日本 瀬戸内国際芸術祭2010 すっごい大好きだった島 豊島(後半)

c0053898_11503819.jpg

豊島には日本のよくある田舎の例に漏れず
過疎化による休耕田がたくさんあるとのことで、
2010年の春から棚田保存会の方々や様々な方の活躍の元、
棚田がこうして復活してきているのです。

まさか日本で棚田が見られるとは思ってなかったので、
うれしかったなー。ますますがんばっていってほしいな、
と思います。
c0053898_1150513.jpg

c0053898_1151621.jpg

のどかな街並はもう一つの豊島の宝。
あちこちに花が咲き乱れて、
野菜や果物がなっています。

c0053898_11511688.jpg

島キッチンから車を走らせること、10分ほどで、
クリスチャン・ボルタンスキー、フランス人アーティストの
作品、心臓音のアーカイブに着きます。

アーカイブ、記録でぴんと来られた方もいらっしゃると思いますが、
この作品は世界各国から1万人を超える人々から集められた
心臓音をインスタレーションで体験するのです。

「一人として同じ人間は存在しないという、人間の固有性と
記憶のもろさ、はかなさを感じる場所。」(公式本より抜粋)


地球を包んでいる大きな海、それが目の前に広がり、
そこから生まれた人間、世界中からランダムにはじかれた人の
心臓音を聞くというのは、とても深いコンセプトです。

真っ暗な空間の中に入るのですが、おかんは「怖い〜〜〜」と
叫んでました。笑 でもこうして久々におかんの【恐怖】という
感情の一つがゆさぶられたというのは、アート作品としては、
大成功なんじゃないでしょうかね。わいも実際は入ってすぐ、
すごく不気味な感じがしましたし。

とても印象に残りました。

ここから次の作品までは、車を20分ほど走らせなければいけません。
豊島には信号がないので、道も譲り合いが当たり前。
そんな小さなことなんだけれども、そんなことが日本でも
まだあるんだなんて、すごくうれしくって、めっちゃ感動しましたよ。

日本で一番の敷地面積を誇るらしい
オリーブ畑を過ぎたなーと思ったら、
展望台のようなところに出ました。

芸術祭開催中は40分に一本のバスも通ってるんですが、
こういう場所で気ままにストップして写真を撮れたりするのは、
レンタカーが便利ですよね。。。

c0053898_11512663.jpg

その展望台から見えた瀬戸内の島々。
向こう側には高松も見えます。^^

次の作品群は実は、オーストラリア大使館、
オーストラリアカウンシル、豪日交流基金の協力があって
大使まで豊島に来て皆でオージービーフでバーベキューをしたらしい、
オーストラリアンアーティスト達の作品エリアでした。^^ 

島に行ってもオーストラリアが追っかけてくる!
なーんてのは、ちょっと大袈裟ですけど、
やっぱりわいは、なんかしらオーストラリアとつながりがあるんだろうなーと
思わずにはいられませんでした。

かつて漁師が暮らしていた空家をスペースとした
インスタレーション。
c0053898_11513643.jpg

スー・ペドレー
ハーモニカ


ガイドのお兄さんによると、元々はうどん屋さん等も
やってらしたらしいのですが、その際に使っていた器なんかも
全て置いて出て行ったらしいんですよね。
それを彼女がアートとして復活させました。

箪笥もふとんもそのままだったのですが、
そこで彼女が見つけたのが、引くと「ファーーーーーー。」と
か細く鳴く箪笥の扉。

それをとって、ハーモニカという題名にしたようです。^^

スーさんは、(うちのスーとちゃいますよ。笑)
シドニー大学で建築のレクチャラーもやられているようで、
ふふふ。建築(デザイン)なのに、ビジュアルアートのような作品を
やられているとは、なかなかおもしろいですよね。
オーストラリア国内での活躍も気になります。^^

次はスーとわいが大好きだった作品、
c0053898_11515022.jpg

クレア・ヒーリー&ショーン・コーデイロ
残り物には福がある。


c0053898_12273424.jpg

(画像はOzartよりからお借りしました)
わい、少し前にwallpaperかなんかで載ってた、
この作品を見たことがあって、展示場の机に置いてあった
この写真を見て、「あー!同じ人ー!」とちょっと感激しちゃいました。
今回は恐竜をまとめちゃったのね。みたいな。笑 ^^

彼らのサイトを発見しました。
この恐竜の全貌や屋内もこちらにたっぷりと載ってます。
ぜひに。 ■ Claire Healy and Sean Cordeiro ■

c0053898_1152090.jpg

キャメロン・ロビンス
潜在意識下の海の唄


この作品は潮の満ち引きを利用した
サウンドインスタレーションなんですが、
行った時は干潮時だったので、全く音が出ずで、残念でした。
(台風が近かったときは結構な音が出てたんだそうです。)

たぶん、この人かな?と思う人を見つけたんですが、
VCAの卒業生のようですね。
2008年から works がアップデートされてないよー!!
メルボルンでのエキシビションも見てみたいです。^^
■ Cameron Robbins


最後は日本人アーティストで〆。
c0053898_11521128.jpg

塩田 千春
遠い記憶

このさびれたブランコが切な〜〜い。
でもすごくいいです!

もとは公民館だったみたいです。
今はもう使われていないのかなー。。。
古ぼけた感じが郷愁漂います。

この塩田さんの作品を最後に豊島観光は終了しました。
半日だったけれど、とても充実した一日でした。



夜は豊島には二件しかないと言われる宿発施設の一軒、
甲生(こう)にあるホテルに泊まりました。
ホテルといっても、地方によくあるコンテナが摘み上がった
カラオケボックスみたいな也が宿発施設になった。という感じです。

ネットには送迎あり。と書いてあったのに、
送迎がなかったので、島料金タクシー初乗り1300円×2(往復)を
払う羽目になってしまいました。そんなことだったので、
名前はあえて挙げません。

でも晩にはこんな風景。
c0053898_11522057.jpg

プライベートビーチ付き、という具合で
こんなけ静かやったらええっか!と相成りました。
c0053898_11523139.jpg

バーベキューディナー付きです。
スーが最後の最後までおにぎりを残しているので、
「食べたろか?」と聞いたらニヤニヤしながら、
「こうしたかってん。」と焼きおにぎりをじっくり
焼き始めて、「あーーーー!!失敗!!わいもそれすればよかったー!」
めっちゃええ感じで焼けてるでしょう?

海辺でのバーベキューもいいもんです。
星空眺めて、豊島で採れたタコも焼いて、
生中で乾杯〜〜〜幸せな一時でした。

c0053898_11524336.jpg

翌朝は松葉が地面に落ちてました。
朝食まで少し時間があったので、ぶーらぶら。
c0053898_11525391.jpg

これがプライベートビーチ。
お盆過ぎたからか、誰ーも泳いでません。って
宿泊客はわいらを入れて他カップル2組だけ!

もうちょっと時間があれば、泳いでたかもなーー。
って水着も持って行ってなかったしーーー。涙

c0053898_1153492.jpg

この日はあの有名な直島に渡る日でした。
フェリー乗り場の切符売り場。ミジェットのような
車が切符売り場。めっちゃ可愛い。出発20分前になると、
おばさんがどこからともなく、スクーターに乗って、
ぶーんと現れます。^^ しかも雲もめっちゃキレイ。

直島デーは晴れてよかったね。と
豊島にバイバイを言って、直島に向かいました。







豊島でレンタカーをした、と書きましたが、
本当はチャリで島を巡りたかったのです。

というのも、豊島を一躍有名にしたのが、
行政が知ってて、何もしなかったと言われる
豊島のゴミ問題を知っていたからです。
産廃業者が、1975年から16年間、産業廃棄物を違法・大量に投棄・野焼きし、1990年に兵庫県警が摘発する。公害等調整委員会が実態調査を行い、投棄された廃棄物は約56万トンと判明する。同委員会における調停手続において、事業者側が住民に解決金を支払うこと、香川県が住民に謝罪し廃棄物を撤去・処理すること等を定めた調停が成立する。この調停に基づき、香川県直島で廃棄物処理する。 不法投棄現場は一般市民の立入りを禁止し、重機による産廃の掘り出しと、直島に産廃を移送するための梱包作業が行われている。予約をすれば、産廃現場と産廃問題に関する資料館を見学できる。

(WIKIPEDIA 豊島事件から抜粋)

長い間行われていた訴訟でようやく行政から勝ち取った勝利。
あの美しい島にそんなことがあった、島民の人達は
どう思って生活してきたか、と思うと、少しでも
あの素晴らしい自然を残す手助けをしたい、そう思って、
できるだけ、+ー0になるように行動したかったのです。

でも今回は豊島にいられる時間が短かったのと、
一緒にいったおかんの体力のことも考えて、
レンタカーにしました。確かに便利でした。
でもちょっと残念でした。
残念だったので、ユニクロの瀬戸内オリーブ基金に募金してみました。
お金で片付く環境問題ではないですけれど、
できたこと、というのがそれだったので。

結局のところ、2000年で公害調停成立。
産業廃棄物は直島で処理されることになったので、
根本的なことは全く解決していませんが、
産業廃棄物を作り出しているのは、私達人間。

便利ばかりを求めて、取り返しのつかないところまで
来てしまったのではないかな、と思います。

高度経済成長で消費、消費!を生活の基盤として暮らして来た
しわ寄せが今一杯きているように見えます。
特に団塊の世代の年代の人達を見ていると、
消費してなんぼ。が当たり前のようで怖くも思え、
もらって、あって、やってもらって当たり前!文化が浸透していて、
本当に大切なものは何か。を見失っている人が
一杯いるな、と感じました。

何事に対しても同じ目線から「一緒にやりましょう。
私はこうしたらええ思うんですけど、どう思いますか?」的な
スタンスの人が少なかった。常に「私!」を一番にした一方通行的な
コミュニケーションの取り方。大阪のおばはんが英語しゃべったら、
めっちゃ普通に西洋人達と渡り歩けそうですけどね。笑


お店でサービスを受けるにしてもそう、私はお客。やってもらって当たり前。
そしてそれを聞いてもらって、当たり前。それができなかったら悪口を言う。

果たしてそうでしょうか?

高度経済成長をがんばって日本を、経済大国にまで導いてくれたことには、
とても感謝するところですが、会社での世代交代も顕著に見られます。

これからは引いて、引いてのーの精神基盤と、
そういう考え方についてもオープンに、
愛情を持ってアドバイザリー的な役回りで、
いいことはどんどん受け入れる団塊の世代の人達が
増えてほしいな、と思います。

そういう人にわいは、魅力を感じるし、
そういう人達が働く企業を応援したいな、と思います。

じゃないと、日本を担う若者達が本当に
笑って過ごせる人が少ないように思うから。




いつか子供と「お父さんとお母さん、おばあちゃんと、おばちゃんとここに来たんだよー。
そしてあそこに座ってご飯食べたんだよー。フェリー乗ったんだよー。」とか
同じ景色が残っていてほしいと強く思いました。

豊島へ行って、豊島事件を考え、こんなことを考えていました。
[PR]
by ponzu_77 | 2010-09-22 12:11 | art & design | Comments(14)
Commented by めめ at 2010-09-22 15:48 x
いいなあ〜瀬戸内。
高松育ちなので懐かしいものがいっぱいです。思い出を共有させてくれてありがとう。うどんとか、男木島女木島が並んでる写真とか霞が掛かった様な空とか、懐かしい。子供の頃夏休みに子供会なんかでフェリーで海水浴に行ってましたよ。
思ったけど大阪の人は瀬戸内海は遠い存在なんでしょうか?
私のなかの日本像(田舎度、地産地消がデフォルト、コミュニティの濃さ、など)とポンズさんの日本像が全然違うのでちょっと不思議な感じです。
Commented by みき at 2010-09-22 16:13 x
いつもこのブログが好きで、拝見してます。

同じ時期に、メルボルンから大阪に里帰りしてたので、なんだかポンズさんの日本滞在のことも自分のことのように楽しく読んでしまいます。
瀬戸内芸術祭、私も行きたかったんです!でも、行けなくて残念だったので、ここで読めただけでもうれしー。(ちなみに私は今回の里帰りでは、倉敷、滋賀の近江八幡、大阪の中崎町に行きました。)

豊島のことは、確か私が小学生だったかの時に、この島の公害の訴訟を支えた弁護士の方が私達の学校に来て、豊島について小学生にも分かりやすく話してくださったのを覚えています。だからこそ、行きたかったんですが!

あと、いろんなことに対する意見にいつも共感して読んでいます。
それを伝えたくて、ここに書きました。

では。
Commented by allie at 2010-09-22 19:47 x
すんごーい、いいね!!!この島。
そこの景色に溶け込んだ様々なアートもイイ!
またponちゃんの写真が素敵すぎるわ~。
ほんわり日本の夏休みって感じがして、
とっても爽やかな気持ちになったよー。ありがとうね♪
Commented by chick_pea at 2010-09-22 21:44
この芸術祭、見に行った友人から話を聞いていたんです。だからわくわくしながら読ませてもらいまし
た。ponzuさんの撮られた写真を通して、その雰囲気を感じることができててうれしい!
戦後がむしゃらに頑張りすぎて得たものもあり失うモノもあった日本。そういうものをまだ引きずってい
るのだろうなぁ。日本人っていい意味でまじめだから、誰かが上手に先導してくれたら、皆で良い方
向に向かう努力は惜しまないと思うのですけどね。
Commented by sowhat99 at 2010-09-23 07:16
子供の頃高松に住んでいたので、瀬戸内海の穏やかな景色を見るとものすごく懐かし思いで一杯です。 私が住んでいた頃は瀬戸大橋もなかったので、夏休みや冬休みになると大阪の祖父母の家まで行くのに、高松からフェリーで宇野まで渡って行っていたこととかも思い出したりして。。。 

瀬戸内芸術祭、アイディアが面白いですね。 こういうアイディアで田舎が頑張ってるのを見るのはとっても嬉しいです。
Commented by ponzu_77 at 2010-09-23 17:03
+ めめさん
うぉー。そうですよね、高松ならまさに!会場ですもんね!
いいですねー四国の夏は!

そうですねー、瀬戸内海まで行くと、少し遠いかなーっていう気がしますかねー。
明石辺りがよー来たなーって感じでしょうか?わいの独断と偏見ですが。汗

いやー四国はそりゃーお遍路さん+接待の地域+
素晴らしい自然と食文化なので、大阪や、都会とは
全然違うと思いますよー!?!?!
四国の人でまだ悪い人に会ったことがありません。
都会育ちのわいにとっては、四国に実家があるめめさんが
うらやましいです。^^
Commented by ponzu_77 at 2010-09-23 17:07
+ みきさん
>いつもこのブログが好きで、拝見してます。
うれしいことをおっしゃっていただいて、ありがとうございます!^^
めっちゃ素直にうれしいです♡

お。みきさんも同じ時期に、大阪に帰られてたのですね!
すごいなんだか不思議な感じです。ひょっとしてジェットスターセールでした?笑
わいも全く瀬戸内芸術祭を予定に入れてなかったのでうれしい驚きでした。

Savvyの梅田特集を後輩がくれて、読んでたんですけど、
中崎町もまたすんごい変わって、可愛い小さなお店が
盛りだくさんのようですよね!!次回は絶対行かなきゃ!!と
手帳に書いたほどです。^^ 何かここ好きちゃうかなー?とか
お勧めあったら、また教えてくださいねー。^^

豊島のことを扱っていた弁護士の方から直接話しが聞ける、というのは
貴重な機会でしたね。次の世代に同じことが起こらないように、教育を
していく、というのは素晴らしいことだと思います!

Commented by ponzu_77 at 2010-09-23 17:09
+ allieちゃん
そうよねー、わいも島とかいる間、ずーっと陽水の
(〜♫夏ーーーがすーーーぎーーーー♫)が巡ってたよ。笑

日本の夏はまたメルボルンの夏と違って、一杯植物が
わしわし茂ってたりして、夏っ!らしいよね!
i miss summer so muchだわ、本当。
brrrrrr
Commented by ponzu_77 at 2010-09-23 17:12
+ chickpeaさん
おーー!!そちらから、芸術祭に行った方がいらしたんですねー!
すごいよかったですよー。日本伝統の家屋なんかが会場ですからねー、
すごい斬新なアイデアで見てて楽しかったですー!

>日本人っていい意味でまじめだから、誰かが上手に先導してくれたら、皆で良い方
向に向かう努力は惜しまないと思うのですけどね。

そうですよねー、本当にそう。
勇気を持って先導してくれる人がもっと増えたらなーと思います。
そういう意味では、大阪出身の安藤忠雄氏も大阪にこだわる情熱、
すごいがんばって社会貢献してらっしゃるようで、同じ大人でも
苦労してきたからなのか、アーティストだからかなのか、
そんな生き方に惚れますね♡
Commented by ponzu_77 at 2010-09-23 17:15
+ sowhatさん
おー!!そうなんですねー。。
子供の頃に高松、四国ってすごくいいですねー!^^
自然たっぷりの環境は子供にとってはすごく+じゃないかなーと
思います!

最近、過疎化をどうやったら防げるか?的なプロジェクトが
ちょっとずつ進行しているみたいで、ますます田舎が輝けばなーと
心底思います。都市ばっかりが全てではないですもんねっ!

日本の地方製品、風習、料理等がもっと盛り上がっていってほしいです!
Commented by aoao2009 at 2010-10-19 10:08
こんにちは~。やっと行ってきました、瀬戸内。豊島ではponzuさんと違うところを回ったので、ブログの写真、あとからじっくり見させて頂きました。

ボルタンスキー、何て言っていいのかわからないですが、すごく「いいなっ!」って思って、自分の心臓音録音してきました。

10月末で終わるなんて、寂しいですね。。なんでもっと早くに行こうとしなかったのか、悔やまれました(-.-)
Commented by ponzu_77 at 2010-10-19 21:52
+ aoaoさん
10月もまた景色が違って楽しいでしょうねー。
季節をまたいでの芸術祭もいいですよね!^^

豊島はどちらの方に行かれたんでしょうかー????
そちらでのレポートも楽しみにしていていいですか?笑 !^^!
しかも心臓音、録音されてきたんですね。生きている証拠を
残されてきましたかー!すごいっ!!!

そうなんですよねー、わいも日本に数ヶ月滞在予定だったら、
パスポートかって全島制覇したいところでしたが、
まー行けただけよし!なんですけどね。燃えた事件でちょっと心配してたんですが、
まだまだ going strong でうれしいですねー。豊島のギャラリーも11月に
オープンでしたっけ?また行きたい島の一つです。
Commented by aoao2009 at 2010-10-20 10:29
豊島は北東の方の唐櫃の辺りへ行きましたー。結構ダッシュでした。・゚゚・(>_<)・゚゚・。直島と同じくすごく混んでいて。。。。

ちょうど豊島に上陸した17日に「豊島美術館」がオープンだったんですが、私が島へ上陸する前に美術館の整理券全て配り終えました~とアナウンスあって、入れませんでした・・・涙

芸術祭のパスポート(買われました?)があったら年内は豊島美術館のみ無料で入れるそうなんで、絶対に年内に!行ってきます~└(●^□^●)┘


ブログ楽しみしてくれていたんですね。ありがとうございます。
写真いっぱいとったんで、またUPしますねー。
Commented by ponzu_77 at 2010-10-20 12:35
+ aoaoさん
なるほどー。唐櫃の方は半日という時間の都合上、スキップしたんですよねー。涙
あー!もう美術館が開いてたのですねー?なんか終わってからの開館だ、と聞いていたのですが、間に合ったんですかね?!すごく込んでたのはやっぱり美術館が開いたからでしょうか?

パスポートは1日半の時間というのもあって、結局そこまで元は取れないので、
買わなかったんですよ。でもやっぱりそれで正解でした。帰りのフェリー代ぐらい
浮きました。笑 (一人当たり)そうですね、パスポートで豊島美術館が行けるんだったら、これは絶対行きますよねー!!!^^

また瀬戸内芸術祭記事、楽しみにしてます!


メルボルン在住14年。日々の暮らしで思った事や日々の料理の事を綴ります。オーストラリア人の夫、3歳娘と黒猫一匹のドタバタ暮らし。


by ponzu

プロフィールを見る
画像一覧

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ


記事と関係のないTB・コメント(スパム等)は削除させていただきます。

©ponzu_77. All Rights Reserved 2005-2017.

記事ランキング

最新のコメント

+鍵コメさん パンとお..
by ponzu_77 at 22:36
+skkiiiiiiちゃ..
by ponzu_77 at 20:22
昨日我が家の晩御飯はわた..
by skkiiiii at 08:47
+鍵も さん 嬉しいー..
by ponzu_77 at 22:01
+ 親分 お久しぶりで..
by ponzu_77 at 15:51
+ たらこさん はは。..
by ponzu_77 at 15:46
英語の話せる人って”かっ..
by konkichi2007 at 00:52
(私が一方的に)知ってい..
by たらこ at 21:14
+ makiさん 9月..
by ponzu_77 at 13:12
へえー、新学期って2月な..
by maki at 06:34

最新の記事

新しい場所へ引っ越します。
at 2016-04-05 14:50
風邪の時のマヌカハニー & ..
at 2016-04-05 09:47
風邪のひきはじめにはやっぱり..
at 2016-04-04 22:27
メルボルンのコーヒーは相変わ..
at 2016-04-03 06:23
IKEA器の盛り飯 晩ごはん..
at 2016-04-02 20:20

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

カテゴリ

全体
food lovers
art & design
sustainable way
oz thingo
lifestyle
movie/TV
how you eat...
Go West!
台所のもん
毎日ご飯
サラダ
ディップ/つまみ系
スープ
残り物で...
店屋物
スー&わい
柚子
ぶつぶつ
ヨガ

スタイリング
プロフィール
自分と体

もろてん。の由来
ピクニック/キャンプ
CERES
子育て

検索

タグ

お気に入りブログ

今夜もeat it
sudigital af...
Casa de NOVA...
誇張する陶芸家の雑念
Tangled with...
ばーさんがじーさんに作る食卓
いつも食べることばかり
Happy Days
森の暮らし  たいまぐら便り
グンジ家の食卓
ありがとう 人生!~me...
KazのNY庭生活 2
...
tsuruhashi
ひぐま家の生活
人生の苦楽園♪
レイコさんの鹿児島スケッチ
KEEP SMILING!
大島ヨガライフスタイル研究所
Lush Life
MONO STYLE +
NEKO’s PHOTO...
カメラ散歩2
yukashi
雑穀食堂
さすてな
Mame Japanes...
- AMERICAN D...
日本でタイメシ ときどき...
好きを仕事にする大人塾=...
diablogue
犬とご飯と雑貨。
Kitchen Para...
シドニーそしてバリ島 -...
パーマカルチャー関西のス...
奈良美智の日々
ベジタリアンミットゥンと...
A Taste of T...
from MB in SD
S U L O*
おいしいは嬉しい
Kirali iroiro
Mandalax-super!
「老い」を生きる母から学...
sobu 2
Everyday Mea...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
そらまめのおうち
オーストラリア滞在を楽し...
お料理王国6

外部リンク

ブログジャンル

おうちごはん
家族生活

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31