員さんがいたりして、
ちょっとした裏側を見た感じで、それもまた興味深かった。

シンガーポールの人達は朝からランニングをしている人達もいて、
中には長袖を来ている人も。暑いわーすごいわーと、大人二人、
ダーダーデブ汗全快なのに、ローカルのみなさんは涼しい顔。
ポン子までもが、鼻の頭に大粒の汗をにじませ、手足を
バタバタさせながらストローラーからたくさんの熱帯緑を見て
盛り上がっていました。

c0053898_06678.jpg

植物園の開園9時に近づき、片隅で一休み。
植物園と向き合うようにして、座った場所の後ろに
マリーナベイサンズが見えます。
c0053898_0162136.png

ちなみにこのホテル、インフィニティープールと呼ばれる
スカイスクレーパーに吸い込まれるような気になるプールが屋上に
あることで、有名。^^このガーデンを上から一望できるのでしょうね。
でも後ろを向いたら、朝とえらい雰囲気が違う!!

c0053898_0103981.jpg

どっへー!!風も吹き始め涼しくなったのはいいものの、
絶対雨降るどーーーーーと植物園側に避難しました。

パート2へつづく
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-18 09:14 | | Comments(2)

帰って来ました。

ただいま〜〜〜〜。
さっき日本から帰って来ました。

ポン子がいたので、なかなか以前のようには動けなかったけど、
妹の結婚式で義弟が一人増え、孫と両親との交流、ひょんなことから
スーが潤滑剤になって、近所のおっちゃんと、
親交を深めたり(実はすごい人だった!驚)、
おとんが始めた農業地にも行って、田植えもし、
なんとなく今回の帰国はコミュニティー、家族がテーマな感じでした。

なので、以前と違って友達と遊ぶ〜っていうのが、
ほとんどなく、その辺はちょっと不完全燃焼的ですが、ま、今回は
そういう事だったんだろう。と感じています。

写真の整理もして、またボチボチ旅行記上げようと思います。

============================
[PR]
by ponzu_77 | 2013-06-15 21:07 | | Comments(2)


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

ナイス!ええなー!同感!とか記事、情報がよかったよ!と思ったらクリックお願いします。がんばって記事書きます!
にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

メルボルン ホテル

記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2016.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾「...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
京都・綾部 北斗農園をめ...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧